スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1日本GP、富士スピードウェイ すーだられびゅー!

2007/09/30 (日)  カテゴリー/F1観戦記

え~~~、朝から体調ぐだぐだで、熱が38度近くあるなか、
日本GP開幕ですか・・・。
でもせっかくの地上波生放送、記念すべき富士スピードウェイのグランプリ、
倒れそうなぐらい朦朧とした頭で見ながら頑張ってレビューします。
途中で倒れても大丈夫!


録画してますから!



じゃあ休んで、あとで見ろと?

生なんだよ~、生で観たいんだよぉ。

これで死ねるなら本望!

まぁパソにそまままうっぷしそうな私の体は放っておいてw
F1に戻すと、ゲストは近藤マッチに木村拓哉ですか。
キムタクは「HERO」の宣伝で来てるだけやろぉ。
ま、これでF1に興味のないお姉さま方もF1見ていただけるなら別にいっか。

今日の富士は雨のようです。
このウエットコンディションが荒れたレースを呼ぶかもですね。

ポールポジションはポイントリーダーのハミルトン。
2位にフェルナンド・アロンソ。
2ポイント差でチャンピオンを争う2台の走り、
とりわけ1コーナーへの飛込みには要注目です。

まだまだタイトルの可能性は残っている、
フェラーリのキミ・ライコネンが3位で、1位2位の間隙を突く事が出来るか?
母国GPで苦戦を強いられている日本勢の中で
唯一HONDAのジェンソン・バトンが7位と気をはいて期待大。
下位に沈んだ佐藤琢磨に雨が味方となるでしょうか?

富士の麓で行なわれるGPと、今にも倒れそうな僕の耐久レース。


完走できるのは、誰だ!?

結果を知りたい人は以下へGo!

↓↓↓


ああああああああああ、ヤバイ、目の前がぐらぐらしてきた・・・
あとで録画にするか・・・
いや2時間!あと2時間!俺の命よ持ってくれ!!

DGRAY.jpg


いよいよフォーメーションラップがスタート。
どうやら雨が激しく、ロードコンデションもかなり悪いようなので、
このままセーフティーカーに先導される形でコンデションの回復を
見るようです。なのでセーフティーカーが引っ込んだあと、そのままスタート。
これはハミルトンに有利?それとも後方のアロンソやライコネンが
スリップから飛び込んでくる?
ってかコンデション更にひどくなったらどうする?

そのセーフティーカー先導中、フェラーリのマッサが緊急ピットイン。
どうやらスタート時のタイヤ選択にミスがあったようです。

オンボードカメラの映像見る限りは雨はどんどんひどくなってる気が。

って、マッサに続いて今度はライコネンが緊急ピットイン!
どうやらフェラーリチームは逆転に賭けて、雨が弱まる事を予想した
タイヤセッティングにしてたみたい。
これは大失敗だなぁフェラーリ、逆転は遠ざかったような気がするなぁ。
雨は弱まる気配もなく、僕の症状もどんどん悪化しているようで。

5週経過したあとも雨は弱まらず、セーフティーカーの先導は続く。
傘をさして観戦しているお客さんもいっぱいだけど、
これは見るのもつらそう。僕もつらい。
片山右京や近藤マッチの声が遠くに聞こえるようになってきた。
集中力を欠いたら倒れてしまいそうですが、まだレースははじめりません。

すでに10週を過ぎてもレースは始まらない。
予報ではこのあと雨足更にひどくなるとか。
どうなるんだろう、今年の日本GP。
どうなるんだろう、僕の体。
めちゃめちゃ寒くて歯がガチガチいいながら書いてます。
2時間持つかなぁ。。。

13週目、水煙がめちゃめちゃ凄いぃ。
これレースできるの~?
予報じゃまだ悪くなるんでしょ~?
レースできなくなったらどうなるの~?
この日のために休みをとって見に来ている人もやきもきしてるやろなぁ。
倒れそうなぐらい苦しい中布団から出てリアルタイムレビューしている
僕もやきもきしてますが。

17週目、レースがまったくはじまらないまま、各チーム一回目の
ピットストップがはじまりました。
折角の21世紀初の富士でのF1GP、波乱どころの話じゃありません。
で、ここでセーフティーカーランプが消えた!
ここでついに、レース再開です!

