スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1カナダGPすーだられびゅー!

2007/06/11 (月)  カテゴリー/F1観戦記

只今深夜2時。
皆さんおはようございます!



・・・眠い・・・寝たりない・・・。

しかし遅い時間の放映の分、今日は地上波も生放送だ!


今回のF1カナダGP、当ブログでもずっと注目してきた
マクラーレンの脅威の新人、ルイス・ハミルトンがついにポールポジションをゲット!
2位に王者アロンソ。いつもなら続いてフェラーリが入るのだけれど、
遂にここでBMWニック・ハイドフェルドが割って入ってきている。
フェラーリのライコネンは4位、マッサが5位。
ちょっとマクラーレンに遅れを取ってきている気がする。
琢磨は予選11番手と好位置につけてきた。

カナダ・モントリオールは晴天で気温も高い。
フォーメーション・ラップがスタート!

結果が知りたい人は以下へ・・・
↓↓↓

各車、スターティンググリッドについた。
シグナル・オールレッド。

ブラックアウト!




マクラーレンの2台は好スタート!
いや、アロンソがミス!コースアウトして
シケインをショートカット!
その隙をついて、BMWのハイドフェルドが2番手にあがってきた!
ライコネンもスタートをミスして6位へ交代。
マッサの方は無難なスタートで4位をキープ。
下位を見れば琢磨は10位とひとつ順位を上げているようだ。

しかし、HONDAのマシンが1台スタートできなかったみたい。

バトンだぁぁぁ。

スーパーアグリ&琢磨が活躍するなか、どうにもHONDAはパッとしないなぁ。

7週目、いったんスピンして順位を落としたレッドブルの
マーク・ウェーバーが同僚デビッド・クルサードをオーバーテイク!
次にHONDAのバリチェロに迫ってきた!
バリに頑張ってほしいとこ・・・と思ってたが
ストレートであっさり抜かれた。
えらいストレートスピードが速いな・・・


CM開けて11週目。
ハミルトンは一人異次元のスピードで逃げ続けている。
2位のハイドフェルドの間にはもう8秒もの差が開いている。
アロンソはハイドフェルドに抑えられているのか、
もしくはペースが上がっていないのか。
ハミルトン、いよいよか、いよいよなのか~!

ストレートも多い高速サーキット、このモントリオールでは
そこかしこでオーバーテイクが見られている。

16週目、マッサがアロンソを追いかけている。
どうにもここのところフェラーリはマクラーレンの後塵を排してきているので
ここらで逆襲に転じてきてほしいものなのだけれども。

ってあれ?CMに入る前にフェラーリがマクラーレンの前に出てたような気がするけど、
どっかで抜いたのかな?それとも気のせい?

CM開けて・・・ああ、アロンソがまたもやコースアウトしたのね。
どうにもアロンソのマシンはセッティングがうまく決まってないのかも。
コースアウトを連発してるもんなぁ。マシンが安定していない。
一人逃げる同僚ハミルトンを前に焦っているのかもしれないけど。

レースも20週を過ぎて、ピットが動き始めた。
まずは2位のBMWハイドフェルドがピットイン。
続いてマクラーレン、ハミルトンがピットイン!
ハミルトンは問題なくピットアウト!暫定の順位は4位かぁ。

ってあれ、その後でセーフティーカーが入ってきた。
なにがあったのかな・・・ってスパイカーのマシンが、ウォールに激突!
コース脇に車を停めているのでこれかぁ。
これはハミルトン、ラッキーだなぁ。
セーフティーカーが入ったら、すぐにはピットに入ってはいけないルールになってるし。
一方でピットしてないフェラーリ他のマシンは大変。
許可が下りたら各社続々とピットインしてきている。
フェラーリの2台も、琢磨も。
これは大きな順位の変動があるぞこれは!

