スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1からTOYOTAが撤退!

2009/11/04 (水)  カテゴリー/F1観戦記

最終戦、まさかの有終の美に…トヨタF1撤退(読売新聞)


噂話を聞く度に。ガセであってくれと
願ったものだが、やれやれ、マジかよTOYOTA・・・

不景気のこの時代、TOYOTA母体としても
これ以上勝てないF1に億単位の金は
かけられないんだろうけど・・・

せっかくのこの前の可夢偉の快走に
水をかけられた感じだな。

願わくば、可夢偉個人の実力・可能性が評価されて
TOYOTAのバックアップなしでレギュラーシートを
確保出来る事を祈るのみ。

TOYOTA母体が撤退しても、
かつての無限HONDAのように
なんらかの形でJAPANパワー残ってくれねぇかな。

ブリヂストンも来季限りで撤退みたいだし、
F1の舞台から日の丸が消えちゃうよ、このままじゃ。
スポンサーサイト

テーマ : F1全般 - ジャンル : 車・バイク

2009F1アブダビGPすーだられびゅー!

2009/11/02 (月)  カテゴリー/F1観戦記

いやぁ、小林可夢偉(かむい)凄かった!
レビューしてない前戦ブラジルでもバトンを相手に
堂々のデッドヒートを繰り広げたりと
デビュー戦とは思えない鮮烈な走りを見せてくれたんだけど、
今回のアブダビGPでも魅せてくれました!

デビュー2戦目にして6位入賞ポイントゲット!
レース内容も、ジェンソン・バトン、キミ・ライコネンといった
新旧ワールドチャンピオンを堂々のオーバーテイクと
国際映像を通じて、アグレッシブなバトルを
見せ付けてくれました。
一方で、ブレーキングやタイヤマネジメントなどに長けているようで、
今までの片山右京や佐藤琢磨のようにアグレッシブなだけでなく、
クレバーな一面も見せてくれたようです。

負傷欠場中のティム・グロックのピンチヒッターという事で
急遽参戦というデビューだったわけですが、
それでこの結果、来季に向けて強くアピールできたのではないのでしょうか。
来季も彼が走る姿を見れる事を期待してもよさそうです。
1年通して同じ走りが出来るのなら、来シーズンは
今シーズンよりずっと、楽しんで見れそうだなぁ。


一方、もう一人の日本人ドライバーにして、
唯一のレギュラー参戦だった中嶋一貴ですが、
最終戦、完走こそしたものの目立った活躍を見せる事が出来ず、
(かなり長時間カメラに追いかけられてた可夢偉と違って、一度も画面に捉えられず)
結果を残せないまま今年最後のレースを終えました。
可夢偉の存在が鮮烈だっただけに、さらにその存在が霞んでた気がします。
参戦2戦でポイントゲットした可夢偉に対して
1年通してノーポイントで終わってしまい、
来季のシートがいよいよ怪しくなってきました。
正直、どこかスポンサーがバックアップしないと厳しいだろうなぁ。
才能は非凡なものは持っているとは思うので、
シートを確保出来る事を期待したいです。
F1ドライバーとしては後輩の可夢偉にやられっぱなしで去るのもね・・・
(事実前戦ブラジルでは直接対決でものの見事に返り討ちにあってるわけだし)


このように日本人ドライバーの明暗分かれた最終戦アブダビGPですが、
F1史上初のトワイライトGP。
夕暮れ時にスタートして、ゴールする頃には
シンガポールGPのように照明が照らす中での夜のレースとなります。
空の色がオレンジ色から紫へ、そして漆黒の夜に突入する時間帯。
僕の一番好きな黄昏時の時間帯であって、ビジュアル的にはとても楽しめるレースでした。
今年が初開催となるアブダビのサーキットもロングストレートやテクニカルコーナーを組み合わせた
近代的なコースレイアウトになっていて、ゲームで再現されたら
なかなか楽しめそうなコースになっていました。
立体交差でつながっているピットレーンというのも
面白いアイデアだなぁと。
今シーズンはいまいちのめりこめない一年だったけど、
このコースは面白そうだし、可夢偉がドライバーとして登場するのなら
今年度版のゲームを買ってみてもいいかな。

ワールドチャンピオンは前戦で既に決定してますが
ブラウンGPのジェンソン・バトン。
中盤戦一時失速しはしましたが、前半戦の勢いそのままに
ワールドチャンピオンの座を獲得しました。
コンストラクターズタイトルの方ももちろんブラウンGPで、
ブラウンGPは参戦初年度にしてダブルタイトル獲得という快挙を成し遂げました。


HONDAがもう一年頑張っていれば・・・


開幕戦から最終戦まで、この一言につきる一年でした。

来年は心機一転、もう少しのめりこめるシーズンになる事を期待したいところです。

F1サーカスはこれよりオフシーズン。
F1大好きtakeさんにとって冬がこれからはじまります。
季節的にも冷たい風が吹き始めて、
本格的に冬になってる気もしますけど。

とりあえずは来季に向けてのドライバーラインナップが
決まっていく事に注目していくとしましょう。

さらば、2009F1GP!

あでゅー

テーマ : F1GP 2009 - ジャンル : 車・バイク

2009F1日本GPすーだられびゅー!

