スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーズマンは好きですか?

2007/01/27 (土)  カテゴリー/図書室

「キン肉マン」には様々な超人が登場する。

悪魔超人から正義超人へ転身する時に
ヅラであったことをカミングアウトした超人や
マスクを脱ぐのにわざわざコーナーポストに頭突きして
マスクを割ってマスクを取るような
様々な超人がいっぱいで、
それぞれご贔屓の超人が皆さんいることでしょう。

僕はウォーズマンが好きでした。
感情を持たないファイティングコンピューター、ウォーズマン。
決めゼリフは「コー・ホー」
全ての敵を30分以内に倒してきたため、
30分以上戦えない事が、なぜか自動プログラムされてる、
プレイステーションの初期ロットも真っ青な
耐久性の低いコンピューターなウォーズマン。

しかし、作者のゆでたまご先生はウォーズマンの事が嫌いなのか、
キン肉マンの仲間になって以降は、その扱いはひどいものでした。

敵として登場したウォーズマンは輝いていた。
ティーパックマンの首をはねて、紅茶を飲み干す(ロボットなのに?)
ペンタゴンの翼をもぎとって、頭をグサリ。
試合巧者ラーメンマンの頭をガードに使ったゴングごとグサリ。

そして敗れはしたものの、キン肉マンをギリギリまで苦しめた
超人オリンピック決勝戦はキン肉マン史上のベストバウトと言っても
過言ではありません。
30分で稼動できなくなるという信頼性の低さがなかったら
きっとキン肉マンを倒していたと僕は信じています。

しかし、その後、感情を取り戻し、正義超人に転身した彼を待っていたのは
苦難の道程でした。

7人の悪魔超人編ではいきなり初登場した悪魔超人たちの
実力を見せ付けるためのカマセ犬っぷりを見せてくれます。

その後バッファローマンと対戦。
善戦して、最後にはわけのわからない理屈で
バッファローマンのロングホーンを1本叩き折ることに成功しますが、
最後はいらんデータがハードディスクいっぱいに入ってる
パソコンのようにフリーズして終りました。

続く黄金のマスク編ではいいとこがまったくないどころか、
正義超人VS悪魔騎士の戦場として体を利用される始末。

夢の超人タッグ編では師匠のロビンマスクとタッグを組んで、
タッグリーグの優勝候補ともてはやされますが、
大体にしてこの手の漫画の優勝候補は負け確定の存在。
期待にたがわず、今回初登場のヘルミッショネルズの強大さを見せ付ける
ていのいいカマセ犬(またも)としての地位を確定してしまいました。

最後のキン肉星王位争奪編では、超人墓場から甦った後、
ゼブラチームのザ・万力を相手にパロスペシャルで快勝。

実はこれ、正義超人に転身してからのウォーズマン最初の、
そして最後の勝利となります。

キン肉マンと対戦経験のないブロッケンJrや、
ぽっと出のジェロニモだって、まだ活躍していそうな・・・

ウォーズマンのラストバトルの相手はマンモスマンでした。
修行してるところを急襲され、なにも出来ないままやられてしまいます。
ugya.jpg
これはないだろう、ゆでたまごよ・・・

いよいよラストバトル、キン肉マンvsフェニックスの戦いに
全国から正義超人がキン肉マンを応援するためにかけつけます。

それを阻止しようとする邪悪の神々。
そこを我らが正義超人の強者たちが向かえうちます!
かつてキン肉マンをギリギリまで追い詰めたウォーズマンにも期待が集まります。

さぁ4人の邪悪の神々に相対するのは、
テリーマン!ラーメンマン!ウルフマン!そして4人目は・・・

ジェーシー・メイビア!

は?じぇーしーめいびあ?
一瞬誰だか思い出せませんでした。

な、なんでハワイ編で1回キン肉マンと戦っただけの
ジェーシー・メイビアがここにきて出てくるのか・・・。

ウォーズマンはカナディアンマンやスペシャルマンら
その他のどうでもいい正義超人の中に埋もれて終わりました。


ホント、ゆでたまごはウォーズマン、嫌いなんでしょうか?
聖闘士星矢で言えばフェニックス一輝の位置で登場したはずなのに
気がつけばユニコーン邪武の地位まで落ちたようなもんです。


そのウォーズマンが、今週のプレイボーイで発表された
超人人気投票で1位の座を獲得しました。

やはりウォーズマン、人気あるんですよ!
彼がこの栄冠手にするの、2度目ですよ!
「コー・ホー」ばかり言ってた頃のウォーズマンを知る人は
きっとウォーズマン好きなはずなんです!

