スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽で行こう!

2007/06/23 (土)  カテゴリー/GAME ROOM

え~、いきなりワタクシごとなのですが、

6年間連れ添ってきたツレと別れて、

新しいツレと付き合っていくことになりました。

ともに過ごした時間も長かったので、愛情もひとしおやったのですが、

様々な事情から別れを選択するしかなかったのです・・・(ノ△・。)

決意するまでは非常に、非常に悩んだものです。

別れのその瞬間は泣きそうになったものですよ。

kensin.jpg


それでも・・・それでも私は・・・!!





別れちゃったんですけどね(T△T)

で、紹介しましょう。僕の新しいツレを!

DSC01412.jpg


▼*゚v゚*▼テヘッ

まぁ、大体の人は想像ついたでしょうけど。
新しいツレのR2クンです。
見ての通り?軽自動車ですね。

前のセリカちゃんと比べると、さすがにパワー的に物足りないけど、
キビキビと走るカワイイやつです。



で、人生初めて軽自動車に乗る、という事で、
マイフェイバリットゲームの「グランツーリスモ4」でも
軽に乗り換えていってみようかなぁとね。

今までは勝ち抜くために、
愛車のセリカSSⅡからセリカGT-FOR、インプレッサWRXと乗り換えてきたのですが、
今回軽に乗り換えて、最初のレースからやり直し、
どこまで勝ち抜けるのか挑戦しよう、
なんなら軽で最後まで走りぬいてみよう(長年の経験から絶対無理)
という、軽自動車マンセー企画。

名付けて、

「第一回takeの隠れ家的チキチキ『グランツーリスモ4』

軽はどこまで勝ち抜けるかグランプリ」!!!



しかし、さてさてこのゲーム、
新しい我が愛車、R2クンは登場しません。
ならば同じスバルの軽で挑戦!と言いたいところですが、
スバル車のラインナップで軽はレジェンドカーの
スバル360(てんとう虫の愛称のアレだ)しかなく、
スタート時点では購入する事が叶いませんでした。

なので、今回ゲームの中の愛車に選んだのはコレ。

DSC01423.jpg


マツダのAZ1。
バブル期に登場した軽のスーパーカー。
現実でもこの車欲しかったのですが、
生産台数の少なさから、あまり市場に出回ってない上に
マニアから今も高い人気のために、中古市場でもまだまだ
高値をキープしてて、最新のR2よりも高かったりするんですよねぇ。

なのでゲームの中だけでも夢を見てもいいジャン!と言う事で、
中古で購入!

※グランツーリスモには中古販売店が存在します。

とりあえず、購入したてのなんも手をつけてないどノーマルの状態で
初心者向けの最初のレース、「サンデイカップ」に挑戦!
前に挑戦した時どノーマルのセリカでラクラク楽勝だったレースだ。

ライバルカーはHONDAのCRXや、TOYOTAのヴィッツ、MR2といった
コンパクトカーやライトウエイトのスポーツカーで
いずれも馬力ではAZ1より上の車ばかり。
このゲームでは実際のモータースポーツのように
予選というものがなく、必ず最後尾からのスタートとなるのだが、
パワーの劣るAZ1では佐藤琢磨のようにスタートでぶち抜くという事は出来ず、
ストレートで追いつくことも困難。

なのでここは車の軽さを活かしたブレーキングと、
AZ1というMR車ならではのコーナリング性能のよさ、
コーナリング勝負で挑む事に!

DSC01425.jpg

たとえイン側のスペースが小さくても、
車体の小ささを活かして、インから抜いていきます!

でかいだけのウスノロとは違うんだよっ!

DSC01426.jpg


しかしストレートでは追いつくことができないばかりか
どんどん引き離されていき、

DSC01427.jpg


コーナーで抜いた車にも追いつかれる始末。

やはり馬力不足からくる、トップスピードのなさは痛い。
シケイン・ヘアピンなどのコーナリングでライバル車との差を縮めるものの


DSC01424.jpg


結果2位!