セーフティーカーが26週目でセーフティーカーが戻り、レース再開!
2位のハイドフェルドと3位のアロンソも絶妙のタイミングでピットインしてたみたいで
ハミルトンにしてみればせっかく築いたギャップがなくなってしまった・・・

って!ここで大クラッシュが!
BMWのクビサだ!
これは大きなクラッシュ!クビサは大丈夫なんやろうか。

えっとリプレイによると、いったんコースアウトして、
ウォールに激突、その衝撃でマシンが吹き飛ばされ、
反対側のウォールにまたクラッシュ!
マシンは原型をとどめないくらいにボロボロになってしまっている。

セーフティーカーに先導されながら、マシンは周回を重ねていく。
クビサの無事は未だ確認されていない。
とりあえず病院に搬送されているみたいだけど、
意識があるのかどうかの報道もされていない。
なんだかセナの時の嫌な記憶が甦ってくるなぁ。
あの時のセナのクラッシュを彷彿とさせる、
いや、それ以上のクラッシュだったから。
あの頃よりもドライバーへの安全性は高まっているはずなんだけど、
改めてF1というのは危険なスポーツだと言う事を認識させられました。
まずはクビサが無事である事を祈りたい。

レース残り38週でセーフティーカーがコースを去り、レースを再開!
2度のセーフティーカーで順位は上位陣を覗いてかなり変動があったみたい。
しかし3位のアロンソは一回目のセーフティーカーのピットストップの時に
違反をしてたらしく、ペナルティストップを課せられているらしい。

って、ここで珍シーンというか、衝撃的なシーンが!
スーパーアグリの琢磨がフェラーリのライコネンをオーバーテイク!
どうもライコネンがミスをして、コーナーでアウトにふくらんだところを
後ろにいた琢磨がついたみたい。
2度のセーフティーカーで順位が狂い、
上位と下位の差がなくなっていたが故の珍シーンだったと言えます。

一方で同じスーパーアグリのアンソニー・デビッドソンがピットインしたのに
スタッフが誰も出ていない!タイヤもなにも容易されていない!
これは、アグリチームの大失態かぁ!
いや、どうにもデビッドソンの緊急ピットインやったみたいです。

そのなか予告どおり、アロンソがペナルティによるピットストップ。
画面下でこのペナルティによるピットストップのルールが解説されており、
こういった初心者へ向けた内容は好感が持てる。

一方でTOYOTAのトゥルーリとウイリアムズのBMWが同時に並んでスピン!
見た目にはパラレルドリフトのようなシーンではあるけれど、
やはり気温が想像以上に高いらしく、タイヤには優しくないようだ。

その中で琢磨が6位まで浮上している!
かなりの荒れたGP、これはかなり運にも助けられていると言えるが、
琢磨自身がミスのない確実な走りをしてきたというのも大きい。
後ろのほうにいるのがライコネンやアロンソなので、今の順位をそのまま、
というのは厳しいかもしれないけれど、この後ミスやトラブルもなく
走り続けたら2度目のポイントゲットも夢ではない。
1位はこのままハミルトンが濃厚、フェラーリはマッサが頑張って
2位に浮上、というところが精一杯な位置なので、
このGP、あとは琢磨一本に絞って注目していきたいところ。
様々な要因によってこの位置と言っても
前を走るルノーのマシンとそんなに離されていないというのも大きい。

残り24週、ペナルティで順位を落とした
アロンソがファステストラップを連発!
現在8位。前を走るライコネンに追いつこうという勢いだ。
そしてここで2度目のピットストップが動き始めた。

まず2位のハイドフェルド、そして1位のハミルトンがピットストップ!
問題なくピット作業をこなし、順位に変動はなさそう。

そしてアロンソがライコネンに追いつき、
ここで久々に赤と銀の対決が勃発!
ペースはあきらかにアロンソの方が上。
6位と7位の争いというとこがいつもと違うとこだけど。

ってここ残り20週でセーフティーカーがまた入った!
で、ここで琢磨が入ってたみたいでタイミングが悪い!
このタイミングで入ったのでルール上給油が出来ず、
タイヤ交換しかできない。
もう一度また入らないといけない。
せっかくこれはめちゃめちゃいい位置につけていたのに
ついてないなぁ・・・
なんでこのタイミングでセーフティーカーなんやろう・・・
もったいない。。。ポイントどころかかなり上位につけていたはずなのに。
残りの燃料で走りきれないかなぁ。無理かなぁ。

