スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1ベルギーGP すーだられびゅー!

2007/09/17 (月)  カテゴリー/F1観戦記

2007年F1第14戦ベルギーGP、伝統のスパ・フランコルシャンサーキット。
昨年はベルギーGPはカレンダーから外されちゃったわけですが、
今年めでたく復活。やっぱりF1にはスパがなくっちゃね。
格車、オー・ルージュでの走りに期待です!

前回の日記で書いた通り、マクラーレンのコンストラクターズポイントが
剥奪されるなど、場外でのゴタゴタがピックアップされてしまってますが、
サーキットでの熱い走りにまずは期待しましょう。

予選結果でポールポジションにはキミ・ライコネンが来ました!
改修されたスパ、フェラーリチームに少し有利みたいです。
2位マッサ
3位アロンソ
4位ハミルトン
の赤・赤・銀・銀の順。
フロントローを独占したフェラーリの逆襲に注目、
チャンピオン争いを演じるアロンソとハミルトンの勝負にも注目です。

日本勢ではTOYOTAのヤルノ・トゥルーリが9位に飛び込むも、
スーパーアグリの佐藤琢磨は下位に沈み、決勝での巻き返しに期待!です。

伝統のベルギーGP決勝レース、気まぐれなスパ・ウエザーは
どのような顔を見せてくれるのでしょうか?
いよいよ決勝スタートです!

結果を知ってもいい人は以下へGO!
↓↓↓

いよいよフォーメーションラップスタート!
ライコネンの紅いマシンを先頭に各車問題なくスタートしました。
気温は21度、路面温度34度、天気は快晴のようですが、
ご存知気まぐれすぎるスパ・ウエザー。
どうなるかはわからないのがベルギーの天候です。

各車特に問題なくスターティンググリッドに並んで、
シグナル・オールレッド、

ブラックアウト!

ライコネン無難なくスタート!
マッサも2位で1コーナーへ飛び込む。
注目は2位3位のマクラーレン、
果敢にハミルトンがアロンソにしかけるも
強引すぎたか、コース外へ飛び出す!

が、すぐにまたハミルトンがアロンソに追いすがり、
サイドバイサイドで並ぶもアロンソがそれを許さず
ハミルトンを押さえてみせる!

そんな中、ピットスタートだったジャンカルロ・フィジケラが
ピットに戻ってレースを終えた。
来季に向けて結果を残したいフィジコ、将来が厳しい。

2周終えて順位はライコネン、マッサ、アロンソ、ハミルトンの順位は変わらず。
しかしやはりスパのレースは面白い。
世界屈指のテクニカル高速ストレート、オー・ルージュで次々と魅せられる
時速300キロの高速バトル、いや手に汗握ります。

9週目トップは変わらずライコネン、徐々にマッサ、
そしてその後ろのアロンソとの差も広がり始めている。

12週目、9位BMWクビサが8位ルノーのコヴァライネンをパス!
高速コーナーからのブレーキングでクビサがコヴァライネンの横に並び、
その後のシケインでのクロスラインで完全にかわしていった。

15週目、まずはトップのライコネンがピットイン、
続いて3位のアロンソがピットイン。
お互いピットタイムは9秒弱。
ここで注目はまだコースで走ってるマッサとハミルトンのピット後の順位である。
映像を見る限り両者とも次の周回で入るみたい。

16週目、マッサ、そしてハミルトンがピットイン。
やはり両者とも9秒弱のピットタイム。
ピットアウト後の順位はピットイン前と同じ、
マッサはライコネンの後ろ、ハミルトンはアロンソの後ろでピットアウトした。
順位が違うのは3位にBMWのニック・ハイドフェルドがいることだけど、
ハイドフェルドはまだピットインしてないので、順位はすぐに元に戻る。

次に勝負が見られるのは2回目のピットイン時か、
それまでにコース上でのバトルが見られるのか?
出来ればコース上でのバトルを見たいもんですがね。
フェラーリの2台はともかく、ハミルトンがアロンソにしかけてくれそうな
気もするのですけどねぇ。

ここで10位争いにピックアップ。
10位レッドブルのデビッド・クルサードにBMWのクビサが襲い掛かる!
逃げるデビクル、追うクビサ。
屈指の高速サーキット、スパではやはり
BMWの方にスピードの分があるか。
ただそこはベテランにしてレース巧者のデビクル、
なかなかクビサにつけいるスキを与えません。
1コーナーでの飛び込みで並びかけるもデビクルここを押さえて、
オー・ルージュを駆け下りての高速コーナーへの飛び込みでも
クビサは追いつけず、バックミラー越しにプレッシャーを与えるだけ。
デビクルはまだピットストップしてないので、クビサはあまり無理をせず、
デビクルのピットインを待つのも吉かもしれない。