2009/10/05 (月)  カテゴリー/F1観戦記

いよいよ開幕、日本GP!
日本GPが開幕、といえばそろそろ今年のF1も
終わりに近い、という事で。

まぁHONDAの撤退やらフェラーリの低迷やらで
どうにも今年はあまりのめり込んでF1見れなかったんだけど、
やっぱり日本GPは注目しちゃいます。
なんせ、今年は3年ぶりの鈴鹿での開催。
繰り返すけど、やっぱり日本でのGPは鈴鹿でしょ!

日本GPというためか、今回は福岡でも予選が放送されたんで、
昨夜はばっちり見ましたよ。

いやぁ・・・荒れ荒れの予選でしたなぁ。

クラッシュが連発して次から次に赤旗中断。
難易度が高い事で有名な鈴鹿。
3年ぶりの開催という事で、皆さんブランク出ちゃったんでしょうか。
中にはハミルトンやベッテルといった
F1新入生のように(下位カテゴリを含めて)鈴鹿初体験っていう
ドライバーもいたみたいだし。

波乱また波乱の連発で、予選結果判明しないまま
放送終了しちゃいました。
福岡では深夜に放送されましたが、
向こうの方では生放送だったようで、放送時間内に
終わらなかったようです。
遅くまで起きて見ていたのに・・・

その後、泣く泣くネットで予選結果を確認。
なんのために情報シャットダウンしてたんだ・・・。

予選1位はレッドブルのセバスチャン・ベッテル、
そして2位にはTOYOTAのトゥルーリが飛び込んできました!

予選でよくても決勝ではパッとしない印象が多いTOYOTAだけど、
今回こそその悪いイメージを払拭してもらいたい!

3位にはマクラーレンのルイス・ハミルトン。
今季限りでフェラーリ離脱が決まったキミ・ライコネンは
4位に位置づけており、ここからの逆襲が望まれますね。

今回の鈴鹿GP、注目すべきはトゥルーリとライコネンの2人。
あと15位につけてる中嶋一貴も目が離せない!
・・・ように頑張ってもらいたい!

レース本戦は以下の続きを見るからだ!

続きを読む

テーマ : F1GP 2009 - ジャンル : 車・バイク

F1来季のフェラーリとTOYOTAのニュース

2009/10/03 (土)  カテゴリー/F1観戦記

いよいよ明日はF1日本GP!
3年ぶりの鈴鹿!
やっぱり日本でのF1は鈴鹿ばい!

とか言ってるうちにニュースが飛び込んできました。

フェルナンド・アロンソ、来季フェラーリ入りへ!!

前々から噂はあったのですが、
正式に移籍が発表されました。
ルノーで2年連続王座を獲った時は
ミハエル・シューマッハに引導を渡したという事もあり、
完全に敵であるというイメージしかなかったのですが、
マクラーレンに移籍し、その後古巣ルノーに戻って
待遇やマシンに恵まれない環境ながらも
奮闘して時に結果を残すその姿に
ちょっと応援したくなる事もあったりしました。

その彼が来季から跳ね馬のシートに座るとの事で、
来季のフェラーリ、期待できるかもしれません。

そのフェラーリの来季のラインナップは、

フェルナンド・アロンソとフィリペ・マッサがレギュラードライバー、
ジャンカルロ・フィジケラがリザーブドライバーという体制になるようで。

控えでいいのかよフィジコ!

・・・はさておき、アロンソと入れ替わりに
ライコネンがフェラーリを離脱するという事になったようで。

ライコネン、好きだったんだけどなぁ。

移籍1年目はいきなりワールドチャンピオンとなったものの、
2年目の昨年はこれといった結果を残せず、
今年も低迷のシーズンを送っており、
今回のフェラーリ離脱がライコネン本人の意思によるものか、
チームの決定によるものかは定かではないですが・・・

ならライコネンは来季はどうするのかが気になるとこですが、
本人はF1に残るとも、引退するともまだはっきりと名言してないようで・・・

勝てるチームのシートを獲得出来なければ、F1に残る意味はない。

と言ってるようで、かつてのチャンピオン
ジャック・ビルヌーブや、デイモン・ヒルのように
中位~下位クラスのチームに移籍してまで
F1にしがみつくつもりはないとの事です。

とはいえ、引退するにはまだまだ早いライコネン。
来季もF1のシートに座っていてほしいところ。
移籍先の有力候補は古巣マクラーレンへの復帰みたいですけど、
今のマクラーレンにはハミルトンがいるわけで、
かつてのようにナンバーワン待遇ではまず戻れない形で
(ダブルエース待遇だとは思うけど)
果たしてライコネンがYESと言うかどうか・・・

マクラーレンというチームがどうにも好きになれないってのもあるんだけどなぁ。

一方でTOYOTAがライコネン獲得に名乗りを上げているようで、
出来ればこちらの方が実現してほしいとこですね!

とりあえず来季も気になりますが、
フェラーリドライバーとしての残りわずかのレース、
チームやファンに結果を見せ付けてやってほしいとこです。


もうひとつ気になるニュースと言えば、
ウイリアムズがトヨタエンジンの供給を
来季から取りやめたいと表明し、
トヨタもそれを承諾するらしいとの事。

つまりは来季、ウイリアムズにはトヨタではない、
別のエンジンが搭載されるわけで、



一貴の来季は大丈夫なのでしょうか?



とりあえず、今日の深夜、珍しく福岡でも
予選が放送されます。
情報シャットダウンして楽しむとしませう。

テーマ : F1GP 2009 - ジャンル : 車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。