水しぶきをあげながら1コーナーへ飛び込む!
まずはハミルトンが1位のまま1コーナーをクリア、続いてアロンソ!
ここはハミルトンが再開前の最終コーナーでアロンソをきっちり抑えて
ホームストレートを駆け抜け、1コーナーへ飛び込みました。

その後方では大混乱が起きました。
やはり水飛沫で見えない1コーナー、ウイリアムズのブルツのマシンが
破損しており、フェラーリのマッサがコースアウトしています。
そして好位置につけていたバトンがやはり巻き込まれて
フロントウイングを破損!
そして琢磨のフロントウイングも壊れているぅ!?
これは日本勢には厳しいホームグランプリになっちゃいました。

ってあああっ、ピットストップした琢磨のマシンから火が出てる!
でも火が出たままコースに戻る!?
雨のせいかすぐ鎮火したけど、大丈夫かなぁ。
そしてウイングを破損したバトンがピットイン。
4位を走っていただけにもったいない・・・

そんななか、ハミルトンはアロンソに対して差をひろげつつあるようです。
ライコネンは12位。逆襲のシナリオは厳しそう。
しかし雨のテクニカルコーナーで11位TOYOTAのラルフ・シューマッハをパス!
ライコネン、まだまだ諦めてないようです。
頑張れライコネン!俺も目がチカチカしてるけど頑張るよ!

しかし雨は一向に弱まる気配ないなぁ。

27週目、アロンソが1回目のピットストップ。
ピットタイムは11秒弱。
これは最後のピットストップになりそうです。
続く周回でハミルトンがピットイン。
アロンソとの位置関係が気になります。
ピットタイムアロンソとほぼ変わらず。
アロンソの位置関係は・・・

って、アロンソがタイヤをとられてコースアウト!
コースには復帰したみたいだけど、順位は8位と大きく落としたようで、
ハミルトンが4位に復帰してるのでこれはアロンソ、厳しくなってきた。

で、ここでなんとも驚く珍事が発生!
マクラーレンコンビはピットイン、フェラーリはスタートの戦略ミスでつまづき、
誰が暫定一位になってるかというと、
セバスチャン・ベッテル!


セバスチャ~~~ン!!


なんてどこかの執事のような名前のこのお方は誰!?とお思いでしょうが
トロ・ロッソのドライバーさんで、
トロ・ロッソですよ!?このチームの前身はあのミナルディですよ!?
雨が呼んだ波乱の中で起きた、最大の珍事といったところでしょうか。
でも、トラブルさえなかったらバトンや琢磨がこの位置にいてもおかしくなかったんですよねぇ。
もったいない・・・


そんな中、アロンソがホームストレートからの1コーナーへの飛び込みで
BMWにパスされてしまった!
一方でハミルトンも同じくBMWのクビサに仕掛けられて
やや接触、スピンアウト!
これはマクラーレンチームに異変が発生しているようです。
アロンソはそのあとまたもコースアウトして10位に後退、
ハミルトンはどうやらペースが上がらない模様。
ルノーのフィジケラ、レッドブルのクルサードに立て続けて抜かれてしまっている。

そんななか、ホームストレートでTOYOTA vs HONDAの日本同士の対決が!
トゥルーリ対バトン、1コーナーへの飛び込みでバトンがトゥルーリをオーバーテイク!
クロスラインでトゥルーリが逆襲を試みるも、ここはバトンが抑えて
HONDAに軍配があがった!