いっちょん最初のレースのいっちょん最初のコースで
この結果は厳しい!
いかに軽のスポーツカーと言えども、軽は軽か・・・
100psもない馬力では勝てないのか・・・。

ここで勝つためのチューニングを施す事に。
あまり金がないのでフルチューンは不可能なので、
ターボエンジンを一段階アップし、エアクリーナーをスポーツタイプに交換。
マフラーを交換し排気量をアップ、チューンドROMも装着する。
そしてこのAZ1唯一の武器とも言えるコーナリング性能を活かすために、
タイヤをノーマルタイヤからスポーツタイヤに履き替え、再度同じレースに挑戦!


結果・・・


DSC01429.jpg


写真がなんかゆがんじゃいるが、並み居る高馬力車(笑)を抑えて1位をゲッツ!

DSC01430.jpg

それでもコーナリングでしか抜けませんでしたがっ!


しかし、最初のレースでこの体たらくとは、
この企画、あまり長続きしないかもな・・・

スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

F1アメリカGP ちょいと遅れのすーだられびゅー!

2007/06/18 (月)  カテゴリー/F1観戦記

昨日のF1アメリカGP。
深夜2時の生放送。
先週のカナダに続いて早めに寝て、
2時に起きて観戦!と意気込んでいたのですが・・・




・・・なぜに僕は5時に目を覚ましてますか?




なので今回は録画観戦。
いつもよりちょっと遅い、すーだられびゅー行っちゃいます。


ポールポジションは前戦に続いて
マクラーレンのルイス・ハミルトン。
続いてフェルナンド・アロンソと、
マクラーレンチームの調子の良さが見てとれます。
前回初優勝した、脅威の新人ハミルトンがまた魅せてくれるのでしょうか?
3位にフィリッペ・マッサ、4位にキミ・ライコネンの
フェラーリコンビ。
ここのとこマクラーレン勢の後塵を拝していますけど、
そろそろ赤い跳ね馬たちの逆襲は見られるでしょうか?

カナダで王者アロンソを奇跡のオーバーテイクで下した
佐藤琢磨は予選で苦しんで18位に沈んでしまってます。
今回もまた波乱があるのでしょうか?

空は青く、気温も高そうで、タイヤには優しくなさそうですが、
もともとインディで使用されるオーバルコース、
インディアナポリス・レーシングコース。
オーバーテイクもあちこちで見られるかもしれません。

いよいよフォーメーションラップがスタート!
まずは各車無難に走り出しまして、
各車タイヤやブレーキの温度を温めている段階。
周回を終えて、各車スターティング・グリッドに並びました。

シグナル・オール・レッド。

ブラックアウト!

ハミルトン好スタート!アロンソもまずまずのスタートで
ハミルトンを射しにかかるが、ここはハミルトンが抜かせない!
3位マッサも無難にスタートした一方で、ライコネンがスタートで失敗。
順位を落として6番手。
ライコネン、どうにもスランプ続きだなぁ。。。
開幕戦のあの輝きはどうなったのかしら。

その他ではトヨタのラルフ・シューマッハーがレースを終え、
ルノーのフィジケラがコースアウト。
レッドブルのクルサード、ホンダのバリチェロが
一週目でピットインするなど、いきなりの波乱模様。
デビクルは、マシンを降りたみたい。
あぁ、ホンダのバリもマシンを降りてる・・・
リプレイによると、スタート直後の後方の方で多重トラブルがあったみたいで、
その影響っぽいな・・・
琢磨が巻き込まれなかっただけでもよしとしますか。

このアメリカGPの舞台、インディアナポリスは
もともと抜いてナンボのインディやCARTで使われている
オーバルコース(運動場のトラックのようなぐるぐるまわりのコース)
を若干F1用に改修したコースで、コース幅が広いし、
ホームストレートが長いので、
抜きつ抜かれつがあまりないと言われるF1でも
結構オーバーテイクシーンを見る事が出来るコース。

まずは我らが佐藤琢磨が14番手のスパイカーのスコット・スピードをパス!
そして、その後方ではホンダのバトンと、ルノーのフィジケラが
サイドバイサイドの接近戦!手に汗握るドッグファイトを魅せてくれます!

