スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」を見てきた。

2009/12/13 (日)  カテゴリー/映画日和

今日、友達と一緒に映画版ワンピースを見てきた。

何度かこのブログでも書いてるけど、takeさんはワンピースが大好き。
でも、好きなのはどちらかと言えば原作マンガ版で、
TVアニメの方はそんな毎週見てるわけでもなく、
それでは映画版の方となると、アニメオリジナルの話には
どうにもあまり食指が動かず、見たことがあるのは原作が元になった
「エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」と、
「エピソード オブ チョッパー 冬に咲く、奇跡の桜」ぐらい。

それもDVDをレンタルで見たぐらいかな。
そんな原作派な僕が、映画館までそれも初日に見に行ったのは
今回の映画版は原作者の尾田栄一郎先生が製作総指揮を取っているというのもあるけど、
目的はずばりこれだった!

わんぴ

ワンピース 零巻!

全国の劇場入場者先着150万名様にプレゼントされるという特典。
今回の劇場版の発端となる20年前の出来事を書き下ろした内容が収録されているという事で、
コミックス全巻集めてる身としてはゲットしないわけにはいかないぢゃないかっ!!

先着150万人という数字が果たしてどれだけの期間でさばけるものかどうかは知らないけど、
早いに越した事はないという事で同じくワンピース好きな友達と
今日のうちに行こうと思ったわけで、昨日のうちにチケットをとろうと
仕事が終わったあと一番近くの劇場まで買いに行ったところ、
18時以降のチケットは全て完売。
18時以降の残ってる席も、最前列の方しか残っていないという状況。

正直映画を初日に見に行くという慣習がないので、
これが普通の状況なのか、異常な状況なのかはわからないけど、
やっぱりtakeさんと同じこと考えてる人いっぱいいるって事なのかな?
とりあえずチケット取れたんで、ひとまず安心だけど。
零巻をゲットするのが一番の目的だからそれは達成したわけだしね。

そして本日、劇場まで行って来たわけだけど、

すごい事になってたよ!

12日、13日のチケットは全て完売。
チケット売り場には「ONE PIECEチケットは完売しました」という
貼り紙が何枚も連なって貼られてて。
映画館でこんな光景見たの初めて。
人の入りもハンパじゃなく、初日の人の入りなんてこんなすごいもんなの?

こんなに人がいるんならドラクエ持ってくりゃよかったよ・・・

と、思うぐらいの人が多いこと多いこと。
出る直前まで「怪獣バスターズ」してたせいでもあるんだけどさ。

映画はオリジナルストーリーではあったけど、
原作者自らが原案と製作総指揮をしていたせいか、
原作に近いノリで非常に楽しめました。
ワンピースと言えば、泣けるマンガとしても有名だけど、
この映画では泣かせるシーンとかは(個人的には)正直なく
アクション要素が強かった内容で、
大型スクリーンで魅せる事を考えた一本だったと思う。
ワンピースだからと言って、別に全部が全部、泣ける方向に持ってく事もないしね。

ぶっちゃけてしまえば、零巻という特典がなければ
劇場に足を運ぶ事もなかったと思うけど、
映画としても足を運んでよかったと言える内容で大満足。
うん、原作派な僕だけど、やっぱりアニメで見ても面白いなワンピースは。


そして、その零巻だけど、



これ、この前ジャンプに載ってた奴じゃん!



ま、想像はしてたけどねw

ONE PIECE 巻56 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 巻56 (ジャンプコミックス)
(2009/12/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る


ONE PIECEぴあ (ぴあMOOK)ONE PIECEぴあ (ぴあMOOK)
(2009/12/04)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

そのタイトルに物申す!

2009/11/08 (日)  カテゴリー/映画日和

レンタルでDVDを借りてきて、
「スカイファイター」という映画を見た。

パッケージはこんな感じ。

skyfighter.jpg

パッケージ表の謳い文句は

「ヤツを撃ち落とせ」!!