これでウォーズマン人気にようやく気がついたのか、
今プレイボーイで連載中の
「キン肉マンⅡ世究極の超人タッグ編」でも
ウォーズマンが登場し、活躍の兆しを見せています。
時代的に今のタッグ編は、元祖キン肉マンのタッグリーグの
直後になっているので、この頃のウォーズマンは死んで
超人墓場にいるはず。
なのでこの突如登場したウォーズマンは、今スカーフェイス・ジェイド組と
戦っている完璧超人ネプチューンマンと同じく、
未来からきた21世紀時点でのウォーズマンというところでしょう。
かつて弟子であるケビンマスクにも言ってましたしね。

「俺はロボ超人。他の伝説超人たちと違って歳を取る事はないから
次に会うときはお前達の敵としてあらわれるかもな」

と・・・

でもね、ウォーズマンさん、機械にも耐用年数があるって知ってます?
あなたが生産(?)された頃って、ウインドウズさえなかった頃の話でしょ?
なにより、30分以上稼動出来ない貧弱極まりないOSでしょう?
WindowsVISTAが発売されるという今の時代に置いて、処理能力はファミコン並ではないでしょうか?



なにより、その計算能力は昔から疑問視されてますし。
こんなわけのわからない計算しては、それを実行しちゃうんだもの。



それでも僕はそんなファイティングコンピューター・ウォーズマンが大好きです。
「Ⅱ世」での今後の活躍に期待大ですね。



スポンサーサイト

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

DS「世界樹の迷宮」を買った

2007/01/25 (木)  カテゴリー/DS LIFE

先日のブログでも紹介した「世界樹の迷宮」
ネットを中心にして発売日前から注目が
集まっていた事は知っていたのだが
予想以上に大爆発したようだ。
発売日の午前中に完売した店舗も多いようで、
ヨドバシやビックカメラという大型家電量販店でも
即日完売というような状況だったようだ。

コアユーザー向けタイトルが売れないDS市場で、
まったくの新規タイトルという事で、店舗側としても
発注に2の足を踏んだとこだろう。
非常に大きなチャンスロス、もったいない・・・。

かくいう僕も発売日に買う事が出来なく、あちこち探し歩いたのだが、
買うことが出来ずに諦めかけたのですが・・・

anzai.jpg


せ、先生ぇ・・・「世界樹の迷宮」をしたいです・・・

なんと!友達が近所のスーパーのゲーム売場で見つけてきてくれました!
持つべきものは気のきく友達だね!

それで早速プレイ!
まあちょこっとしか遊んでないので、
まぁファーストインプレッションって事で^^

基本的な事はこちらの記事を読んでもらうとして・・・
●期待の新作、「世界樹の迷宮」

「ウィザードリィ」というゲームをご存知でしょうか?
キャラクターをつくり、ただひたすらダンジョンに潜って
アイテムを集めるというシンプルなRPG。
でもRPGとはもともとがそんなゲームだったはずで、
昨今のRPGはRPGというよりむしろアドベンチャー。
話を追ううちに気がつけば、レベルが上がってしまっている、
レベル一つ、ステータスひとつあがった程度では
なんにも感動がなくありません?
RPGの醍醐味とは、キャラを育て、スキルを集めて自分だけの
自分の分身をカスタマイズする事にこそ本質があるのです!
馬に変えられたお姫様の呪いを解くためとか、
召喚士の宿命を背負った少女を守るためとか
そんなだいそれた物語なんてただの飾りです!
偉い人にはそれがわからんのです!

なわけで、このゲームははじめたら派手なオープニングがあるわけではなく、
いきなり街に入っています。
まずは冒険者ギルドでチームを結成し、
主人公となるキャラクターを作らなければいけません。
ギルドのおっさんが言うにはまずチームとなるギルドの名前を結成しろとのこと。
かつて「タクティクスオウガ」で部隊名を
「死ね死ね団」にして、話が盛り上がってきた頃で
激しく後悔した記憶があるので、最初は真面目に考えようと思い、
色々考えたのだが平仮名カタカナ6文字までなのでけっこう悩む。
まず「むぎわらかいぞくだん」は無理だ。
「しねしねだん」なら6文字でいけるじゃんか!とか考えつつ
「シエロブリュ」に決定。
「シエロブリュ」とはイタリア語で、「青空」の意味。
なに柄にもない名前つけてんでしょこの男は!
まぁそれだけ、このゲームには真面目に取り組もうかな、というとこ。