最終コーナーまでの、インフィールドではバトンも踏ん張りましたが、
エンジンパワーに勝るルノーがホームストレートで
オーバーテイク!

ってその一方で琢磨にペナルティの表示が!
イエローフラッグ中のオーバーテイクがその理由らしいけど・・・



あっ!!ああぁあ~!!


琢磨がコースアウトしてる!!
前の車を抜こうとして被せたところをスピンしてしまったみたい・・・

虚しく空回りするタイヤ・・・

琢磨、リタイヤしちゃいました・・・

生で見てたのなら、ここで寝てたかも・・・

奇跡は続かないにしろ、最後まで走りを見たかったなぁ。

残り55週、ライコネンは前を行くルノーの
ヘイキ・コバライネンに押さえ込まれちゃってます。
厳しいなぁ、ライコネン。

一方でマクラーレンの2台はお互いが交互にファステストラップを更新しながら
後方を突き放していってます。

残り52週目でピットが動き出しました!
マクラーレン、ハミルトン
フェラーリ、マッサが同時にピットイン!
無難にピットアウト!

次の週でアロンソがピットイン!
ピットアウト時のハミルトンとの位置関係が気になりますが・・・
ハミルトンの後ろでピットアウトしたようです。

まだピットインしてない車もいますが、
上位は特に変動なく、といったところみたいです。

今回のレースは後方でフィジケラが魅せてくれます!
まぁ最初の方でコースアウトしちゃったために
本来いるべき位置ではないのでしょうけど、
サイドバイサイドのバトルから、ホームストレートでオーバーテイク!

一方でホンダのバトンがトロロッソのマシンに追いかけられてる!
ホンダ~、どうも挽回できないなぁ。
トロロッソのマシンに追いかけられるなんて!

1位ハミルトンと2位アロンソの差がかなり縮まってきました!
王者アロンソの意地が爆発か。
意に介さぬ脅威の新人ハミルトンが逃げきるか!
しかし赤と銀の戦いにはじまった今年のF1グランプリ。
マクラーレンのチームメイト同士の戦いになっちゃったな・・・
かつてのセナプロ時代の再現になっちゃうのでしょうか?

画面変わってまたまたホンダのバトン。
今度はウイリアムズのアレクサンダー・ブルツを追いかけてます!
これこれ!ホンダにはもっとこういう見せ場を作ってもらわないと!
でも、ストレート・スピードが伸びないんだよなぁ・・・

38週目のホームストレート!
アロンソがハミルトンのスリップストレートに入っての
オーバーテイク!
しかしここはブレーキング勝負でハミルトンが抑えきる!

いやぁ、やっぱり凄いなぁ、ハミルトン。
王者アロンソに対して決して臆することもない、
まさに次代の王者の貫禄あり!
今年ひょっとしたらひょっとするかもしれませんなぁ

残り30週、久しぶりに映る3位マッサ、4位ライコネン。
このGP、完全にフェラーリは脇役に・・・
好調マクラーレンに対して、逆襲の可能性はあるのだろうか?

残り23週、アロンソが2回目のピットストップ!
このピットでルーキーに対しての逆転となるか!?
次の周回でハミルトンもピットイン!
ピットアウト後の両者の位置関係は・・・
ハミルトンが前だ!
ここも新人ハミルトンが制した!
残りはコース上のバトルという事になります!

もはやこのレース、あとの注目は
マクラーレン同士の1位2位争いと、
その後方で行われている
フェラーリ同士の3位4位争いに絞られてきたようです。

ハミルトンは素直に凄いとは思うけど、
フェラーリファンとしてはちょっと複雑・・・

残り12週目でトヨタのトゥルーリと、レッドブルのウエーバーが
サイドバイサイドのバトル!
トヨタはホームストレートでスピードが伸びず、
第一コーナーでパス!とは行かない!
ウエーバーが勢い余ってコースアウト!
バトルはまだ終わらない!トヨタのトゥルーリには
ここは踏ん張ってもらいたい。

残り9週でマッサとライコネンがテールトゥノーズの激しいバトル!
ライコネンがここで意地を魅せてくれるか!?

