スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日発売のソフト

2006/07/27 (木)  カテゴリー/ゲーム屋のお仕事

今週はニンテンドーDSソフトが豊富。
まずは任天堂以外のメーカーから出たソフトで
唯一ミリオンセラーを記録した
「たまごっちのプチプチおみせっち」の続編
「たまごっちのぷちぷちおみせっち ごひーきに」
読んで字の如し、たまごっちのゲーム版だ。
女の子に人気とのことで、今日僕の店でも
買っていったのはみんな女の子。
お母さんと一緒に来た小学生くらいのコが多かったな。
女の子にとってDSは重要なアイテムになりつつあるのだろう。
DSで売れるソフトを目指すなら意外とこの辺が狙い目かもしれない。




男の子向けには「甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの道2」
DSで発売された前作はゲームボーイアドバンス版の移植版で
売上げ的には今ひとつ。今では特価コーナーに並んでいる。
果たして完全新作の今作はどうか?
やはり買いにきたのは小学生くらいの男の子が中心だったが
伸びは「たまごっち」に比べると今ひとつな勢いだった。
やはり「ムシキング」はカードを集めてゲーセンで遊んでナンボなのか?
それとも「ムシキング」自体がそろそろ落ち目なのだろうか?
とりあえずこれからの夏休み期間に期待するしかない。。。



DSではもう1本「マリオバスケ 3on3」
最近のマリオ関連のソフトの中では今ひとつ勢いに欠ける。
ドリブルやパス、シュートといった一連の操作を
全てタッチペンで行うという、今までのバスケゲームの常識を
覆す操作方法が一線をひかせてしまっているのだろうか?
それが成功しているかどうかは、触ったことがないのでわからない。
せめて任天堂が体験版送ってくれたらなー。
まぁ、マリオシリーズなので長く売れてくれる事に期待するとしよう。
ちなみに製作はスクウェア・エニックス。
FFキャラも出てきますよ。



プレイステーション2はまず「かまいたちの夜×3三日月島事件の真相」
そこまで売れないのでは?との声がちらほらりと聞こえてきたりして
グループ店舗でも初回の数を抑えたとこもあったみたいだが
推理小説好きの僕に言わせればこれはいけると判断。
結構強気の発注。これが大当たり。
夏はこういったミステリーやホラーがなぜか好まれるお国柄、
加えて特にアクション要素はないし、
RPGやSLGのように面倒な設定やシステムもあるわけではない。
非常にシンプルに物語を楽しめるタイプのゲームなので
夏の夜にまったりとプレイするゲームとしてはちょうどいいだろう。
チュンソフトのサウンドノベルシリーズはどれも出来がいいので
安心して遊べるだろう。
個人的には「弟切草」の続編とかも見てみたいと思う。
「弟切草」は本当に怖いゲームで、バイオハザードの100倍は怖いと思う。
スーパーファミコンで遊んだ時に当時付き合っていた彼女に
「怖いから一緒にやって」と真剣にお願いしてた思い出が懐かしい。



「戦国BASARA2」は爽快的なアクションで人気を博した
前作を更にパワーアップして登場。
ぶっちゃけ某無双シリーズのフォロワーにあたるのだが
その差別化としてとった作戦は、とにかくキャラをたてる事。
無双シリーズも史実と離れたキャラ作りで、歴史に疎いゲームファンからも
人気を博したが、この「BASARA」は無双に輪をかけて
キャラがぶっ飛んでいる。さすがは「ストⅡ」で様々なゲーム史に
残るキャラを作ってきたカプコン。濃いキャラを作らせたら日本一かもしれない。
が、売上げ的には少々今ひとつといった印象。
予約も思ったほどのびなかったっけ。
無双シリーズ自体が乱発しすぎたせいか、人気が落ち目な今日この頃
2番手たるこのシリーズはどこまで数字を伸ばせるだろう?
ちなみに派手さでは間違いなく無双より上ではあります。



「キン肉マン マッスルグランプリMAX」は
ゲームセンターで稼動中らしいゲームの移植版。
ウチの店のアーケードゲーマー達は「これはいけますよ!」と言ってたのだが
蓋をあけてみればおもったほど売れない。
2年前に発売された「キン肉マン マッスルジェネレーションズ」
の半分ほども売れていない。デモを見たら結構面白そうだったので
これはいけるか?と期待していたら伸び悩み。
キン肉マンも手に入れたと思った黄金のマスクが偽者だったと知った時には
これぐらいショックだったのだろうか?
しかしデモを見たら原作をかなり忠実に再現されていて、ホント面白そう。
ストーリーモードは7人の悪魔超人編と、黄金のマスク編をメインにしてるみたい。
ならばデモを見たときこれだけは思った。
悪魔将軍にマッスルスパークをかけるのはないっしょ!
あと、Ⅱ世のキャラはいらねぇー



PSPでは「ダービースタリオンP」
人気の元祖競馬SLG「ダビスタ」のPSP版だ。
PS版の「ダビスタ」は本体の売上げにも貢献し、
本体ごと購入していく人もいたので、
近作もPSPの救世主となれるか?との期待もあったが
そこまでのパワーはなかったようだ。
だけど、「ダビスタ」って結構携帯機向きだと思うのだ。
外にも持ち出して、仕事の休憩時間とか、待ち合わせ時間とか、
電車の中とかでちまちまちまちま馬を育てるのっていいんじゃないかな。



X-BOX360ではこれ、「首都高バトルX」
「湾岸ミッドナイト」を地でいくような首都高を舞台にした
レースゲームの最新作。グラフィックはPS2版「首都高バトル01」が
霞むほど美しく、夜の首都高の再現度は更にアップ。
チューニング、カスタマイズも多岐に渡り、
車好きにはたまらない出来になっているようだ。
問題は・・・そう、X-BOX360のソフトだということだ。
360、持ってないんだよなぁ。。。持ってたら間違いなく買うのになぁ。。。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。