でもこれ、19位20位争いなんだなぁ・・・


残り28週、8位を走るアロンソのマシンにダメージが発生!
これはアロンソ、厳しいなぁ。

そして7位まで上がってきたライコネンが3回目のピットストップ!
今回はフェラーリはなんだかぐだぐだになってます。
僕もかなりぐだぐだになってきました。

そして残り26週でアロンソがクラッシュ!
これでアロンソは今回ノーポイントが決定!
ハミルトンがこのままフィニッシュしたら王座にほぼチェックメイト。
アロンソには厳しい日本GPになりました。
もはやアロンソもライコネンと同じく自力優勝はなくなったと言えるでしょう。
このあとハミルトンになにもなければ、ですが。
そしてこのままセーフティーコーナーが入る。
1位を走るハミルトンにはかなり余裕のある状況になってきた。
日本のファンが見守る中、アロンソがコースを去っていきます。

そのセーフティーカーが先導する中2位を走っていたマーク・ウェーバーがコースアウトしている!
しかもウエーバーなにか怒ってる!これは?これは?
セーフティーカー先導中なのに、後ろにいるトロ・ロッソのセバスチャンに
(もうセバスチャンで行くとしようw)
追突されてるっ!!

これはウエーバーもセバスチャンももったいない。
トロ・ロッソ初の表彰台があったかもしれないというのに。

その結果、フェラーリのマッサが3位に、ライコネンが7位まで順位をあげてきた。

残り20週でレース再開!
ハミルトンはこのままトップでチェッカーを受ける事が出来るか?
雨はまだまだ降っており、波乱がまだないとは言い切れません。

残り13週、スーパーアグリのアンソニー・デビッドソンがリタイヤ!
日本勢にはホント散々な日本GPだなぁ。

ってここでちょっとドキ!
生中継のF1日本GP放送終了の時間が・・・とか言ってやがる!
が、このまま放送を続行するとのこと。
あぁよかった。これで放送中断とかなったら
熱で火照った体を引っ張って、フジテレビに抗議するとこだったよ。

残り11週、ライコネンがテクニカルな高速コーナーで
クルサードをアウトから抜くというミラクルオーバーテイク!!
ライコネンは今回色々魅せてくれます!

その中、マッサがピットイン!3位を走っていたのに・・・
でもこれでライコネンが3位まで上がってきた!
まずは2位のコヴァライネンを猛追してます!
ここでコヴァライネンをパスし、奇跡が起きてハミルトンの前で
フィニッシュするような事があれば、まだまだタイトルの可能性は残っています!
かなり厳しい状況ですが、ライコネンは追撃の手を緩めない!
頑張れライコネン!俺も頑張っている!

残り5週、ライコネンがコヴァライネンに追いついてきた!
残り5週どこでオーバーテイクのチャンスがあるか?

残り2週、ハミルトンはもはや余裕の一人旅。
もはやすべての焦点は2位争い、ライコネンがしかけるも、
なかなかパスまで行く事が出来ない!

そしてレース終了時間ギリギリ、ハミルトンがファイナルラップへ入っていく!
これはいよいよデビューイヤーでワールドチャンピオンという
史上初の快挙が見えてきました。
ここまで来ると、フェラーリファンの僕も、新しい歴史の1ページを見たくなってきた。

2位争いはコバライネンが制したみたいだけど、
6位争いでマッサとクビサがサイドバイサイドの激しい
バトルを演じている!
いやぁ、F1でこんな激しいバトルを見られるなんて!

レースはフィニッシュしましたが、放送がここで中断。
勝利者インタビューもなにもなしかよ!
熱のある体でここまで頑張ったのになぁ。
スカパーだと最後まで放送したのかな。
来季はやっぱりスカパーに入ろうかなぁ。

F1も終わってホッとしたとこで、体に限界が来たみたい。

疲れたろう、パトラッシュ、
僕ももう疲れちゃったよ。

次回は中国GP、ハミルトンの王者獲得決定するのかなぁ。

シューさまが僕を呼んでるよ。。。
僕とっても眠いんだ。
ねぇパトラッシュ・・・





薬飲んで寝ます・・・
死にそう・・・



スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2007 - ジャンル : 車・バイク

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。