スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1イタリアGP すーだられびゅー!

2007/09/10 (月)  カテゴリー/F1観戦記

2007年F1GP第13戦イタリアGP。
フェラーリの聖地、モンツァサーキット。

予選を制したのはマクラーレンのフェルナンド・アロンソ。
続いてルイス・ハミルトン。

フェラーリの聖地で、シルバーアローにフロントローを独占されてしまった・・・。

その他注目は3位にマッサ、
フリー走行で大クラッシュを起こしたライコネンは5位に沈む、
そして、HONDAのバトンが10位に飛び込んできた!
GP終盤にきてHONDAがいよいよ浮上してくるのでしょうか?
我らが琢磨は17番手、決勝での走りに期待です!

F1イタリアGP、もうすぐ決勝スタートです!

結果を知ってもいい人は以下へGO!
↓↓↓

晴天のモンツァの空の下、フォーメーションラップがスタート。
気温27℃、路面温度33℃、
かなり暑いようです。
タイヤマネジメントが戦略に影響してきそうですね。

フォーメーションラップを終え、各車スターティンググリッドについて、
シグナル・オールレッド、

ブラックアウト!

アロンソが好スタート!
そしてライコネンが4位ハイドフェルドをかわしてジャンプアップ!
3位マッサが一瞬2位にあがったように見えたけど、
ここはハミルトンが押さえ、さらにアロンソを抜きにかかるが、
ここはアロンソが1位をキープ。
って、ハミルトンがショートカットしたとかなんとか言っているけど・・・?

その後、マッサが再びハミルトンに追いすがるけど、
ここはハミルトンが抑え続ける。
これはアロンソ独走態勢となってしまうのか?

と、2週目、レッドブルのデビッド・クルサードがクラッシュ!
セーフティーカーが入って、各車接近状態で再スタートとなる。

CM入って、明けたらどうやらセーフティーカーは戻って、
レース再開となるみたい。
再スタートに注目!
ハミルトンがアロンソに追いすがるも、アロンソはハミルトンに
抜く隙を与えない。
マッサはちょっと遅れたか。
フェラーリはここで遅れちゃぁいけない。

ここで後方に注目!
スーパーアグリのアンソニー・デビッドソンが
ルノーのジャンカルロ・フィジケラをオーバーテイク!
一回はフィジケラも抜かせなかったものの、
2回目にパスに成功!
日本企業のみなさーん、アグリに、スーパーアグリに注目してやってください!

トップでは2位ハミルトンと3位マッサの差が離れ始めた。
ちょっとヤバイなぁ。

と、10週目、フェラーリのマッサがピットイン!
ちょっとこれは早くないかい?
フェラーリの作戦なのか?それともなんらかのトラブルなのだろうか?

ピットアウト後、マッサのペースがあがらない!
ストレートでどんどんどんどんスピードが落ちてます。
やっぱりトラブルを抱えていたのか?
再びピットに戻ってガレージに車を入れた。
このまま聖地モンツァでのレースを終えてしまうのだろうか?

CM後、18位に落ちていた、スーパーアグリの琢磨が
17位のスパイカー山本左近を抜いていくシーンが!
う~~ん、日本人対決、もっと上で見たいもんです。

HONDAのジェンソン・バトンは7位まで順位をあげていた!
ウイリアムズのニコ・ロズベルグが執拗に追いぬきをしかけるも
なんとか押さえつづけるバトン。

その中で、マッサはマシンを降りてしまった・・・。

フェラーリで残ったもう一人、キミ・ライコネンは
マクラーレンの2台にずいぶん離されてしまった。
ここから逆襲を望めるかなぁ、ライコネン・・・

17週目、マクラーレンのピットが動き始める。
入ってくるのは、ハミルトンだ。
2位のハミルトンがまずピットイン。
ピットタイムは8秒3。
このあとのアロンソのピットイン後の位置関係が
最初の注目ポイントですね。

ハミルトンがピットに入って、2位にライコネン。
しかし1位アロンソとの差は随分と開いてしまっている。

20週目、そのアロンソがピットイン。
ピットタイムは9秒1、ハミルトンとの位置関係は・・・
ハミルトンの前!
1回目のピットストップではアロンソに軍配があがった!

その中、HONDAのバトンとウイリアムズのロズベルグの大バトルが!
ロズベルグがブレーキングでしかけ、バトンを抜きにかかるも
連続コーナーのクロスラインで、ロズベルグを押さえる、
しかしその後のストレート後のブレーキング勝負で再びロズベルグガ
前に出る!再度クロスラインでバトンが抜き返そうとするも
ロズベルグがなんとか抑える事に成功。
バトン、ロズベルグに抜かれてしまった!
結果は残念やけども手に汗握るドッグファイトを魅せてもらいました。
これぞまさにモータースポーツの醍醐味です。

25週目、フェラーリのライコネンがピットイン!
アロンソとの差は19秒弱。
ピットタイムは10秒弱。
これはちょっと長いピットストップ・・・
微妙だけど、これはひょっとしてライコネン1ストップ?
ライコネンは2位ハミルトンの後方でピットアウトして3位に復帰した。
このあとの作戦はどうなるのか?

どうやらデータによるとライコネンは1ストップ作戦のようだ。
となるとマクラーレン2台の次のピットインまで、
ライコネンとの差がどれだけになるかによって変わってくる事になります。
ちょっと白熱してきましたよ~~

1位アロンソと3位ライコネンの差は18秒弱。
ただ今ガソリンが満タンのライコネンはマシンが重いので、
アロンソとのラップタイムの差が1秒ほどあります。
このあと28秒程度の差をつけられるとライコネン厳しくなります。
逃げるアロンソ(とハミルトン)、追うライコネン、
この先の勝負に注目ですね!

残り14週、まずはハミルトンがピットイン!
ライコネンとの差は24秒、ピットタイムは6秒弱、
ハミルトンピットスアウトその瞬間にライコネンがハミルトンの前に出た!

しかし、ハミルトンとの差がこれなので、アロンソへの逆転はちょっと厳しいかなぁ。

ってうわぁ、残り11週でハミルトンにライコネンが抜かれてしまったぁ!
ホームストレート後の1コーナーへの飛込みでのブレーキング、
ハミルトンが一気に飛び込んできた!
うわぁうわぁ、これは抑えられなかったなぁ。

そんな中、アロンソがピットイン。
ピットアウト後はハミルトン、ライコネンのはるか前だった・・・
フェラーリの1ストップ作戦、不発・・・

残り8週、ハミルトンにかわされたライコネンのマシンがちょっとおかしい。
ストレートでスピードが伸び悩んでいる。
あとは完走してほしいってとこかなぁ。

ちょっとテンション落ちたとこで、気が付きゃファイナルラップ。
もはやアロンソの圧勝。
次元の違う速さを見せ付けて、アロンソがトップチェッカー!
続いてハミルトンが2位フィニッシュ!
1ストップ作戦を用いて逆襲を試みたライコネンですが、
3位フィニッシュ!
しかしもはやタイトル争いは厳しくなってきたと言わざるを得ない。

今回のアロンソの優勝で、ドライバーズタイトルは
1位ハミルトンに対して3ポイント差に縮めたアロンソ。
もはやタイトル争いはこの二人に絞られたようで、ちょっと悲しいなぁ
フェラーリファンとしては。

次戦は第14戦ベルギーGP、ライコネンに一矢報いてほしいですが・・・
ちょっとテンション落ちてきましたよ~。
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2007 - ジャンル : 車・バイク

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。