残り16週でレース再開!
琢磨は・・・11位かぁ。
順位落としちゃったなぁ、やっぱり。
あの2回目のピットストップが余計だった・・・。

って残り15週でまたもやセーフティーカーがっ!!
トロロッソのリウィッツィが壁に接触、パーツをコース上に撒き散らせている。
どうにも荒れ荒れの今回のGP。
琢磨もそれに巻き込まれた形だなぁ。
現在10番手。まだまだポイントゲットのチャンスはありそうだけど。
1位を走るハミルトンも差を広げてはセーフティーカーなので
いい加減にしてくれ!という感じではないだろうか。
そして琢磨・・・ホントさっきのピットストップの不運がなければ
ひょっとしたらひょっとすると、表彰台だって決して夢ではなかったかもしれない。

なぜならこのセーフティーカーのゴタゴタのなか、
フェラーリのマッサと、ルノーのフィジケラがルール無視によるペナルティで
失格処分に!!
詳しい違反理由が

って、そのセーフティーカー先導中のコースで、
TOYOTAのトゥルーリがコースアウト、クラッシュしている!
彼も好位置につけていたのに・・・。

残り10週でセーフティーカーがコースを去り、レース再開!
何度目かっちゅー話!
琢磨は9位、ポイントゲットまであと1台。5位以下の争いが大接戦なので
まだチャンスはあるはず!
そのなかで琢磨に注目しすぎていて気付かなかったけど、
HONDAのバリチェロがちゃっかり3位につけている!
HONDA、今季初ポイントで初表彰台か!?
そして琢磨がTOYOTAのラルフ・シューマッハを追いかけている!
何度もオーバーテイクを窺う琢磨!これは嬉しいシーンだが、
あまり無茶はしないでね・・・。

ってあら、バリがピットイン!3位を走っていたのに
それはピットをしていなかったためか・・・。
これでHONDAは初ポイントをまた逃したわけだけど、
琢磨は自動的にポイント圏内に!


ておおおお、すげええ!

いやCM明け、まずは琢磨がラルフをオーバーテイク!
そして!そしてですよ!!
琢磨、今度は王者アロンソを追い掛け回している!
スリップストリームに入っている!

070611_040532.jpg



うわぁぁぁぁ、こんなシーンが見られるなんてっ!

070611_040656.jpg


070611_040749.jpg


そして最終コーナーでアロンソをオーバーテイク!
スーパーアグリの佐藤琢磨が、マクラーレンのフェルナンド・アロンソを
コース上で抜いたんですよ!!
いやぁ、鳥肌が立ちました!
すげえ!すげえ!この時間まで起きてみていてよかった・・・
このレース録画しておいてよかった・・・


そして、脅威の新人ハミルトンがトップでチェッカーフラッグ!
荒れたレースを制しました!
そして2位にハイドフェルド。3位ブルツ。4位コバライネン。
どうにもぱっとしなかったフェラーリ・ライコネンの5位に続いて、
琢磨が6位でフィニッシュ!!
たら・ればの話をすれば2回目のピットストップのごたごたがなければ
ひょっとしたらブルツの位置に琢磨がいて、表彰台も夢ではなかった。
それは残念だけど、マシン的には格上のはずの
TOYOTA、ラルフ・シューマッハーを、
そして、昨年の王者、マクラーレンのフェルナンド・アロンソを
オーバーテイクしたのは素直に感動!
今年は琢磨が魅せてくれます!

脅威の新人、ハミルトンはついに表彰台の頂点に昇りつめました!
トラブル続きの荒れたGPとは言え、最初から異次元の走りを魅せてくれた
ルイス・ハミルトン。
フェラーリファンの僕ですが、シーズン最初から彼にも注目しており、
ここは素直に祝福したいところです。
そして総合ポイントでも単独トップに。
これはひょっとしたらひょっとしますよ!

しかし、その彼の活躍が霞むほどに、今回は琢磨が魅せてくれました!
琢磨がアロンソをコース上で抜くシーン、
これは永久保存ものです!

いやぁ、眠い目をこすりながら見始めたGPですが、
完全に目がさめちゃいました!

次回は来週6月17日。
アメリカ・インディアナポリス。
琢磨には結構相性のいいコースで、ここはまた期待大!
またまたがんばって欲しいものですね!
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2007 - ジャンル : 車・バイク

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フェラーリF40こそ愛する車
フェラーリF40の情報を集めました。

フェラーリF40こそ愛する車 2007/06/24 (日) 22:08

フェラーリF430
フェラーリF430の情報を集めました。ご覧になってください

フェラーリF430 2007/06/24 (日) 22:34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。