ギルド名を決定したとこでキャラクターメイキング。
5人パーティで、前衛後衛の概念があるので、よく考えなければいけない。
ドラクエⅢなら勇者・戦士・魔法使い・僧侶という風に
バランスを考えなければいけない。
勇者・盗賊・商人・遊び人では、ホント苦労する。

まずは回復役は必ず必要という事で僧侶的な役割のメディックを選択
魔法使いも必要だろうからアルケミストも選択。
後衛はこれで決定。
そして脳内主人公はやっぱり戦士だろうということでソードマンを。
もう一人の前衛はパラディンにしようとも思ったが、
ここは奇をてらって、ソードマンやパラディンよりは体力が劣るが
敵の弱点を見抜く能力を持つというダークハンターを選択。
最後の5人目は前衛に置くか、後衛に置くかというところで、
どちらにも対応できる弓矢使いのレンジャーを選択。

・・・あまりに普通すぎて僕らしくないなぁ。

最初のミッションは一階の地図を完成させること。
このゲームのひとつの醍醐味は、タッチペンを使って
自分で地図を描くことなのです。
このミッションを完遂しないと、クエストも受ける事が出来ないらしい。

早速世界樹の迷宮へGO!
・・・さすがは「女神転生」のアトラス、雑魚敵とのバトルでも容赦ありません!
ボタン連打の1ターンで倒せるような某スライムみたいな
楽な敵じゃありませんよ~!

迷宮内でのイベントでも派手なものがあるわけではなく、
思わせぶりなメッセージが出てくるだけ。

「あなたたちの目の前には匂いたつ花畑が広がっている。
ここで休むのも立ち去るのもあなたたちの自由だ」

・・・休んだらなにかあるんでしょうな絶対

しかし!逃げる事は戦士には許されず!

rurouni.jpg


休むを選択!

「しかし、花の匂いに誘われたのはあなたたちだけではなかった」

ほらなほらな~

毒アゲハが3匹あらわれた!

なぁんだチョウチョかぁ。
毒をもっているとは言え、しょせんはチョウチョ。
毒にさえ気をつければそんな虫けらごとき・・・




あっさりと全滅しちゃいましたが。




げに恐るべき修羅の道よ・・・

昨今のRPGに比べると難易度は高いですが、
やり込み度も高いし、なかなかハマれるゲームですよ。

難点をあげれば携帯ゲームなのに中断セーブが出来ないという事。
通勤電車でのプレイが出来ないのは悲しいなぁ。



なので(?)今日また2本も買ってしまいました。
これまた先日の日記で描いた「ウィッシュルーム」と
「ピクロス」
通勤時にはこっちかな。
プレイ日記はまた書くとします♪
●DSでミステリー「ウィッシュルーム 天使の記憶」

テーマ : 世界樹の迷宮 - ジャンル : ゲーム

魚座の人には朗報!(なのかな?)

2007/01/21 (日)  カテゴリー/図書室

僕が子供の頃の話、
当時の子供たち(特に男の子)には
あるヒエラルキーが存在していました。
それは自分の生まれた星座によって立ち位置が変わるもの。
12星座の中で燦然とトップに輝いていたのは乙女座でしょう。
他にも双子座や水瓶座、牡羊座、蠍座の子供たちは
当時優越感に浸れていたものです。
かくいう僕も獅子座生まれでして、
獅子座の地位はというと、乙女座に次ぐ力を持っていまして、
当時は獅子座に生まれた事を誇りに思ったものです。

・・・「ジョジョ」第4部で獅子座の立ち位置は急落しますが。
jojoH.jpg


一方でヒエラルキー下層に位置する人たちは肩身の狭い思いをしたものです。
天秤座は実力こそトップクラスだが、ジジイだとか、
牡牛座は体がデカイだけのカマセ犬ならぬカマセ牛だとか。
でもそこで追い詰められた時、彼らはこい言ったのです。

