スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1ハンガリーGPすーだられびゅー!

2007/08/06 (月)  カテゴリー/F1観戦記

予選でひと波乱あったマクラーレンチーム。
フェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンの
ポールを巡る争い。
アロンソのピット作業がハミルトンの最後のアタックを邪魔した事になるとして、
ポールを獲得したアロンソの6グリッド降格を命じる裁定が下され、
それに対しアロンソ及びマクラーレンチームは
不服申し立てを行っていたのですが、
それは覆らず、ポールはルイス・ハミルトン。
そしてマクラーレンチームに下されたペナルティは
今回ハミルトンとアロンソの二人が何ポイントとろうが、
コンストラクターズポイントは無効という裁定までくだされた!

話によるとこれはアロンソ重視のマクラーレンチームの作戦やった
ようですが、それをハミルトンが無視した、ということらしいです。
ハミルトンとしても今のポイントリーダーは俺、
たとえ王者と言えど。アロンソのかませ犬になるつもりはない!
という意思表示なのでしょうか?

セナプロ時代のマクラーレンを思い起こさせる最近の
ハミルトンとアロンソのパワーバランス。
ロン・デニスはチーム内が緊張状態にあることまで暴露してしまった!
一方のフェラーリの2人はBMWの後塵を配してしまい、
レースでの逆襲に期待したいところ。

琢磨は予選Q3で19位に沈み、こちらも本戦での活躍に期待、
また久々復活の日本人ドライバー、山本左近の走りにも注目。

ハンガリーGP、いよいよ開幕です!

結果を知りたい人は以下へGo!
↓↓↓

フォーメーションラップ前のグリッド。
ポールにはルイス・ハミルトン。
2位にはBMWのニック・ハイドフェルド
3位にキミ・ライコネンという位置。
アロンソはペナルティを下され6位スタートとなる。

波乱含みのハンガロリンクサーキット、いよいよフォーメーションラップがスタート。
気温28度、路面温度38度、天候は晴だが少々雲が多い。

各車フォーメーションラップを終え、スターティンググリッドについた。

シグナル・オールレッド

ブラックアウト!

ハイドフェルドがスタートで若干もたつき、好スタートを決めた
ライコネンが2位にアップ!
一方のアロンソはスタートで躓き、順位をひとつ落としたもよう。
下位では琢磨が3つ順位をあげて16番手につけた!

アロンソはペースが伸びず、8位に順位を落とし、
9位のルノーにも追いかけられている。

が、3週目のホームストレートから1コーナーへの飛び込みで
7位レッドブルのマーク・ウエーバーをかわし、再び7位へ。
次の周回同じヵ所でBMWのクビサをオーバーテイク!
コーナリング後一瞬ラインがクロスし、サイドバイサイドになるが、
ここはアロンソが前へ出て、当初の順位まで回復する。
ここからどこまでジャンプアップしていけるか、王者アロンソ。

一方ナレーションだけの報告だったが、
後方で琢磨がフェラーリのマッサをかわした、とのこと。
そこ流せよ、国際映像!

と、次の瞬間コースアウトしてるマシンが!
スパイカーのマシンだ!
これは・・・山本左近~~~。
久々のGPでやっぱりブランクがあったかぁ~。
左近早々に退場です。

7週目、1位ハミルトンと2位ライコネンの差は3秒。
このへんのバトルを見てみたいところだが、
映像で映るのは、6位から追い上げるアロンソと、
全然ペースが上がらず、琢磨にも追い抜かれたマッサ。
だからそのオーバーテイクシーンを流せって!

9週目、ようやく映るハミルトンとライコネン。
3秒差って結構大きいなぁ。
2台の距離は結構ある。
ここから赤の逆襲を見たいとこなのですが、フェラーリ党としては
やっぱりライコネン応援しちゃいます。

15位で奮闘する琢磨を尻目にHONDAの2台は苦しんでいる。
バトン19位、バリチェロにいたっては最後尾21位。
このハンガロリンクで昨年はバトンが初優勝を飾ったのだが
一転今年は苦しい戦いが続くHONDA。
アースカラーにしても地球に優しくないF1マシンを
地球は応援してくれない、というとこでしょうか。
まあ色はあんまり関係ないから、やっぱりシャシーに問題ありだなぁ。
同じエンジンで型落ちシャシーのスーパーアグリの走りを見る限り。

17週目、TOYOTAのラルフ・シューマッハを抜きあぐねているアロンソ。
ここでアロンソが一回目のピットイン!
ハードタイヤを選択し、かなり多めの燃料を補給。
ここから王者の逆襲がはじまるか?