Amazonの商品ページに載っている作品の内容は、

米軍ハイテク戦闘機と翼竜レプティザウルスのスカイ・バトルを描いた空前絶後のアクション大作。南太平洋に浮かぶ謎の孤島。そこでは、極秘任務で派遣された特殊部隊が次々と消息を絶っていた。海兵隊のドーソン少佐と、島に漂着したジェイソンたちは恐るべき怪物に遭遇。それは米軍のバイオ実験が生んだ、究極の殺戮兵器だった…。



これを詐欺と言わずしてなんと言う!!




・・・そんな映画でした・・・orz



どこがスカイファイターやねん!

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

「バトルフィールド」とかいう映画を見てみた

2009/10/02 (金)  カテゴリー/映画日和

「クローバーフィールド」という映画がありました。

ニューヨークに謎の怪獣が上陸し、
逃げ惑う市民がその惨状をホームビデオで撮影、
後日回収されたその映像を
ドキュメンタリータッチで公開するという内容の映画。

関連記事:『映画「クローバーフィールド」を観てきました。』

ぶっちゃけ物語的なものはあってなきがごとし。
ハプニング映画としてのストーリーはエンディングまで
投げっぱなしのジャーマンスープレックス状態。
カタルシスもなにも得られないけど、
視点を変えて遊園地のアトラクション的な映画と考えてみれば
ドキドキ興奮しっ放しの最適なデートムービーとも捉えられます。

レンタル店では大体パニックアクションのところに並んでるので
週末ちょっと毛色の変わった映画を見るならオススメ・・・




・・・と、うん?



そのクローバーフィールドのタイトルと同じコーナーに並ぶ一本のタイトル。

ちなみにクローバーフィールドの正式タイトルは、

クローバーフィールド/HAKAISHA

そして今回、僕の目に飛び込んできたタイトルは

バトルフィールド/TOKYO


パッケージはコレ

バトルフィールド

ちなみにクローバーフィールドはこちら

クローバーフィールド

映画の紹介はというと、
東京に謎の怪獣が上陸、その怪獣による
被害と惨状を来日していた
アメリカ人姉妹がホームビデオで撮影、
後日回収されたそのビデオが公開されるという
ドキュメンタリータッチの映画。



うん、パクリとかいうレベルの問題ではないですね。



でも、クローバーフィールドのパクリで、
怪獣が上陸するのが東京・・・


東京といえば怪獣のメッカ。
ゴジラさんやガメラさんといった
超メジャーどこの怪獣が過去にわんさか上陸されてるわけで。


クローバーフィールドをここまであからさまにパクっているのだから、
上陸する怪獣ってのももしや・・・?と
期待して借りて観てみたわけですよ。



その内容・・・いや内容なんてものはぶっちゃけ、
クローバーフィールド以上にないんですけど、
正直ここまで酷いものを観たのはいつ以来でしょうか?

テレビで、世界の衝撃映像100連発でも見てた方が
もっとドキドキしそうです。
アマチュア映画どころか学芸会レベルと言っても過言ではないかも。

それに東京が舞台になってるのに出てくる日本人が
日本人ではありません。

姉妹が出会ったとある老人。

「オマエタチノセイダ、オマエタチノセイデコウナッタ」

カタコトの日本語です!

その老人の孫が、そのおじいさんに

「オジイサン、アメリカノタイシカンハ、ドコニアリマスカー?」

カタコトの上に孫が祖父に敬語で話してます!

その他にも警官をはじめカタコトの日本語を話す人ばかり。
どう見たって、中国人か韓国人が
日本語でしゃべってるだけとしか思えません。

アナタノコトガ、トゥキダカラー!!






上陸した怪獣もゴジラ似でもガメラ似でもなんでもなく
「みずち」という名のミミズの化け物らしいです。
パクリ映画だとしても何から何までチープで駄目で中途半端な映画。

80分くらいの時間をドブに捨てたいという方にはオススメです。


バトルフィールド TOKYO [DVD]バトルフィールド TOKYO [DVD]
(2008/08/02)
サラ・リンチ、

商品詳細を見る




この記事書きながらテレビで「キングコング」見てたんだけど、
エンターテイメントっていうのはこういう映画を言うんだね!
キングコングよりも出てくる人間たちの方が
恐竜や巨大昆虫相手にランボーしてて凄いんだもの!
コングにさらわれるヒロイン含めてね!