「蟹座や魚座よりはマシやもん!」

蟹座と魚座・・・そう、12星座のヒエラルキーの中で
蟹座と魚座は最下層に位置していたのです。

4.gif
蟹座と魚座

まぁここまでひっぱっておいてなんの話だと言えば
「聖闘士星矢」のお話しなんですけどね。

少なくとも12宮編まで読んだことのある人なら
お分かりでしょうが、蟹座と魚座の扱いはひどかったものです。
その立ち位置は、ハーデス編で冥闘士として復活した時にも
ダメ出しをくらい、アニメオリジナルの劇場版でも
変わる事はありませんでした。

しかし!今この時期になって、最下層の一方である
魚座の頭上に光が射しつつあるようです。

週刊少年チャンピオンで連載中の「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS冥王神話」
これは前聖戦でのペガサスの聖闘士と冥王ハーデスの因縁を描いた物語なのですが、
今登場している先代の魚座の聖闘士がカッコよく描かれています。
聖闘士の名は魚座ピスケスのアルバフィカ。
現世のヘタレ魚座だったアフロディーテと同様、
バラを武器に使う、べルバラのようなキャラですが、
いきなり聖域に侵攻してきた冥闘士たちを相手に大立ち回りをしています。
毒には毒をという事で地暗星の冥闘士、ディープのニオベと相対しますが、
ニオベに対し、「お前ごとき」と問題なく打ち倒します。
ニオベと言えば、現世で牡牛座のアルデバランを倒した冥闘士。
ここで魚座が牡牛座の上に立つ事が出来たということなのでしょうか。
アルバフィカの今後の描かれ方では更に上位を狙えそうな気がしますけど。

まっ、最終的には天貴星の冥闘士、グリフォンのミーノスに
やられちゃう、黄金聖闘士最初の犠牲者になっちゃうような気もしますけど。

そして・・・先代蟹座の黄金聖闘士が出てきた時には
長く屈辱の日々を過ごしてきた蟹座にもスポットが与えられる事もあるのでしょうか・・・

テーマ : アニメ・漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

今回のお買い得品はこちら!?

2007/01/14 (日)  カテゴリー/GAME ROOM

新しいカテゴリを追加しました!
このカテゴリ「お買い得ゲーム!?」では
ゲーム屋のワゴンセールや、
中古ゲームソフトを安く買って、お買い得かどうか、
はたまた失敗したかどうかを書き綴っていこうと思ってます。

安い安いといっても人によって安さの基準って違いますよね。
シンプル2000シリーズなんてあるし、
ベストの2800円でも安い高い人それぞれでしょう。
なので、当ブログのこのカテゴリでは
基本「1000円以下」で購入したものをターゲットにしていこうと思います。

今回は近所の中古ゲームショップのワゴンセールに行ってきました。
よりどり2本で980円というワゴンセールで、
単品価格980円以下のソフトがずらずらずらずら並んでます。
ワゴンセールお約束の「機動戦士ガンダム一年戦争」や、
「ウイニングイレブン」シリーズの数字の小さい分とか
並んでいて、よりどりみどりで、
ぶっちゃけお菓子のつかみ取りの方がまだ魅力的ではなかろうか
というのは言わないお約束。
しかし1本1本に単品価格がついているのですが、

単品価格380円の「アンリミテッド・サガ」と

単品価格480円の「グランツーリスモ4プロローグ版」


なんて組み合わせを選んだ日にゃ、980円は逆に高くなっちゃうよ!
というのも言ってはいけませか?

2本で一つという事は、1本1本がたいした事なくても、
2本セットで買っておけば後悔しないだろうという組み合わせを
選ばなければいけない。
そう、ピンではヘタレでも二人合わせれば脅威な力を発揮する
七尺兄弟のような組み合わせを選ばなければいけないところだ。
富樫&虎丸の解説コンビと戦うためだけに用意されたような
男塾の兄弟敵役コンビを選んではいけない。

で、今回ワタクシが選んだソフトはこの2本。

DSC00228.jpg


RPGの「ラジアータストーリーズ」と
パズルゲームの「ビルバク」だ。

もはや「ラジアータストーリーズ」1本で勝ちが確定やろう
という声が聞こえてきそうな気がするが、
その「ラジアータストーリーズ」は
「スターオーシャン」「ヴァルキリープロファイル」でおなじみ
トライエース製作スクウェアエニックス発売のRPGだ。
戦闘はトライエース製RPGおなじみの主人公キャラを操作して
残りのパーティキャラはAIで戦うアクション要素を取り入れたバトル。
「スターオーシャン」シリーズを遊んでいれば問題なく入り込めるだろう。
ストーリーはラジアータ王国を舞台に主人公ジャックが騎士団に
入団するというところからはじまる。
絵本タッチのグラフィックもあいまって、なんだかほのぼのとした
コメディタッチのストーリー。
掛け合い漫才的なキャラのやりとりもあり、
「ヴァルキリープロファイル」あたりを想像すると、
ちょっと同じ「トライエース」の作品とは思えない
フットワークの軽さがなんだか好感触だ。
DSC00230.jpg

