スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト」

2007/08/30 (木)  カテゴリー/ファイナルファンタジー

先日は約6年ぶりに観測されたという皆既月食。
皆さんのところでは見れましたか?

地球と月と太陽が一直線に重なる事で起きると言われるこの現象。
完全に月と太陽が重なった時には、夜空に紅い月が姿を現します。
DSC01756.jpg


ブレてますがなにか?w
で、本題。
紅い月と蒼いクリスタルを巡る双子の姉弟の物語。
「ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト」
とりあえずプロローグとも言える幼年期までクリアしたとこです。
これから成長した姉弟が旅に出るトコからはじまります。

ゲームについては前回書いた日記のとおり。
前回の日記
とにかくレスポンスのいいアクションRPGで、
我輩、非常に楽しんでいるでアリマス!

そして物語なのですが、これまた切なくて非常にイイ。
僕好みでツボに入りまくりです。

ちょっとネタバレあるので続きはこちら。
↓↓↓

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : FFCCリング・オブ・フェイト - ジャンル : ゲーム

F1トルコGP すーだられびゅー!

2007/08/27 (月)  カテゴリー/F1観戦記

3週間ぶりのF1グランプリ!

なんだか長いことF1見てなかった気がします。
トルコでの開催って2回目だっけ?
ヨーロッパの伝統モータースポーツが
どんどんアジア色に染まっていって、そのうち
半分以上がアジアでの開催になったりしてね。

そんなトルコGPの予選の結果、
ポールポジションはフェラーリのフィリペ・マッサ。
最近ライコネンの復活やマクラーレンドライバーズの確執が
話題になりがちで、めっきり影が薄くなってしまいましたが、
ここで1発がつんとマクラーレンに一矢報いてほしいものです。

2番手にポイントリーダー、ルイス・ハミルトン
3番手にもはや後がないキミ・ライコネン
4番手に今や渦中の人、フェルナンド・アロンソと、
いつもの赤と銀のカルテット。
マクラーレンの2台は今回はどんなドラマを魅せてくれるのでしょうか?
このお家騒動がひょっとしたらまたフェラーリにチャンスを
もたらしてくれるかもしれません。
正直今やハミルトンとライコネンのポイント差は20ポイント。
フェラーリチーム内にももはやドライバーズタイトルは難しいとの
声もあがっていますが、マクラーレンが2回リタイアして、
ライコネンが2連勝するような奇跡が起これば、まだ可能性はあります!
まぁ、今年のマクラーレンはめちゃめちゃ信頼性高いから、
かなり望み薄なのはわかっちゃいるんですけどね・・・

財政状態の危機のため、売却が噂される我らが佐藤琢磨は19番手。
ここから追い上げて、ネガティブな話題を吹き飛ばしてほしいもんです。
(TOYOTA移籍の噂はホント?)

もはや残り6戦、クライマックスも近い2007F1GP、
トルコGPのスタートです!

↓↓↓
続きを見たいアナタはこちらへどうぞ!

続きを読む

テーマ : F1GP 2007 - ジャンル : 車・バイク

「ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト」(長っ!)を買った。

2007/08/26 (日)  カテゴリー/ファイナルファンタジー

週末、某ヨ○バシカメラに行って、
悩んだあげく、DSの
「ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル リングオブフェイト」を買ってきた。

DSC01723.jpg


この「ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル」は
FFの名を冠しているものの、FFの世界観を継承した、
多人数プレイで楽しむ事を目的としたアクションRPGで、
本来のナンバリングFFシリーズとは趣を異にしている。
(と言ってもFFシリーズは毎回システムを変えているのだが)

前作はゲームキューブで発売されていて、
とても幻想的で美しいグラフィックが特長だったが、
一人用のモードは特に大きなシナリオというものがなく、
イベントをたんたんとこなしていくもので、
FFの名前がついている割に盛り上がりにかけるものだった。

