スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「DEATH NOTE」前編/後編を一気に見た。

2007/04/03 (火)  カテゴリー/映画日和

退屈な毎日を送っていたら、
ふと道端に落ちてたノートを拾ってしまった。
真っ黒なそのノートの表紙に書かれた文字は
「DEATH NOTE(デスノート)」
そのノートに名前を書かれた人間は必ず死ぬ。
なお、顔を知っている人間で頭に思い浮かべながら
書かなければならないので
同姓同名のあの人を殺す事はない。

これを手に入れた僕は無敵だ!
新世界の神になるんだ!

いつもいつも、
「お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの」
などと理不尽極まりない理由で僕のオモチャを取っていくアイツや、
金持ちだからって高いオモチャや、海外旅行の自慢ばっかりして、
そのくせガキ大将の腰巾着なアイツや、
全然出番ないくせに、時々出てきては頭がいいってだけで
かわいいあのコの注目をあびたり一緒に勉強したりするアイツや
肝心な時に欲しい道具出さないで、説教ばっかりたれる
役に立たないタヌキのようなネコ型ロボットの名前を書いてやるんだ!!

sikaesi.jpg


「デスノート」とは、そんな危ないノートを巡る
選ばれし二人の若者の戦いを描いたサスペンスドラマ。

週刊少年ジャンプで連載されたマンガが原作で、
絵は「ヒカルの碁」「サイボーグじいちゃんG」の小畑健
原作は実は「ラッキーマン」のガモウひろしじゃね?と
巷ではもっぱらの噂の大場つぐみ。

そのコミックを全巻読んだこの僕が、
この度実写化された映画版「デスノート」前編/後編を
レンタルで借りてきて一気見しました!

映画は2部構成だった原作を、1部で完結させる形になってます。
当然結末は原作と違ってるわけで、
劇場版公開当時は原作ファンの間で賛否両論渦巻いたらしいのですが、
個人的にはこの劇場版のエンディングはアリかな、と思いました。

というか原作第一部のあの終わりはどうも好きになれないので。
2部以降の展開はイマイチ乗り切れなかったしね!

ただ、それでも原作読んだ身としてはひっかかる部分も多かったのも事実。
それが南空ナオミの描かれ方であったり、
警察サイドの面々の顔が見えなかったり、であるのだが、
一番は藤原竜也演じる夜神月(ライト)が似あわなすぎるというか、
弱すぎる!という一面だろう。

原作のライトは知性と狂気を兼ね備えた、神を目指す歪んだ天才なのだが
どうにも藤原竜也はそれが弱い。
顔がおとなしいというのもあるのだけど、
ナイフのように鋭利な危険さが見えてこないなぁ。
まぁ、マンガのキャラクターと一緒にしてはいかんのやろうけども。

だが映画の中でのライトの描き方がそれに拍車をかける。
藤原竜也自体が弱いというのに、劇中のライトも非常に弱い。
4時間の中で完結させなきゃならないとはいえ、
クライマックスのライトの描かれ方はひどい。
原作のライトならば、あんなトリックにはひっかからなかっただろう。

一方で松山ケンイチ演じるLは結構ハマっていたと思う。
一部で全部終らせたためか、キャラクターの造詣に
2部のキャラクター、ニアとメロも混ざって描かれていたように思うが
(特にチョコレートを食べるとこはメロそのもの)
ライトが弱かった分、Lのよさは際立っていたと思った。
なによりラストのトリックは、原作のライトなればひっかからなかった
かもしれないが、もう少し煮詰めて、あれを原作でも取り入れれば
もっとすっきりした終わりが出来たんじゃないかって思うぐらい秀逸。
(だって原作ではLが・・・)

リュークやレムといった死神のCG造詣は、ハリウッドと比べるべくもないが
今の日本映画のレベルで言えば合格点をあげてもいいだろう。
そこはさすが平成ガメラ3部作の金子修介監督!
きちんと仕上げてくれましたよ。
リュークの声優が中村獅童なのを除けば。

とまぁ、原作ファンとしては辛いことも述べたけど、
一本の映画としてはよくできたエンターテイメント作品だと思う。
むしろ原作を読まずに見たらもっと楽しめるかもね。
原作知らなければ話の展開見えなくて先を楽しめるかもしれないし。

・・・まぁ原作読んでないとわからないんじゃ?みたいなとこも
あったけど・・・


スポンサーサイト

テーマ : DVDレビュー - ジャンル : 映画

この記事へのコメント

あたいもデスノートは見ましたにゃぁ☆
映画館でだったけど…
最後の展開が、ものそうごいビックリ∑(゚Д゚)
漫画は借り物を読んでたせいでパラ読みだったので、
あんまり内容は覚えてなかったから、

「えっっっっ?!」って☆

Lはものすごい似てましたよねぇヾ(w´∀`w)ノ
あの縁取りメイクが最高♪♪

ゆうたろう | URL | 2007/04/09 (月) 12:55

ゆうたろうちゃん☆
Lは出演人の中で一番よかったなぁ。
原作をね、全部読んでると
結構つっこみどこも多かったよ~

take | URL | 2007/04/10 (火) 22:21 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セクシーボイス アンド ロボ
4/10~ 松山ケンイチ テレビドラマ 初主演決定

セクシーボイス アンド ロボ 2007/04/10 (火) 14:56


DEATH_NOTE『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作:大場つぐみ・作画:小畑健のサイコサスペンス漫画である。2003年12月から2006年5月まで、「週刊少年ジャンプ」(2004年1号 - 2006年24号)に連載された。また、これを原作とする実写映画・小説・アニメ・コンピュータゲー

知ってる? 2007/10/14 (日) 12:57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。