ラジアータの世界には朝⇒昼⇒夜と時間の移り変わりが存在し、
時間を把握していないと発生しないイベント、仲間にならないキャラクターもいる。
このへんは「ドラクエ」でもおなじみだが、この「ラジアータ」では
午前~時、午後~時と時間がこまめに設定されており、
スケジュールを把握する事がゲームの攻略の鍵になるようだ。
さんざん言い尽くしたがトライエースのRPGらしく、
やり込み要素もいっぱいのようで、長く遊べそうだ。

これはこれ1本で980円でも充分お買い得だったといえるソフトだろう。



「ラジアータストーリーズ」1本で充分元はとれたような気がするし、
今回は双子の弟が交通事故で亡くなった後、甲子園まで行ってしまった
双子の兄のように1本でも充分!という感じだが、
せっかくなのでもう1本の方も見てみるとしましょう。
このもう1本が志半ばに他界した弟ぐらいの実力を持っていてくれたらいいのですが。

「ビルバク」

決められた本数のダイナマイトを
ビルの要所要所にセットして、ビルを解体爆破する
ビル破壊パズルゲームだ。

肝はビルの各ブロックにダイナマイトを配置して
連鎖(?)爆破を引き起こして、
うまくビルを破壊するというもの・・・なのだが、

おもしろくないことはない。
ダイナマイトを配置する時にはなかなか頭を使わされ、
脳年齢の活性化にも役立てるかもしれない。

しかしプレイする前にはドカーン!ドカーン!と
立て続けに爆破を起こしていって、爽快感たっぷりの
アクションゲームだと期待していたのですが、
なんだかチマチマチマチマ、ダイナマイトを配置していくだけの
ゲームなんだよなぁ。
ビル破壊シーンは、各エリアにちゃんとダイナマイトを
正解の通りに配置して、100%破壊できますって時だけに流れるだけ。
ダイナマイトの配置に時間をかけて頭をつかって、
肝の破壊シーンは最後の一瞬。

・・・虚しい。

これさぁ、例えば配置したとこが失敗でも
ビル爆破を出来たらよかったと思うんだよ。

ダイナマイト配置しました。スイッチ押します。
ビル爆破!ドカーン!
・・・あっ!まだ完全に破壊できてないでアリマス!
ダイナマイト配置が間違っていたでアリマス!

で、やりなおしだったらまた配置しなおしだったら
ようし今度こそ!って思うよね。思わない?

ダイナマイト配置画面で正解出さないと次のエリアに進めないってのが
なんだかチマチマしたゲームにさせてるんだよなぁ。

ちなみにこの「ビルバク」発売時期に例の9・11テロ事件があり、
そのビルを破壊するという部分が問題となって発売が延びたという経緯があり、
そのためグラフィックがかなりシンプルに書き直されている。
これもちょっとチマチマさせる点かもなぁ。

題材はホントにいいと思うんだけど。
惜しいゲームだと思います。

ピンで買ってたら外していたかもね。

まあ、でもダイナマイト配置シーンではそれなりに楽しめたし、
「ラジアータ」のオマケについてきたと思えば全然アリか。

戸愚呂兄弟の兄のようなもんだ。
yuyu.jpg


ジャマだ兄者。



ってamazonだと199円かよビルバク・・・il||li π○ il||li

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

DSでミステリー「ウィッシュルーム 天使の記憶」

2007/01/08 (月)  カテゴリー/GAME ROOM

「願いが叶う部屋」があるという噂の「ホテル・ダスク」。
元刑事のセールスマンがたどり着いたそのホテルで遭遇する
不思議な出来事・・・
03.gif

1月25日発売のNintendoDSソフト「ウィッシュルーム 天使の記憶」
プロローグである。
この「ウィッシュルーム」はDS初期に発売されたアドベンチャーゲーム
「アナザーコード 2つの記憶」のCINGが製作している。