キング・コング [Blu-ray]キング・コング [Blu-ray]
(2009/09/18)
エイドリアン・ブロディトーマス・クレッチマン

商品詳細を見る

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

takeと たけちぃの髪無くし

2009/06/06 (土)  カテゴリー/映画日和

おっ!

仕事から帰ってきたら
「千と千尋の神隠し」がやってるじゃありませんか。

と言ってももう終わりのとこだったけど。
千尋たち一行が電車に乗ってくとこだった。
千と千尋の神隠しと言えばアレだ。
カオナシだ。
僕が唯一モノマネできるのが
カオナシなんですよ。

「みなさんのおかげでした」の食わず嫌い王選手権に出て
トマトが嫌いなのを言い当てられたら
最後の罰ゲームではカオナシのモノマネをしようと
決めてるんですよ。

あっ、お土産には近所の花げしきの
おいもっちを持っていきますから、
対戦相手は相歩紗季ちゃんがいいなぁ。

その前に絶対呼ばれなぁ~い
なんて言・わ・な・い・の。

f1010928.jpg


まぁそのくらいカオナシのモノマネは自身が
あるっちゅー事ですよ。
ポイントは目ね。
目をとろ~んと、やる気なさそうにする事ね。

カオナシ

「あ・・・あ・・・あ・・・」

言うだけぐらい誰でも出来るわぁ!!

だなぁ~んて言・わ・な・い・の。
f1010928.jpg


ちなみにこの「千と千尋の神隠し」
僕の中では宮崎駿監督作品の中では
ちょいと評価が低いんでございますよ。

あ、あくまで個人的意見ね。
映画の良し悪しなんて人それぞれなんだし。
僕の周りではなんだかイマイチな評価が多かった
崖の上のポニョ
僕は非常に楽しめましたし。

参考記事:ヤロー2人で「崖の上のポニョ」を見に行っちゃったぞ~

崖の上のポニョ [DVD]崖の上のポニョ [DVD]
(2009/07/03)
不明

商品詳細を見る


個人的意見で宮崎監督の作品を星五つで評価するなら、

ルパン三世 - カリオストロの城」 ★★★★★
風の谷のナウシカ」        ★★★★★
天空の城ラピュタ」         ★★★★★
となりのトトロ」           ★★★★☆
魔女の宅急便」           ★★★★★
紅の豚」               ★★★★☆
もののけ姫」             ★★★☆☆
千と千尋の神隠し」         ★★☆☆☆
ハウルの動く城」          ★☆☆☆☆
崖の上のポニョ」           ★★★★☆

あ、やっぱ初期作品の方が評価高くなっちゃった。
「もののけ姫」は最初見た時は★ひとつくらいだったんだけど
その後テレビ放送なんか見てるうちに面白さがなんとなくわかったんで
「ハウルの動く城」も何回か見てれば評価変わっちゃったりするのかな?
もし宮崎作品の中で1本選べと言われたら
「風の谷のナウシカ」かなぁ。
最初に見たのはまだ子供の頃だったのに
今見ても全然色褪せてないし、
何回見ても面白いしね。
「ハウルの動く城」は何回も見ようって気がおきないもの。

ただ「ナウシカ」は原作マンガにこそ
その全てが描かれているわけで、映画版は
そのマンガ版のほんの一部のエピソードを
1本の映画にまとめているんだよね。
映画版しか知らないでマンガを読むと
結構衝撃的な内容だったりするんだけど
宮崎駿監督が描きたかった真のテーマは
マンガ版の中にこそあります。
いつか書いてみよっかなぁ。

ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」
(2003/10/31)
宮崎 駿

商品詳細を見る


そんな事言って結局書くの忘れるくせに!!

だなぁ~んて、言・わ・な・い・の。
f1010928.jpg

テーマ : ジブリ - ジャンル : 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。