それはこのキューブ版「FFCC」がマルチプレイに重点を置いていたためで、
売り文句も「みんなで遊べるファイナルファンタジー」だった。
しかし、そのためにはゲームキューブと「FFCC」のソフトの他に、
人数分のゲームボーイアドバンスと、接続ケーブルが必要で、
最大4人でプレイできるという売り文句も
集めた3人の友達がゲームボーイアドバンスを持っている事と、
3人分の接続ケーブルが必要という(一本は「FFCC」ソフトに同梱)
非常に敷居の高いもので、テレビのCMでやっていた、
4人で集まって「せーのっ、ファイガー!!!!」なんて遊べるには
よほど周囲の環境が整ってないと、出来るもんではなかったわけで、
僕も2人以上でこのマルチプレイを楽しんだ事はなく、
一人プレイも「グラフィックが綺麗だった」ぐらいで、
楽しんだ記憶があまりなく、すぐに売ってしまったような気がする。

そんな前作の記憶があったので、購入するまでなかなか悩んだのだが、
今回のDS版である「リング・オブ・フェイト」は
一人用のストーリーモードに重点を置いて作られているようだ。


+++ Story +++

邪なる紅い月に照らされたその星は

聖なる蒼いクリスタルによって護られていた


そんな星に生まれた

2人で1つの力を分け合った双子たち


双子たちの幸福な運命は

紅い月の光にゆがめられていく


すべての運命は、クリスタルに刻まれる・・・




店頭でのデモを見ていても、なんだかよさげな
バックストーリーが流れていたので思い切って買っちゃいましたよ!

DSの電源を入れて流れ出すのは美麗かつ幻想的なCGムービー!
ロムカートリッジのDSでこんなムービー見られるなんて!
ってのはもう言い飽きたし、当たり前になっちゃいましたね。
で、スタートボタンを押してはじめると、
ボイス付のイベントで幕を開けます。
CD-ROMの「FFⅦ」~「FFⅨ」でもボイスなかったのに
技術の進歩ってすげえ!
そのうちDSのスパロボも戦闘シーンフルボイスになるかもね!
いや、なって欲しいなぁ。
話はそれたけど、さすがにゲーム中ずっとフルボイスというわけではないけど、
要所要所のイベントシーンではボイス付になるみたい。

これは電車の中や、カフェでコーヒー飲みながらのプレイはしにくそうだなぁ。

ヘッドホン必須のゲームになりそうですな。

ゲーム本編は「ゼルダの伝説」に代表される、ボタンを駆使しての
飛ぶ、持ち上げる、斬る、押す引くのアクションRPGなのですが、

あえて言おう!よく出来ているであると!

これは当たりのゲームと言えますな。
ひとつひとつのレスポンスが軽快で、アクションゲームとして
とても楽しめるレベルに仕上がっています。
3Dフィールドを活用したダンジョンのギミックも秀逸で、
いいテンポでゲームを楽しむ事ができ、おかげで昨日は一晩中遊んでいました。

シナリオもまだまだ序盤ですが、まずは主人公の双子の幼年期からはじまり、
壮大な物語へのプロローグと言った感じで、これから進めていくのが
楽しみです。やっぱりシナリオ重視のRPGはつかみがうまくないと!

ゲーム的な難点を言えば、3Dグラフィックのため、
建物の影に入るとキャラが見えなくなって操作しづらくなるぐらいかなぁ。


そして!もうひとつの目玉であるはずのマルチプレイモードなのですが、
せっかくのDSなのにWi-Fiに対応しておらず、
DSとソフトを持ち寄ってのワイヤレス通信にしか対応してないのが痛い。
Wi-Fiのネット対応なら平日の夜でもマルチプレイ楽しめるのになぁ。。。
近作もGC版と同様最大4人まで集まって「せーのっ、ファイガー!!!!」
なんてするにはDS持ってる友達を3人集めて、
更に一人一人がこのゲームを購入しなければならない・・・


ヲイヲイ!GC版より敷居高くないかい!?

誰か友達騙して説得して買わせるかなぁ・・・


ともに遊んでくれる人キボンヌw爆


イメージソングはaikoの「星のない世界」
実際にゲームの内容を見て、作詞作曲したそうです。
aikoも実際このゲームで遊んでいるんだとか。
いやぁ、aikoたんと一緒のゲームしてるなんて嬉しいなぁ。

aikoたん、一緒にマルチプレイしてください▼*゚v゚*▼テヘッ


テーマ : FFCCリング・オブ・フェイト - ジャンル : ゲーム

「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー」クリアしますた!