「アナザーコード」はDSの機能をフルに活用したゲームで、
タッチペン、2画面、マイク、更に開閉式の本体と、
DSの使えるものは全て活用したソフトだったが、
そうしたギミックに囚われすぎて、シナリオが少々弱かったソフトだった。
いや、ゲーム自体は面白く、謎解きに頭を使われさせられたし、
なにより独特のグラフィックが織り成すゲームの雰囲気の
完成度は非常に高かった。
ただ、「さわれる推理小説」というコピーには負けてたと思う。

今回の「ウィッシュルーム」は「アナザーコード」同様
モノトーンを基調とした独特のグラフィックで、
ハードボイルドチックなミステリのシナリオを追求しているようだ。

基本DSを縦持ちでプレイするのも小説っぽくていいかもしれない。

学園祭やら修学旅行先で必ず殺人事件に巻き込まれ、
「じっちゃんの名にかけて!」とわざわざ事件に足を突っ込む少年探偵や
幼馴染の父親に何度も何度も睡眠薬を打ち込んで
薬漬けにするような体はコドモ頭はオトナな少年探偵も
人形を常に持ち歩いて腹話術で事件を解決していくような
端で見ていたらケリをいれたくなるような怪しい探偵も出てこないけど、
アドベンチャーゲーム好き、推理小説好きには
オススメできるゲームであると思います。
「アナザーコード」は充分オススメできるレベルだったので
同じスタッフの製作ならかなり期待できますよ。

以前書いた「世界中の迷宮」と発売日が近いので悩むとこですが、
買いますよ、ええ。じっちゃんの名にかけて






テーマ : ニンテンドーDS - ジャンル : ゲーム

2006年に聴いたCDオススメBEST5

2007/01/06 (土)  カテゴリー/音楽室

2007年に入ってしまいましたが、
ここで2006年に聴いたCDの中で
オススメのCDをピックアップしてみましょう。
最近はネットを通じて音楽をダウンロードする事が
主流になってきてるようでCDが昔ほど売れないと言われていますが
個人的にはお気に入りのCDはパッケージとして
手元に置いておきたいものなのです。

というわけで(?)今回は2006年度に出たアルバムの中で
オススメのCDベスト5を挙げて生きたいと思います。
例によってtakeが実際に聴いたCDで判断してるので
かなり独断と偏見に満ち満ちてますのでご注意を。


まずはこの一枚。
これはやっぱり外せない。
B'z「MONSTER」
もうかれこれ10年以上B'zを聴き続けていますが、やっぱりB'zはイイ。
今回の「MONSTER」はここ近年のB'zのアルバムの中では
トップクラスの出来で、「Blotherhood」以来
100%満足の出来だったと言えます。
最近はB'zから離れていたという人が聞いても満足出来るんじゃないかな。


2枚目はこれ。
オムニバス「Beautiful Songs~ココロ デ キク ウタ~」
これはもう説明不要でしょうか。
今も売れ続けているオムニバスのCDで
サブタイトルの「ココロデキクウタ」の通り、
聴いてて心に響く歌が揃っています。
一生手元に置いておきたいと言っても過言ではない一枚です。
超お気に入り。
心を休めたい時などよく聴いています。


3枚目はこちら
宇多田ヒカル「ULTRA BLUE」
ヒッキーはやっぱりいいです。
世界進出は実質失敗ではなかっただろうか?と思われてますが
やはり彼女の創る音と奏でる声は世界に通用すると思います。
でも、やっぱりヒッキーは日本語で歌うのがいいですね!


4枚目はこちらで
OASIS「STOP THE CLOCKS」
OASIS初のベストアルバムは2枚組の豪華版。
なのに「Whatever」他いくつかの名曲が選曲されてないのが
不満と言えば不満なのですけど、やっぱりいいです。
今年後半の車の中でヘビーローテーションしてました。
詳しくはこちらの記事で。
●OASIS「STOP THE CLOCKS」


そして5枚目はこれを選出
一青窈「BESTYO」
こちらも初のベストアルバム。
魂の詩い手、一青窈の全シングル曲を網羅しております。
デビュー曲「もらい泣き」から「ハナミズキ」「影踏み」「かざぐるま」と
どれをとっても名曲揃い。
聴いててなんだか涙が出てくる曲ばかりです。
これは車で聴くより家でしっとりと聴きたい一枚ですね。
永久保存版です。


2006年は心に残る一枚に巡り合えましたか?
やっぱり音楽は時に元気付けてくれたり、癒してくれたり、
生活の一部になっていると思います。
2007年も大切な一枚に巡り逢いたいですね。