ずっと後方ではスーパーアグリのアンソニー・デビッドソンが
本家ホンダのバトンをオーバーテイクでかわしていく!
これが琢磨だったなら・・・
それにホンダは一体どうなっちゃったんでしょうか・・・
エンジンは同じはずなんだけどなぁ。

そんな中、6位を走っていたウイリアムズのニコ・ロズベルグのエンジンから
火を吹いて、コース脇にマシンを止めた!
今回も荒れてるGP、琢磨がコース上に残っていたなら・・・

上位の順位はそのまま、ファイナルラップへ突入!
最後の周回、特に問題なく、チェッカーフラッグを受けたのは
ルイス・ハミルトン!2連勝!
王者アロンソの追撃を抑えきりました!

いやぁ、すごいなハミルトン。
今回の勝利で、シーズンランキング1位、
アロンソとのポイント差はなんと10点!
今年デビューの新人が、ひょっとしたらワールドチャンピオンなんて事も?

ハミルトンの活躍には要注目だけど、
フェラーリの逆襲も期待したい!

んだけど、そろそろ厳しい状況になってきましたよ!
フェラーリというか、ライコネンに精彩が感じられないんですよねぇ。
まぁなにがあるのかわからないF1GP。
まだまだ中盤を過ぎたところです!

で、アナウンサーやら解説の右京サンが、
しきりにアロンソとハミルトンのチーム内対立を気にしてるのですが
この辺どうなんでしょうね?
まぁ、マクラーレンはセナとプロストという
とびっきりの前科があるからなぁ・・・

で、すっかり忘れてましたが、トヨタのトゥルーリが
ウェーバーの追撃を抑えきって6位入賞したみたいです。

琢磨のリタイヤは残念でしたが・・。
次のGPでまた奇跡を魅せてくれる事を期待しましょう!

ってペナルティ受けないままリタイヤしちゃったもんだから、
次戦で予選10グリッド降格処分やそうです。
厳しい~~。

次回は7月1日、フランス、マニクール。
いつもどおり(?)11時50分放送です!


生中継でのインタビューシーン。
同時通訳の人ってすごいね・・・。
時々日本語になってないけど。






テーマ : F1GP 2007 - ジャンル : 車・バイク

「ゼルダの伝説」

2007/06/15 (金)  カテゴリー/GAME ROOM

僕が好きなゲームにゼルダの伝説があります。
いわゆるアクションRPGなのですが、
謎解きとアクションのバランスが非常によく出来ているんですよね。
新しいアイテムを得ると足を運べるフィールドが広がるという絶妙のバランス。
パズル要素の満載なダンジョン。
力押しではなかなか勝てないモンスター達。

ついでになんだかちょっぴりイっちゃってる、
変だけど、憎めないキャラクター達。

ゲーム全編を構成する世界観も剣と魔法の世界なのに
他のファンタジー作品とは一線を画しており
独特の“ハイラル”の世界を築き上げています。

ゼルダと初めて出会ったのは、ファミコンのディスクシステムで出た一作目。
まだドラクエもFFもない、RPGという単語の意味もわからなかった頃、
ディスクシステムの第一弾として登場したこのソフト、
それまでのカートリッジのソフトでは聞く事の出来なかった
(当時としては)抜群に美しい音色に度肝を抜かれたものです。

ディスクシステム第2弾の「リンクの冒険」は
ゼルダシリーズ唯一の横スクロールアクション。
当時流行っていたパソコンの「ソーサリアン」「ザナドゥ」あたりに
影響を受けたのでしょうか?
難易度が高く、前作とは全然違ったゲーム性で
購入した当時はその面白さが今ひとつわからなかったものですが、
ゲームボーイアドバンスのファミコンミニでやってみたとき、
その面白さがようやくわかりました。
横視点になっても、ゼルダはゼルダだったのです。