ここで我らが琢磨もピットインとの情報が。
しかし映像には映らない。
ちくしょーめ。

残り20週、上位陣の順位は代わらず、特になにもないためか
赤のマシンも銀のマシンも映らず、
中団での争いばかりが画面に映っている。
クビサとデビクル、コヴァライネンとバトン
どちらのバトルも片方は未だピットインしてないので
すぐに決着はつくような気がするのだが。

残り15週、そろそろ上位陣のピットも動き始める頃でしょうか?
上位の4人は全て2ストップ組ですが、中団には1ストップ組も多く、
ピットストップ後、結構入れ替わりが見られるのでは?と思われる。

と、ここでHONDAのバトンに
スーパーアグリの佐藤琢磨が追いかけまわしている!
ホームストレートで追いつき、オー・ルージュから高速コーナーの飛び込みで
琢磨が追いすがるもスリップストリームには入れずオーバーテイクまで至らなかった。
日本勢同士、HONDAエンジン同士のバトル、凱歌はどちらにあがるだろうか?

残り14週フェラーリのピットが動き始めた。
まずピットに入るのはトップのライコネン!
ピットタイムは6秒8。
4位ハミルトンの前でピットアウト。
このあとピットに入るマッサ、アロンソとの差はどうなる?

ここで超!注目のシーンが飛び込んでくる。
先ほどまでバトルしていた琢磨がバトンをついに捉えた!
ストレート後の高速コーナーでオーバーテイク!
一瞬でそのシーンは終わったが、手に汗握るオーバーテイクシーン、
もっと見せろよ国際映像!
抜かれたのは本家HONDAのバトンでちょっと複雑ではあるけれど。

そんななか、マッサがピットインしていたが、ハミルトンの後ろでピットアウト。
ライコネンを逆転することはできなかった。

残り12週、続いてアロンソがピットイン!
ピットタイムは5秒8、戻る位置は・・・
4位!フェラーリの1・2は磐石っぽい。
となるとこのあとピットインするであろうハミルトンとの位置関係に
注目でありますな。

残り10週、まだハミルトンは入らない。
燃料の軽い今がアロンソを逆転できるチャンスというところか。
一方のアロンソもそうはさせじと攻めの走りを続けているようで、
いよいよハミルトンのピットインに注目されます。

残り7週でいよいよハミルトンがピットイン!
ピットタイムは6秒3、アロンソとの位置関係は。。。
アロンソの後ろ!健闘虚しくアロンソを逆転することはできなかったようだ。

そんな中1ストップと思われたバトンがピットイン、
そのままガレージに入れてレースを終えてしまった。
HONDA、なかなか光明が見えないなぁ。

そんななか、琢磨がスパイカーのスーティルをオーバーテイクか、
というところでCMへ。おいおい~~~。

ラスト3週、順位はライコネン、マッサ、アロンソ、ハミルトンと変わらず、
しかしハミルトンまだまだ諦めてないようで追撃の手をゆるめず、
アロンソとの差を詰めてきています。

一方でライコネンのペースが上がっていない?
ここでもマッサとの差が縮まってきています。
作戦的にペースを抑えているのか?もしくはタイヤの問題か?
ここはライコネン逃げ切りたいところ。

ここでプッシュし続けていたハミルトンが一瞬のコースオフ、
攻め続けた結果でしょうか?
すぐにコースに戻れてラッキーというとこですね。

そしてファイナルラップへ突入。
ライコネンとマッサの差は縮まっているものの、
この差なら変わらずか、
そのままライコネンがトップチェッカーを受けた。
続いてマッサが入り、フェラーリの1・2フィニッシュ!
アロンソが3位に入ってハミルトンとの差を2ポイント差とまた縮めました。

ライコネンは今回の勝利でハミルトンとの差は13ポイント、
厳しいけれど、まだ逆転できない差ではないですね。
残り3戦、まだまだ可能性はあります!
なにがあるのかわからないのがモータースポーツ、その頂点F1、
ライコネンもまだまだ諦めてないみたいだし、
応援する側としてもまだまだ諦めずに応援していきましょう!

次回はいよいよ日本GP、富士スピードウェイです。
9月30日の昼1時10分に放送!
予定、空けてますか?空けときましょうね!


スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2007 - ジャンル : 車・バイク

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。