そして18週目、TOYOTAのラルフがピットイン。
ピットアウト後、再びアロンソの前へ。
アロンソはまたもやラルフの背中を見て走る事になる。

19周目、ハミルトンとライコネンが同時にピットイン!
ピットアウトもほぼ同時!
順位そのままにまたレースへ戻ってゆく。

15週目、ハミルトンとライコネンの差が縮まってきた!
マッチの解説によると、ライコネンのペースがあがってきたというより、
ハミルトンのペースが落ちているみたい。
これはちょっと期待できるかもー!

17週目、2台の差は1秒1。さぁどうなるどうなる!

密かに10位を走るスーパーアグリのアンソニー・デビッドソン。
HONDAの苦戦を尻目に同じエンジンを使うスーパーアグリは
素晴らしい走りを魅せてくれており。エンジンは悪くない事を証明している。

22週目、アロンソは今もラルフを抜きあぐねている。
これはアロンソ厳しいレースになってきた。

その中で引っ張った琢磨が1回目のピットストップ。
丁度トップ争いを行っているハミルトンとライコネンの前に出るが、
ここは周回遅れ、素直にコースを譲る。
ただかなり微妙な位置だったため、ハミルトンは激しいタイヤスモークを発生。

35週目、マッサがようやくピットイン。
これは1回ピットストップか・・・と思いきやピットタイムは6秒2。
これは変則ピットストップ?おかしな作戦だなぁ。

36週目、ハミルトンとライコネンの差はコンマ6秒。

37週目、バトンがコース脇にマシンを停めた。
昨年のハンガリーGP覇者、HONDAバトン、いい所なくレースを終える。
低迷続きのHONDAチーム、この暗いトンネルはどこまで続く?

残り28週で、ハイドフェルド、ルノーのジャンカルロ・フィジケラが
2回目のピットストップへ。
ピットがいよいよ慌しくなってくる。

そのなか快走していたスーパーアグリのアンソニー・デビッドソンが
コース脇で車を停めた!
どうやらフィジケラと接触をしてスピンを喫してしまったらしい。
いい仕事をしていただけにこれは残念やなぁ。

残り25週、2位のキミ・ライコネンが2回目のピットイン!
このピット作戦でハミルトンの前に出られるか!?
ここからハミルトンの次のピットインまでが2人の勝負となる。
ライコネンの走りに目が離せない。

ハミルトンとライコネンが1位を巡って争っているなか、
アロンソはまだラルフを抜けないで5番手に甘んじている。
そのなか残り22週でラルフがピットストップ。
アロンソはここでラルフと差をつける事が出来るか?

残り21週目、ハミルトンがピットストップ!
ライコネンとのタイム差は28秒。
ここは・・・ハミルトンがライコネンの前でピットアウト!
後はコース上でのガチンコ勝負となる!
ピットアウト後はかなりの差がついていた2台だが、
再びハミルトンとライコネンの差はコンマ8秒。
抜きにくい事で有名なハンガロリンク。
勝負どころはおそらくホームストレートから1コーナーへの飛び込みの
ブレーキング勝負。

一方で、ピットストップでラルフを逆転したらしいアロンソは
ハイドフェルドを追いかける!

いよいよ残り9週、ハミルトンとライコネンの差はコンマ7秒。
しかしF1はここからが厳しい。
ストレートの距離がないここハンガロリンク、
スリップストリームからのオーバーテイクは非常に難しい。

残り2週でマッサは13番手で12位のフィジケラを追い掛け回す。
しかし、今の周回でポイント獲得は難しいだろうなぁ。

そして1位2位の位置はそのままにファイナルラップへ!
昨日の予選でマクラーレンのチーム内のごたごたが注目された
このハンガリーGP。
蓋を開けてみればライコネンの猛追を抑えて
ルイス・ハミルトンが優勝!チェッカーフラッグを受けた!
最後まであきらめず追い続けたライコネンも一歩及ばず
2位フィニッシュ!
マクラーレンのごたごたによりこの順位を拾ったか、
BMWのハイドフェルドが3位。
アロンソも健闘したものの4位フィニッシュが精一杯。
TOYOTAのラルフ・シューマッハーが6位入賞。
佐藤琢磨は15位で完走した。

ライコネンを応援してた身としては結果は残念だったが、
最後まで諦めない白熱したレースを魅せてくれたので
次に期待しよう。

そしてマクラーレンチームはハミルトン優勝に関わらず、
チームあげての祝福は見えず、今後どうなるのだろうか?
チームの方向性に対して反逆の意思を示したハミルトン。
マクラーレンはどう出る?

そしてポイントリーダー、ハミルトンと2位アロンソの差は7ポイント、
3位ライコネンとの差はもはや20ポイントに。
ライコネンには厳しいポイント差だけど、
何度も言うがなにがあるかわからないのがF1。
今日ライコネンが最後まで諦めなかったように、
僕も諦めずにライコネンを応援するとしよう!

F1次回はトルコGP。
8月26日11時50分放送です!

・・・地上波ではね。



スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2007 - ジャンル : 車・バイク

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。