この2作は、Wiiのバーチャルコンソールでもダウンロードできるはずです。


amazonではリンクの冒険しか在庫残ってないようです。

そしてスーパーファミコンで発売された「神々のトライフォース」
これははっきり言って2Dゼルダの最高傑作です!
これまたWiiでダウンロードできますので未プレイの人はぜひ。

でも携帯ゲームでお手軽に遊ぶのもオススメなので、
こちらを購入してDSやアドバンスで遊ぶのもよいですぞ。


物語の点に注目するならこれ。「夢を見る島」
今となっては、DSやゲームボーイミクロでは遊べない、
昔のゲームボーイソフトだけど、切ないラストに涙が出ます。
Wiiで配信とか、DSでリメイクとか、もう一度スポットを浴びて欲しいソフトです。


ゼルダシリーズの現時点での最高傑作は間違いなく「時のオカリナ」
最新作「トワイライトプリンセス」と比べると、さすがに拙いグラフィックですが、
風の息吹すら感じさせるハイラルの3Dフィールドに
当時は鳥肌がたったものです。
パズル性、アクション性、物語、世界観、どれをとっても一級品。
Wiiでもう一度リメイクしてほしいけど、
バーチャルコンソールであの頃のままのソフトで楽しんでもいいかもですね。


ゲームキューブで出た「風のタクト」はシリーズ最大の鬼っ子。
いやゲームとしてはよく出来てるし、今までのシリーズと一線を画した
アニメ調のグラフィックも、キャラのアニメーションもよく動き、
キューブで発売されたゲームの中では一番のグラフィックだと思います。
アクションやパズル性も従来どおりなのですが・・・

ゲームを進めるために必要なトライフォースの欠片集めが少々作業的で。

ゼルダの伝説には絶対しなければいけない作業は入れてほしくないんですよねぇ。

あれがなければいいゲームなのですけど。


で、6月27日発売予定のシリーズ最新作「夢幻の砂時計」
グラフィックは「風のタクト」系のネコ目リンクを継承しています。
さすがに「風のタクト」の欠点は解消されているでしょうが、
今回の注目点にして、最大の不安点は、
今回のゼルダはボタン操作を一切行わない
タッチペン操作オンリーだという事。
ブーメランやフックショット、回転斬りなど、
レスポンスのいいボタン操作によるアクションが
ゼルダの魅力やったと思うのですが。
DSのタッチペン操作のアクションゲームはいくつかプレイしましたが、
必ずしも全てが快適操作だったわけやなくて、
むしろわずらわしい!と思ったゲームもあったりしたわけで。
そこはゼルダなので、新感覚の快適なタッチペンアクションを
提供してくれると信じちゃおりますが、
ボタン操作との選択式にしてくれてもよかったと思うのですけども。
まぁ実際のゲームに触れるまで期待しながら待つとしますか。


ちなみに「トワイライトプリンセス」のレビューがないのは、
もちろん未プレイだから!

Wiiを持ってないんだよっ!
(Wiiを購入したらやるつもりなので、GC版も未購入)

テーマ : ゼルダの伝説シリーズ - ジャンル : ゲーム

F1カナダGPすーだられびゅー!

2007/06/11 (月)  カテゴリー/F1観戦記

只今深夜2時。
皆さんおはようございます!



・・・眠い・・・寝たりない・・・。

しかし遅い時間の放映の分、今日は地上波も生放送だ!


今回のF1カナダGP、当ブログでもずっと注目してきた
マクラーレンの脅威の新人、ルイス・ハミルトンがついにポールポジションをゲット!
2位に王者アロンソ。いつもなら続いてフェラーリが入るのだけれど、
遂にここでBMWニック・ハイドフェルドが割って入ってきている。
フェラーリのライコネンは4位、マッサが5位。
ちょっとマクラーレンに遅れを取ってきている気がする。
琢磨は予選11番手と好位置につけてきた。

カナダ・モントリオールは晴天で気温も高い。
フォーメーション・ラップがスタート!

