スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に購入!!   していましたw

2007/10/06 (土)  カテゴリー/GAME ROOM

もうちょっと前の話になるのですが、
PSP買っちゃったのですよ。
今話題沸騰中の新型PSPね。

小さくなって、軽くなって、以前のPSPよりも
手になじみがあるみたい。
女性に受けてるってのもなんだかわかるね。

DSC01938.jpg


こうして並べてみるとDSと比べてもそんなに変わらないでしょ?
ゲームボーイミクロと比べるのは酷ですけども。
今までの旧型と違って様々なカラーバリエーションが用意された
今回の新型PSP、現物を前に相当悩んだのですが、
ここはシンプルに(?)ピアノブラックを選択。
本当は赤が欲しかったんですよねぇ。
なんで赤用意しないんだろ?
赤を出せば3倍のスピードで起動すること間違いないのに。

しかし今回買った黒、これまた指紋が目立つんだ。
DSではエナメルネイビー買ったんだけど、これも指紋が目立ってて、
その反省がまったく活かされてないねぇ。

見ながらシルバーは指紋つきにくそうだし、いいかなぁと思ったんだけどなんだか地味で。
他の色もそう、どうにも薄い色が揃っているというか・・・

指紋つきにくい色にすんならそっちがいいと思うんだけど、
どうにもね、なんだかね、艶がある色の方が好きなわけですよ。
DSといい携帯電話といいね。


DSC01937.jpg


一緒に買ったのはこれまた今話題の
クライシスコア ~ファイナルファンタジーⅦ~」です。
ぶっちゃけこれを遊びたいがために今までスルーしてたPSPを購入したようなもんです。
まぁ最近まで買うつもりはなかったのですが、
雑誌やWebでの紹介を見ているうちに買いたい衝動がこみ上げてきまして
結局買っちゃいました。

ファイナルファンタジーVIIの過去のエピソードにあたる話で、
VIIの中で描かれたモノローグにも登場した
ソルジャー、ザックスが主人公の物語。
過去の物語りだし、世界観もしっかりと作られており、
FF7をプレイしてなくても大丈夫な作りにはなっていると思いますが、
それでもやっぱりFF7本編をプレイしておいた方がより世界観を理解できると思います。
DVDの「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」を見ていたらなおよし。
PS2の「ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII-」は・・・まぁ別に(爆)

ただこの主人公ザックスはFFシリーズでは結構貴重な明るく前向きで
熱血感溢れる少年マンガ的な主人公なのですが、
FF7で描かれたとおりの物語ならば、彼を待つのは悲劇しかないわけで。
それをわかっているだけに元気な彼を見ていると物語を進めるのが辛くなるわけで・・・


物語とはあまり関係のないミッションモードばかり遊んでて
シナリオが全然進んでいない今日この頃です▼*゚v゚*▼テヘッ


一方のシステム面ですが、ジャンルで言うならばアクションRPG。
しかしアクションアクションしてるわけでなく、
ボタンを押せば勝手に攻撃をする単純なもの。
魔法などはコマンドを選択すれば発動、という
アクションRPGとコマンド式RPGの融合という感じで、
PSの「パラサイト・イヴ」や
PS2の「デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団」あたりが近いかな。
だがどうにも混戦時にはコマンド選択がしずらかったり、
アクションなのにジャンプが出来なかったり、
かゆいところに手が届いていない感じで先にあげた先駆者と同様、
この融合はどうにも上手くいっていないようで、
アクションRPGとコマンド式RPGって実は水と油なんじゃね?とか思ってしまいます。
DSの「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト」がよく出来ていただけに、
ここはシンプルに普通のアクションにしてみてもよかったんじゃないかなぁとも思ってみたり。

ただグラフィックの美麗さはさすがで、PS2なみのグラフィックで
携帯ゲーム遊べるのは素直に凄いなぁと思った。
グラフィックがゲームの全てじゃないけれど、
例えばレースゲームや3DシューティングなどはDSで遊ぶにはちょいと辛かったけど、
PSPだとPS2と見劣りしないグラフィックやスピード感を楽しめるもの。
これはいよいよ、テレビ画面でゲームしなくなるかなぁ。





スポンサーサイト

テーマ : PSP - ジャンル : ゲーム

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。