スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナルファンタジーXII①

2007/03/25 (日)  カテゴリー/ファイナルファンタジー

今更ではあるが「ファイナルファンタジーXII」について書こうと思う。
2006年3月16日に発売された世界のFFシリーズの最新作。
そう、ちょうど1年ぐらい前に発売されたわけだ。
今では中古で2980円ぐらいで販売しているところもあるこのソフト。
僕は発売日当日に定価の10%引きぐらいで購入して・・・

まだクリアしていない。

色々忙しいというのもある。
このFFを買った後で、プライベートでも仕事面でも
色々あってゲームやる暇があまりなかったというのもあるし、
NintendoDSを購入してそっちで遊ぶ事も多くなったというのもある。

しかしなにより・・・ボリューム満タンなのだこのゲームは。
正直1日1~2時間プレイできるかできないかの社会人には
なかなか一筋縄ではいかない大ボリューム。
ただ本編をクリアするだけでもただごとではないのに、
寄り道できるサブイベントのなんと多い事か。

物語と関係のないところでクエストを受けてモンスター討伐に出る
モブ退治。これにはまったり、
街を歩くと様々な頼まれごとを引き受けるお使いイベントも多種多様。
寄り道大好きな僕にはいかんともしがたい大ボリューム。

全然お話しが進みません!

お話しはアルケイディア帝国に侵略されたダルマスカ王国の王女アーシェが祖国を帝国の支配から解放させるための力を手に入れる旅を軸に
空賊に憧れる少年ヴァンを主人公として辿っていく。

この辺はシンを倒すため旅をする召喚士ユウナを守ってともに旅をするティーダを主人公としたファイナルファンタジーXと同様の構図ですんなり入りやすいとも言える。

まあヴァンとアーシェの間に恋愛的感情はないようだけど。

そしてこの物語はイヴァリースという世界を舞台にしてるのだけど、
この世界観の作りこみは半端ではなく、5年の歳月をついやしたというのも頷ける。

また世界を構成するちょっとしたアイテム(?)つくりも面白い。
シリーズおなじみの飛空艇や、ダンジョン名に従来の召還獣の名前がつけられていたり、
また、モンスターに歴代シリーズに出てきたモンスターが再登場したりしている。
「デモンズウォール」や「カオス」「エクスデス」「ギルガメッシュ」なんて出てきた日には「XI」を除いたシリーズ全部遊んでる僕は思わず
_1.gif
ニヤリ

としたもんです。

尋常でない世界観に比べて、個人的には物語りは弱い気も。
イヴァリースに並び立つ2大帝国、アルケイディアとロザリア。
その間に挟まれたナブラディア王国とダルマスカ王国は
アルケイディア帝国に攻め込まれ、王やナブラディアの王子は死に、
ダルマスカの王女アーシェは全てを失い、
帝国に対抗する力を求めるために、破魔石を求める旅をする。
破魔石の力に魅入られ、力に取り込まれた者たちを見ながら・・・

これがまあ大まかなストーリーなんですが、個人的にはイマイチ乗り切れない。
原因の一つは主人公のヴァンにあるんじゃないかなと思う。
ヴァンはFFシリーズには珍しい、あまり悩む事のない
悩む前に行動する前向き型主人公なのだ。

FFと言えばくよくよ悩む後ろ向き主人公が多いのが特徴。
暗黒騎士として帝国に仕えながら、帝国のやり方に疑問を抱き、くよくよ悩み続ける「IV」のセシル。
人間と幻獣の間に生まれ、その境遇のためかなかなか心を開かない「VI」のティナ。
最初は確固たる意志でセフィロスを追ってたはずなのに、実は操られていただけだと知らされ、ぶっ壊れてしまう「VII」のクラウド
クールを装っているのに実はバカ女に惚れていた事を曝け出してしまう究極ツンデレ型主人公の「VIII」のスコール。

明るく前向きといえるのは「V」のバッツ、「IX」のジタン(「IX」はビビが主人公とも言えるが)「X」のティーダくらいだろうか。
(意外と多いな・・・)

ただその3人と比べてもXIIのヴァンはなんというか弱い。
アーシェとともに旅をする行動基準がちょい弱い気がするのだ。
自分の生まれた祖国を取り戻すため、
憧れの空賊を目指すため、
そして物語中で語った「逃げるのをやめる。アーシェと一緒に旅をして本当の自分を見つけたい」
というのが、彼の旅をする理由なのだが、
どうもヴァン自体パンチが弱い気がする。

物語りも終盤に行けば彼の魅力も上がってきてくるのだろうか?

正直クリアしてないものの今でも時間があればちょこちょこ遊んでしまう
この「ファイナルファンタジーXII」
何度も書くが世界観は秀逸だし、この世界観は嫌いではない。
システムが一新し、色々メンドくさくはあるけど、
理解してしまえばハマルし、なかなか面白い。
ただ、物語とキャラクターにあまりハマれていないというのかなぁ。
盛り上がりにかけるというか。

まぁ個人的異見なんで、人それぞれですけどね。

システムやその他もろもろの話はまた別の機会に。




スポンサーサイト

テーマ : ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル : ゲーム

この記事へのコメント


にやっと、しすぎです、おにさん(笑)
FFって、スコールの出る…
なんだけっけ??8くらい、
しかやったことがないんですけど、
後ろ向き主人公が多かったんですね((´∀`*))
紹介が、ウケスギル…ププ(*/□\*)キャー

ゆうたろう | URL | 2007/03/29 (木) 22:54

>ゆうたろうちゃん。

スコールが出るのは8やね。
FFは8しかやった事ないんやぁ。
あれしかやってないなら
2度とFFするもんかって思うかもしれないねぇ。
7とか9はちゃんとオススメ出来る良作なんやけどね^^

take | URL | 2007/04/03 (火) 20:43

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。