結果が知りたい人は以下へ・・・
↓↓↓

続きを読む

テーマ : F1GP 2007 - ジャンル : 車・バイク

「フロントミッション ファースト」②

2007/06/09 (土)  カテゴリー/DS LIFE

ニンテンドーDS「フロントミッション ファースト」
只今熱烈プレイ中。
と言っても時間がないのであんまり進んでないのだけど。
以前の記事でも書きましたが、このDS版「ファースト」は
スーパーファミコン版ではなく、
プレイステーション版の移植となっております。

スーパーファミコン版の敵側だったUSNサイドのストーリーも
楽しめるのがこの「ファースト」の特長。
本編(?)であるOCN編はスーパーファミコンでクリアしており、
忘れてるシーンも多い中ででもやってるうちに
「ああ、懐かしいなぁ」と思いながら楽しめるものの、
ストーリー進行は覚えてるし、結末もわかっているので新鮮味はない。
再放送のドラマや、何度も見た映画を見ている感覚。

対して「ファースト」オリジナルであるUSN編は
まったくの新シナリオなので新鮮に楽しむ事が出来る。

OCN編をクリアした人を対象にしているらしく、
難易度が結構高く、序盤から結構ゲームオーバー率が高い高い。
闘技場でチマチマ戦いながらチマチマレベルを上げてるのですが、
どうにも敵が強いし、賢いし。

しかし、ステージ途中でCGムービーが入った時は正直驚いた。
いやぁ、凄いなニンテンドーDS!

主人公のケビンは人情味に暑く、仲間思いの小隊長。
ガンダム08小隊のシロー隊長を思い起こさせてくれる。

とある将校の息子で、エリートだったのだが、
作戦中、仲間の命を優先して作戦を遅らせてしまったため、
物語の舞台、ハフマン島へ左遷されてしまう。

そこで配属されたのが謎につつまれた機関「ニルバーナ」
そう!OCN編での最後の敵にあたったあの機関だ。
photo_2.gif

上官はもちろんあのドリスコルさま。

味方サイドから見ても悪辣ぶりは健在だ。

しかしここでもひとりのスパイの命を優先し、
部隊を危険にさらしてまでOCN部隊と交戦したために
ニルバーナ機関をすぐに離れる事に。

もっと、ドリスコルさまと一緒にいたかった・・・・゚・(ノД`;)・゚・


しかし、その次の作戦から行動をともにするのが

USN陸軍戦車師団特機中隊前線都市防衛部隊特殊小隊第64機動戦隊

通称 地獄の壁

Grieg.gif


グリーグ隊長率いる、USN最強(最凶)と言われるヴァンツァー部隊。

そう!OCN編で散々キャニオンクロウを苦しませてくれた、
あの地獄の壁とともに戦えるのである!


ギザ燃ユルス!!


まぁステージ上では操作出来るが、
ミッション画面でセットアップ等は出来ない。

スパロボでスポット参戦するハマーン様みたいなものだ。

それでもあの地獄の壁を使って戦うのは感動ものなのだが・・・




すいません、地獄の壁、めっちゃ弱いんですけど!

壁にすらなりません!
フリーダム市攻略ステージでは
闘技場でチマチマレベルアップさせた我が部隊の方が
壁になっているありさま。
武装も貧弱だから、削り役としてもあまり期待出来ない。

OCN編ではあんなに苦戦したのに・・・

しかも、グリーグ隊長が撃破するとゲームオーバーになるオマケ付

img00000_1.jpg



まるで、敵として登場した時はめちゃめちゃ強かったのに
味方になった途端、カマセ犬以外のなにものでもない存在になる
少年漫画の敵キャラみたいだ。



_35.gif


この人や

awawa.jpg


この超人さんのように。


そういえば赤い彗星のあの人もZで仲間になったときは・・・。



そんなサプライズに一喜一憂しながら、
チマチマチマチマプレイ中のこのゲーム。

USN編での敵の強さにうんざりしたときは
サクサク遊べるOUN編で遊ぶという楽しみ方も出来ます。





・・・クリアできるのはいつの日か・・・

関連記事:「フロントミッション ファースト」

テーマ : フロントミッション ファースト - ジャンル : ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。