スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のF1もいよいよ開幕!

2008/03/15 (土)  カテゴリー/F1観戦記

年度末!という事で仕事がめちゃめちゃ忙しく、
プライベートでも友達と集まってモンハンする事が多かったりと、
この本館であるはずのブログを最近放置気味のtakeさんですが、

いよいよ止まっていた僕の時計が動き出しました!

あのライコネンの奇跡の逆転優勝で幕を閉じた2007年GPの終了から早5ヶ月。
いよいよ今年のF1GP開幕です!

やはりフェラーリ党の僕としては今年も
キミ・ライコネンをプッシュプッシュ!
同僚のマッサにも頑張ってもらいたいところ。

参戦を危ぶまれていたスーパーアグリも開幕ギリギリで参戦にこぎつけ、
佐藤琢磨の走りを今年もまた見られるようです。

また今年注目すべきポイントとしては日本人初のフルタイム参戦F1ドライバー、
中嶋悟の息子、中嶋一貴のレギュラーデビューがあります。
中嶋悟がデビューしたのは確か僕が中学生か高校生くらいの頃で
僕がF1を見るきっかけになったのも、中嶋パパが
日本にF1ブームを持ってきてくれた事と言っても過言ではありません。
その息子がF1デビューするなんて。。。感慨深いものがあります。

もちろん、HONDA、TOYOTAの日本陣営にもそろそろ上位を争ってほしいところ。
オフシーズンのテスト結果による予想では、今年は圧倒的にフェラーリが強く、
独走もありえる!と予想されていた今年のF1GP。
第一戦オーストラリア、アルバート・パークサーキットの予選結果が出ました!

 1 L・ハミルトン/ マクラーレン
 2 R・クビサ/ BMWザウバー
 3 H・コヴァライネン /マクラーレン
 4 F・マッサ/ フェラーリ
 5 N・ハイドフェルド/ BMWザウバー
 6 J・トゥルーリ /トヨタ
 7 N・ロズベルグ /ウィリアムズ
 8 D・クルサード /レッドブル
 9 T・グロック /トヨタ
10 S・ベッテル /トロ・ロッソ
11 R・バリチェロ /ホンダ
12 F・アロンソ/ ルノー
13 J・バトン /ホンダ
14 中嶋一貴 /ウィリアムズ
15 M・ウェバー/ レッドブル
16  K・ライコネン /フェラーリ
17 G・フィジケラ /フォース・インディア
18 S・ブルデー /トロ・ロッソ
19 A・スーティル /フォース・インディア
20 佐藤琢磨 /SAF1
21 N・ピケJr /ルノー
22  A・デビッドソン /SAF1


キミ・ライコネン、マシントラブルにより予選Q2を走れず、
16番手に沈む!

ディフェンディングチャンピオンとして挑む今年のシーズン
開幕戦早々厳しい船出となりました。
ですが昨年も絶望的な状況から逆転王座を獲得したライコネン、
逆転に向けての熱い走りを期待しましょう。

ポールポジションはマクラーレンのルイス・ハミルトン。
今年はもう“脅威の新人”ではなく、マクラーレンのエースとして走る
新しいシーズン、その真価が問われる最初のGPで
まずは優勝でスタートを切る事が出来るか?

BMWの2台が調子いいのも気になります。
予選搭載時の燃料が軽かったとの話もありますが、
フェラーリやマクラーレンのレベルに到達しつつあるのかもしれません。

ルノーに復帰したアロンソは12番手。
ルノーは去年からマシンが熟成しておらず、
昨年の屈辱を晴らすにはもうしばらく時間がかかるかも。

日本勢ではトゥルーリが5位、グロックが9位と
TOYOTA勢が好調のようで、決勝でもこの勢いのまま行ってほしいとこです。

本格デビューの一貴は 14番手スタート。
同僚のロズベルグが7位につけているとこから
もう少し上位へ行ってほしかったところですが、
まずはこんなものでしょうか。
少しづつ、マシンとレースに慣れていって
去年のハミルトンのように大化けしてほしいものです。

琢磨&スーパーアグリは・・・
開幕前のテストをなんにもできてない事を考えれば
しょうがないところでしょうか。
あとはレースでの奇跡とアグレッシブな走りに期待したいとこです。

今年はオリンピックイヤー。
でも僕にとっちゃ五輪なんぞよりもF1、
日本勢のメダルの数より順位なんです!

今年の祭典、2008年F1GP第一戦オーストラリアGP、
明日いよいよ決勝です!
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2008 - ジャンル : 車・バイク

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。