スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1モナコGPすーだられびゅー!

2008/05/25 (日)  カテゴリー/F1観戦記

久々のすーだられびゅー書きます!
仕事のごたごたがあったり
体調不良でダウンしてたりと
なかなかまともにF1すら見る事が出来なかった僕ですが
モナコGPだけは外せないでしょう。
モナコGPだけは!

伝統のモナコGP、ポールポジションを獲得したのは
フェラーリのフィリペ・マッサでした。
このところ昇り調子のマッサくん。
どうにも噂では(あくまで噂)
来期はフェラーリがアロンソと契約して
マッサは放出されるんじゃないかとか言われてますけど
ここでこの薄い存在感を強烈にアピールして
フェラーリにマッサありというところを見せて欲しいもんです。

2位には同じくフェラーリのキミ・ライコネン。
マッサについてああ書きましたが
どっちかといえばライコネン派のこの僕なのでして
スタートダッシュでライコネンをかわして
モナコを制して欲しいものです。
狭いモナコの市街地サーキット、
2台で絡むみたいな事はやめてね。

3位にはマクラーレンのルイス・ハミルトン。
脅威の新人と謳われた昨シーズンに比べ
どうにも存在感が薄い今シーズン。
フェラーリに一矢報いる事が出来るでしょうか?

以下コバライネン、クビサ、ロズベルグ、アロンソ・・・
と続きスーパーアグリ去りし後の唯一の日本人ドライバーとなった
中嶋一貴は13番手からのスタートとなります。

以下は決勝レースのなんちゃってリアルタイムレビュー。
結果を知りたい人、知ってもいい人は以下へGO!
↓↓↓

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2008 - ジャンル : 車・バイク

映画「あの空をおぼえてる」を見てきました

2008/05/10 (土)  カテゴリー/映画日和

前にもまして更新が不定期な日々。

パソコンが不調などの理由があるのですけど
正直言いまして、

「モンスターハンターポータブル2ndG」が面白すぎるんです。

やめられないんです。
ブログ書いてるヒマないんです(ヲイ)



でもGW中に見た映画の事を忘れないうちに書いておかないと。
今回の映画はほんとにオススメですから!

あの空を


今回の映画は「あの空をおぼえてる」です。

もともとはジャネット・リー原作の海外の小説を
舞台を日本の設定にして映画化したのがこの作品。



いやぁ・・・泣けます。

ここ近年で一番泣けた映画かも。

子供を死なせる映画は卑怯ですよ~・゚・(ノД`;)・゚・



もうこの映像見るだけで涙が出てきます・゚・(ノД`;)・゚・


ちょいとネタバレあるかもしれないんで
続きは以下で。

続きを読む

テーマ : 映画を見て、思ったこと - ジャンル : 映画

映画「クローバーフィールド」を観てきました。

2008/05/07 (水)  カテゴリー/映画日和

今年のGWいかがお過ごしだったでしょうか?
僕はゆえあってGWが終わった今でも連休が続いております。
僕はGW中はなんだかゲームしたり映画みたりと
ダメダメ人間まっしぐらでしたわ。

え?スペインGPのすーだられびゅーはどうしたって?

パソコンがフリーズして全部飛んじゃったんだよぉぉぉぉぉ!!

ついでに今日スーパーアグリ撤退のニュースなんて飛び込んできたもので・・・。

今F1のこと書くと泣いちゃいそうなんで、後日また書くことにします。

で、今回は先日見てきた映画の事書くわけなんですが、
まず見てきたのは話題のアレですよ。

「クローバーフィールド」

くろーばー


多分今年のお正月くらいだったかな。
新聞広告かなんかでこの首無しの自由の女神の
写真見た時にこれはぜひみてぇ!と思ったわけなんですよ。

で、見た完走と言えば、いろんなとこで言われてると思いますがぶっちゃけ

「ゴジラ」+「ブレアウィッチプロジェクト」



大都市を怪獣が遅い、パニックに陥る人々



そのさまをある市民が撮影したホームビデオの映像を流す
ドキュメンタリータッチの映画となっています。

ブレアウィッチ同様そこには物語も筋立てもなく
未知の恐怖に怯える様が描かれており
「緊迫感」「恐怖」を演出するには一番の手法なのかも。

ただこれまたブレアウィッチ同様まさに記録映像を流すだけなので
そこに「謎解き」や「爽快感」は存在せず
ドキドキさせられるだけさせられたあと
あとは放り出されるだけなのでスッキリはしないかも。

遊園地のアトラクションで遊ぶような感覚を楽しむ、
そんな映画でしょうか。

しかしなぁ、かえすがえすも思うのは
なぜ日本でこの映画が企画されなかったのかと思う点。
日本にはゴジラやガメラといった素材が豊富なのに
行き着くところは怪獣プロレスなんだもんなぁ。


ここまで来れば笑えて面白いんだけど。

一度原点に戻ってゴジラという未知の怪獣が日本に上陸
なすすべもなくにげまどう人々の姿を描く
パニック映画を作ってもいいと思うんだよ。

この「クローバーフィールド」を見てやられたなーって思いました。
モンスターの姿を見るまではついにゴジラがアメリカに上陸した!って。

え?ゴジラは既にアメリカに上陸してるですと?


こんなイグアナの化け物、ゴジラだなんて
お父さん断じて認めません!

ただ今回の怪獣も最後までその姿を現さないのですが
(というか主人公たちのビデオ目線なので捉えられない)
映画のクライマックスにその全容を観る事が出来たときに
思った事は、

別に見えないままの方がよかったかも・・・

どうして向こうの怪獣やモンスターは
ああもグロくなっちゃうんだろうか?
国民性の違いなのかなぁ。

ちなみにブレアウィッチとまたまた同様、
この映画もすごく酔います。
ポップコーンをつまみながらの観賞は止したほうがいいかも。
乗り物酔いする人は酔い止めを忘れずに。

僕は吐きそうになりました。

なのに映画観た後に食べたのってもんじゃ焼き・・・

テーマ : 映画を見て、思ったこと - ジャンル : 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。