スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待の新作、「世界樹の迷宮」

2007/01/04 (木)  カテゴリー/GAME ROOM

緑に囲まれた肥沃な大地…。
とある地方にエトリアという名の小さな街があった。
何の変哲もないその小さな街はある年の発見を境に
大陸で最も有名な都市となる。
「世界樹の迷宮」エトリアの街外れで発見された巨大な大地の裂け目。
地の底まで続こうかという深淵を思わす巨大な地下樹海の迷宮…。
━━━そこには、全てがあった。
名も知らぬ草花が不可思議な果実をつけ
見たこともない獣たちが徘徊するその森には、
莫大な財宝が眠っていた。
エトリアの迷宮の噂を聞いたものは
老いも若きもみな、その樹海を夢見るようになった。
富、名声、権威…。
そして何よりも、飽くなき冒険心を満足させるだけの樹海。
それは、死と隣り合わせの冒険に、自らを投げ出すに値するものだった。
今日もまた、一人の若者がエトリアの門をくぐる・・・

06081810417.gif


ATLUSから2007年1月18日に発売されるNintendoDS専用ソフト
「世界樹の迷宮」のプロローグである。

この「世界樹の迷宮」は「女神転生」シリーズでおなじみ
ATLUSが新たに作った新作の3Dダンジョン型RPGで、
メガテニストな僕としては発表当時から
注目していたタイトルなのだが、
まったくの新規タイトルにも関わらず、世間の注目度も高いようで、
予約状況もかなりいい感じで伸びているようである。

このゲーム、RPGではあるが、昨今のRPGと違って
主だったストーリーがなく、
ただひたすらにダンジョンに潜り、未知の道程を歩いて宝を集めたり、
街で依頼を受けたクエストをクリアしていくというシンプルなつくり。

世界の運命を担う勇者とか、帝国に国を滅ぼされた亡国の王女といった
名前のついたキャラクターも用意されているわけではなく、
自分でキャラクターメイキングをして、ダンジョンへ挑む・・・
あの名作「ウイザードリィ」を彷彿とさせるRPGとなっているのだ。

キャラクターもいくつもの職業が用意されており、
その職業の組み合わせによって
パーティの戦い方が変わっていき、
また職業それぞれに様々なスキルが用意されており、
職業とスキルの組み合わせで
戦略・戦術が大幅に変わっていく仕組みになっているようだ。
やりこみ性十分で、長く遊べそうなのもポイントのひとつである。

06081810416.jpg


戦闘はターン性のコマンドバトルだけど、そこはメガテンのATLUS。
ボタン連打でなんとかなるような簡単なものではなく、
スキルを使いこなさないと苦戦を強いられる
歯ごたえのあるつくりになっているようです。

グラフィックも美しく、DSのソフトの中では
トップクラスの画質ではないでしょうか。
少々キャラクターデザインがかわいすぎる気もしますが、
「世界樹の迷宮」というタイトルの名に恥じない幻想的な絵で
ぷれいやーを魅了してくれるでしょう。

そして、近作のある意味最大の注目点は、
NintendoDSのタッチパネルを使った、マッピングでしょう。
昨今の3DRPGは大体、Rボタンあたりを押せば一発でマップが表示される
オートマッピング機能が標準装備されているもんですが、
かつてのファミコン時代の「ウイザードリィ」や「女神転生」、
「ディープダンジョン」(これWiiで遊べないかな・・・)などは
そんなオートマッピング機能などは着いておらず、
自分で鉛筆・定規・方眼紙を使ってマッピングしていたものですよ。

座標軸を確かめ、落とし穴や、イベントが
起こった場所などを書き記していく、
多分、学校で方眼紙を使うよりも、
テレビの前での方が使っていたのではないのでしょうか。
昨今のRPGに慣れきっている人にしたら、何をそんな面倒な、
と思うかもしれませんが、自分で描いた迷宮の地図が
完成に近づいていくのはとても楽しい作業だったのですよ。

近作「世界樹の迷宮」はNintendoDSのタッチパネルと2画面を
フルに活用しており、上の画面でゲーム画面、
下のタッチパネルで、上のゲーム画面を確認しながら
マップを描いていく。

いや、本来RPGってこうだったと思うんですよ。
ストーリーなんて特になく、自分でキャラを作成し、
キャラを育て、地図を描いて冒険する。
シンプルな楽しさ。

最近のRPGはもう映画化しちゃってて、ストーリーを追ってるうちに
世界を確認する暇もなく、キャラは勝手に歩いていって、
気がつけばレベルがあがっている。

そんなゲームが多くありませんか?

昨今のRPGに比べて、手間がかかるかもしれないし、
一筋縄ではいかないかもしれない、
でもシンプルかつ奥深い、やりがいのあるRPG。
勝手に30分も眺めっぱなしのイベントが突発的に
起ったりするような事もないみたいだから、
気軽に遊ぶ事もできますよ。
これはNintendoDSに相性ピッタリのRPGだと思うのです。

このゲームってノスタルジー?
いえいえ、ある意味、最先端だとも思うのです。

「世界樹の迷宮」・・・僕は買っちゃうなぁ。



20061206-keyvisual01.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 世界樹の迷宮 - ジャンル : ゲーム

この記事へのコメント

た、楽しそう…(@゚▽゚@)ワクワク
ソフトが一つしかないあたいはとっても気になっちゃいます~♪♪
シンプルだけど、シンプルさを生かせるような楽しさ☆☆

いいなぁ…((´∀`*))

ゆうたろう | URL | 2007/01/04 (木) 14:43

>ゆうたろうちゃん

どうぶつの森とはまた違ったシンプルさがいいでしょ^^

take | URL | 2007/01/06 (土) 19:46 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。