2007/08/21 (火)  カテゴリー/ドラゴンクエスト

なんだか異常なくらいに暑い日が続いていますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

僕は仕事仕事の毎日でなかなかゲームするヒマもないのですが、
このたびようやくDSの「ドラゴンクエストモンスターズ・ジョーカー」をクリアしました!
仕事仕事なのにどうやってクリアまで持っていったって?
そりゃあ旦那、簡単ですがな。

レッツお風呂でプレイ!

体半分出して小一時間ほどDSで遊んでいれば、
それはそれはいい感じの半身浴にもなっちゃったりするわけです。


もちろんDSを落とさないように細心の注意を払ってねテヘヘッ(*゚ー゚)>

で、今回のジョーカー、一通りのシナリオをクリアして
エンディングを見たわけですが、
これで終わりというわけではないようです。
ちなみにラスボスを倒した時のメンバーは、

キングスペーディオ(ランク不明。ストーリー上必ず仲間になるモンスター)
シドー(ランクS。唯一作成できたランクSモンスター。ドラクエⅡのボスキャラだったはず)
なげきのぼうれい(ランクA。回復専門)

ランクAのキャラはあらかた誕生させたのだが、
ランクSはシドーしか作れなかった。
なんでもまだまだゾーマやらミルドラースといった歴代ドラクエボスキャラも
作成できるのだそうですが、作れるようになるにはなにか条件があるのかな?

ストーリーは育てたモンスターを競わせるバトルGPを勝ち抜きながら
魔界の穴を巡る争いにも巻き込まれていくというもので、
ぶっちゃけま、ついつい忘れてしまうほどオマケのようなものだったのですが、
それもラスボスをクリアし、エンディングを見たあと、
もう一度立ち上げると、まだまだゲームは終わらないようです。
シナリオ上では条件付だったバトルGPにいつでも参戦できるようになるようで
(それでもある2つの条件をクリアしなければならないようですが)
そのGPのレベルは更に上がって、それこそランクS以上のモンスターを作成し、
育てていかなければならないようです。

今までのシナリオが「暗黒武術会」なら、

これからは「魔界最強トーナメント」といったとこでしょうか?


「仙水編」はまぁ、ラストダンジョンの魔界の穴を巡る戦いというとこで。

しかし、相変わらず手持ちのモンスターでは、
ランクSのモンスター作れません!
やっぱりなにか条件必要なの!?

教えてエライ人!!




しかし、エンディングを見てしまうと
次のゲームへ行きたくなるのが僕の性。
そろそろ大好きなシリーズ最新作である「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」を
買いたいところだが、今週発売の
「ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル リング オブ フェイト」
も気になるとこである。
まぁ前々から言ってて未だ購入していない「FFⅢ」も
そろそろ遊びたいんですけどねw

テーマ : ドラゴンクエスト - ジャンル : ゲーム

F1ハンガリーGPすーだられびゅー!

2007/08/06 (月)  カテゴリー/F1観戦記

予選でひと波乱あったマクラーレンチーム。
フェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンの
ポールを巡る争い。
アロンソのピット作業がハミルトンの最後のアタックを邪魔した事になるとして、
ポールを獲得したアロンソの6グリッド降格を命じる裁定が下され、
それに対しアロンソ及びマクラーレンチームは
不服申し立てを行っていたのですが、
それは覆らず、ポールはルイス・ハミルトン。
そしてマクラーレンチームに下されたペナルティは
今回ハミルトンとアロンソの二人が何ポイントとろうが、
コンストラクターズポイントは無効という裁定までくだされた!

話によるとこれはアロンソ重視のマクラーレンチームの作戦やった
ようですが、それをハミルトンが無視した、ということらしいです。
ハミルトンとしても今のポイントリーダーは俺、
たとえ王者と言えど。アロンソのかませ犬になるつもりはない!
という意思表示なのでしょうか?

セナプロ時代のマクラーレンを思い起こさせる最近の
ハミルトンとアロンソのパワーバランス。
ロン・デニスはチーム内が緊張状態にあることまで暴露してしまった!
一方のフェラーリの2人はBMWの後塵を配してしまい、
レースでの逆襲に期待したいところ。

琢磨は予選Q3で19位に沈み、こちらも本戦での活躍に期待、
また久々復活の日本人ドライバー、山本左近の走りにも注目。

ハンガリーGP、いよいよ開幕です!

結果を知りたい人は以下へGo!
↓↓↓

続きを読む

テーマ : F1GP 2007 - ジャンル : 車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。