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

期待の新作、「世界樹の迷宮」

2007/01/04 (木)  カテゴリー/GAME ROOM

緑に囲まれた肥沃な大地…。
とある地方にエトリアという名の小さな街があった。
何の変哲もないその小さな街はある年の発見を境に
大陸で最も有名な都市となる。
「世界樹の迷宮」エトリアの街外れで発見された巨大な大地の裂け目。
地の底まで続こうかという深淵を思わす巨大な地下樹海の迷宮…。
━━━そこには、全てがあった。
名も知らぬ草花が不可思議な果実をつけ
見たこともない獣たちが徘徊するその森には、
莫大な財宝が眠っていた。
エトリアの迷宮の噂を聞いたものは
老いも若きもみな、その樹海を夢見るようになった。
富、名声、権威…。
そして何よりも、飽くなき冒険心を満足させるだけの樹海。
それは、死と隣り合わせの冒険に、自らを投げ出すに値するものだった。
今日もまた、一人の若者がエトリアの門をくぐる・・・

06081810417.gif


ATLUSから2007年1月18日に発売されるNintendoDS専用ソフト
「世界樹の迷宮」のプロローグである。

この「世界樹の迷宮」は「女神転生」シリーズでおなじみ
ATLUSが新たに作った新作の3Dダンジョン型RPGで、
メガテニストな僕としては発表当時から
注目していたタイトルなのだが、
まったくの新規タイトルにも関わらず、世間の注目度も高いようで、
予約状況もかなりいい感じで伸びているようである。

このゲーム、RPGではあるが、昨今のRPGと違って
主だったストーリーがなく、
ただひたすらにダンジョンに潜り、未知の道程を歩いて宝を集めたり、
街で依頼を受けたクエストをクリアしていくというシンプルなつくり。

世界の運命を担う勇者とか、帝国に国を滅ぼされた亡国の王女といった
名前のついたキャラクターも用意されているわけではなく、
自分でキャラクターメイキングをして、ダンジョンへ挑む・・・
あの名作「ウイザードリィ」を彷彿とさせるRPGとなっているのだ。

キャラクターもいくつもの職業が用意されており、
その職業の組み合わせによって
パーティの戦い方が変わっていき、
また職業それぞれに様々なスキルが用意されており、
職業とスキルの組み合わせで
戦略・戦術が大幅に変わっていく仕組みになっているようだ。
やりこみ性十分で、長く遊べそうなのもポイントのひとつである。

06081810416.jpg


戦闘はターン性のコマンドバトルだけど、そこはメガテンのATLUS。
ボタン連打でなんとかなるような簡単なものではなく、
スキルを使いこなさないと苦戦を強いられる
歯ごたえのあるつくりになっているようです。

グラフィックも美しく、DSのソフトの中では
トップクラスの画質ではないでしょうか。
少々キャラクターデザインがかわいすぎる気もしますが、
「世界樹の迷宮」というタイトルの名に恥じない幻想的な絵で
ぷれいやーを魅了してくれるでしょう。

そして、近作のある意味最大の注目点は、
NintendoDSのタッチパネルを使った、マッピングでしょう。
昨今の3DRPGは大体、Rボタンあたりを押せば一発でマップが表示される
オートマッピング機能が標準装備されているもんですが、
かつてのファミコン時代の「ウイザードリィ」や「女神転生」、
「ディープダンジョン」(これWiiで遊べないかな・・・)などは
そんなオートマッピング機能などは着いておらず、
自分で鉛筆・定規・方眼紙を使ってマッピングしていたものですよ。

座標軸を確かめ、落とし穴や、イベントが
起こった場所などを書き記していく、
多分、学校で方眼紙を使うよりも、
テレビの前での方が使っていたのではないのでしょうか。
昨今のRPGに慣れきっている人にしたら、何をそんな面倒な、
と思うかもしれませんが、自分で描いた迷宮の地図が
完成に近づいていくのはとても楽しい作業だったのですよ。

近作「世界樹の迷宮」はNintendoDSのタッチパネルと2画面を
フルに活用しており、上の画面でゲーム画面、
下のタッチパネルで、上のゲーム画面を確認しながら
マップを描いていく。

いや、本来RPGってこうだったと思うんですよ。
ストーリーなんて特になく、自分でキャラを作成し、
キャラを育て、地図を描いて冒険する。
シンプルな楽しさ。

最近のRPGはもう映画化しちゃってて、ストーリーを追ってるうちに
世界を確認する暇もなく、キャラは勝手に歩いていって、
気がつけばレベルがあがっている。

そんなゲームが多くありませんか?

昨今のRPGに比べて、手間がかかるかもしれないし、
一筋縄ではいかないかもしれない、
でもシンプルかつ奥深い、やりがいのあるRPG。
勝手に30分も眺めっぱなしのイベントが突発的に
起ったりするような事もないみたいだから、
気軽に遊ぶ事もできますよ。
これはNintendoDSに相性ピッタリのRPGだと思うのです。

このゲームってノスタルジー?
いえいえ、ある意味、最先端だとも思うのです。

「世界樹の迷宮」・・・僕は買っちゃうなぁ。



20061206-keyvisual01.jpg

テーマ : 世界樹の迷宮 - ジャンル : ゲーム

あけましておめでとうございます!

2007/01/01 (月)  カテゴリー/徒然日和

20070101133417.jpg


あけましておめでとうございます!

昨年はこの「takeの隠れ家」をご贔屓いただきありがとうございました。
不定期更新のつたないブログですが、今年もよろしくお願いします♪

ゲームとマンガ、あとF1中心のブログですが、
今年は色々カテゴリを増やしていければなぁと思います。

でも最近はゲームやる時間もなかなかないのに
これ以上なにを増やすというのやら・・・。

昨年は買ったはいいけどクリアしてないゲームもいっぱいだしなぁ。
最近はDSで「おいでよどうぶつの森」ばかりやってます。
これはのんびりほのぼのしたスローライフなゲームで
今の僕にぴったりかも。
あとはやっぱりDSの「ぷよぷよ!」
いったんはじめるとやめられない麻薬的な面白さに注意。

う~ん、大好きなゲームでこんな感じだからこれ以上趣味増やせるのか・・・?

というわけでここで思いついたカテゴリとして・・・

お酒やお菓子について語る。

これどうかな?

なんて事はさておき、今年はどんな年になるでしょう?

まずはゲームのお話し。
①Wiiが欲しい。
やっぱりゼルダですよ!ゼルダがしたいのですよ。
あと「どうぶつの森」もWiiで出るらしいし。
でもやっぱりWiiの注目はバーチャルコンソール。
昔のファミコンソフトやスーファミソフトを
ダウンロードして遊べるのが魅力。
ラインナップもっと増やしてほしいなぁ。
買う頃には「さんまの名探偵」とか「たけしの挑戦状」
とか「中山美穂のときめきハイスクール」とか
「カケフくんのジャンプ天国」とか増えてくれないかなぁ・・・
でも最近こういったタレントもののゲームって少ないよね。
それってやっぱり
neyo.gif


・・・「さんまの名探偵」はおもしろかったぞ。
ギャラクシガニ最高!

②PS3は・・・まぁFFXIII待ちかな。FFもそこまでは興味ないんだけども。
むしろXBOX360に惹かれるかなぁ。
「ブルードラゴン」がなかなかに面白そうだし。

F1のお話し
F1はシュー様引退したので、ちょいと心情的に盛り上がりかける事になってますが、
ドライバーがチームを映ったりして勢力図もかなり変わっており、
今シーズンの予想ははっきり言って出来ません。

①チャンピオンのアロンソはマクラーレンへ。
去年のぐだぐだだったマクラーレンを見るといかにアロンソでも勝てるかどうか・・・
ルノーに比べると、マクラーレンのマシンって信頼性悪いからなぁ。

②シュー様去りしフェラーリにはライコネンが。
シュー様あってのこそのフェラーリに光る才能があるとはいえ
荒削りな部分も多いライコネンが加入してタイトル奪還なるか。
ただライコネンとマッサのチームメイト同士のバトルはちょっと注目。

③チャンピオンチームのルノーはフィジケラ&コヴァライネン。
ミシュランタイヤの撤退により、ブリヂストンにスイッチしての状況で
このドライバーラインナップは微妙と言わざるを得ない。
フィジコは今年正念場だなぁ・・・

あとはHondaのバトンや、スーパーアグリの佐藤琢磨に注目したいところですわ。
日本人としてはね。

それでは相変わらずかなり個人的趣味にこりかたまった当ブログですが、
これからもよろしくお願いします♪


2007年1月1日元旦      takecy



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。