スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1イギリスGPすーだられびゅー!

2008/07/07 (月)  カテゴリー/F1観戦記

久々のF1すーだられびゅー行っちゃいます。
色々忙しかったり、パソコンが不調で
れびゅー書いてる最中でパソコンが落ちたりと
なかなか書けてない今年のF1GPですが、
誰もこんな記事見てないだろっ!!

な自己満足日記をどうぞ。

伝統のイギリスGP、シルバーストーンサーキット。
マクラーレンのヘイキ・コバライネンが初のポールポジション!
にも驚きですけど、もっと驚きなのが2位に
レッドブルのマーク・ウエーバーが入っている点。
どうしたウエーバー!?どうしたレッドブル!?
現在ポイントランキング2位、昨年の覇者、
フェラーリのキミ・ライコネンは予選3位。
その背後の4位にマクラーレンのルイス・ハミルトンと
選手権を争う二人のスタートにも注目。
ポイントリーダーのフェラーリ、フィリペ・マッサは9位、
日本の中嶋一貴は15位スタート。
ポイントゲッツ目指して頑張れ一貴!
パパも来ているぞ!

ウエットコンディションのイギリスGP、いよいよ決勝スタート!

結果を知ってもいい人はここからどうぞ
↓↓↓

雨の降る中のスタートとなるイギリスGP。
フォーメーションラップでも水しぶきが舞ってます。

特に問題なく、前者グリッドについて・・・
シグナル・オールレッド・・・

ブラックアウト!!

1コーナーには・・・
コバライネンが好スタートで飛び込むも
それ以上の好スタートでハミルトンが2位にジャンプアップ!
コバライネンを抜こうとするもここはコバライネンが抑え、
銀のマシン同士のチームメイトバトルがいきなり展開!
ライコネンは3位にジャンプアップ・・・
と、予選2位のウェーバーがスピン!
その後方ではマッサがスピン、一貴が一瞬のコースオフと
雨で滑りやすい路面、
1週目からいきなりの波乱のレースとなってます。

レースは3週目、トップでは相変わらずマクラーレンの
チームメイト同士のバトル。
トップスピードではハミルトンの方が速いのか
ホームストレートで果敢に攻めるも
水しぶきが邪魔をしてか後ろについても
なかなかにオーバーテイクまで持っていけない。
その後方、少し離れてライコネンが様子を見てるのか
引き離されるでもなくついていってます。

臆病でちょうどいいのよねこういうときは。

一方でもう一方のフェラーリドライバー、マッサは
後方でなんだかスピンしまくってる。

4週目、ついにハミルトンがコバライネンを攻略!
ストレートから高速コーナーへの飛び込みであっさり抜いた。

邪推だけどあっさり過ぎないかい?
チームオーダー禁止だよ?
確かに僕はフェラーリ派だけど、
ちょっとあっさり抜かれすぎた気がするんだけど、
もしコバライネンに問題があって抜かせたんなら
ライコネンにもあっさり抜かせるのかい?

ハミルトンはコバライネンを抜いたあと、
コバライネンとの差をどんどん広げてる。
ライコネンも早いトコ、コバライネンを攻略しないと
置いてかれちゃうなぁ。
ハミルトンはひょっとするとガソリン少ないのかな?

と書いてるとこでライコネンがコバライネンをかわしたみたい。
なんかどんどん差を広げているとか。
テレビに映らないトコでなにがあった?

と、ここでリプレイ。
あ、コバライネンスピンしてる。
それでライコネンは楽々抜いていったわけか。
初めてのポールだったのに、コバライネンいいことないなぁ。
ハミルトンには抜かれたのか抜かせたのか知らないけどさ。

フォース・インディアのエイドリアン・スーティルが車体を浮かせながらコースアウト。
荒れてるなぁ~~~。

レースは16週目。雨はあがってるそうです。
となると路面はそろそろ乾いている頃。
ウエットタイヤでの走行はそろそろ辛いはずなので
このあとのピットインがひとつのキーポイントにはなってくるだろうなぁ。

ミスしまくってたマッサは現在16位。
15位のフォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラを追いかけているけど、
ベテラン中のベテラン、フィジコをオーバーテイクするのは難しいだろうなぁ。

一貴は現在13位だそうです。
頑張って欲しいところ。

18週目、ハミルトンとライコネンの差は縮まってきました!

19週目、まずはマクラーレンのコバライネンが1回目のピットイン。
突然画面がサーモグラフィーになってびっくり。
タイヤがどんだけ温まってるかを判断する新機軸みたいです。
ここはウエットタイヤで再びピットアウト。
まだまだ濡れてる路面が多いとの判断かいな?

20週目にルノーのフェルナンド・アロンソがピットイン。
やっぱりウエットタイヤでコースに戻る。
アロンソは今年は完全に脇役になっちゃったなぁ。

21週目、ハミルトンとライコネンが同時ピットイン!
ライコネンはタイヤ交換をせずに給油のみ、
ハミルトンはタイヤ交換までして、
再びほぼ同時にピットアウト。
僅差でハミルトンが前に出る。

と、ここで再び雨が降ってきたみたい。
となると新しいウエットタイヤに交換した
マクラーレンに有利なのだろうか?
イギリスの天候は自国のチームである
マクラーレンに味方しているのかもしれない。

せめてライコネンのピットインがあと一週遅かったなら、
と思うけど、フェラーリの戦略、(また)裏目に出ちゃうかなぁ。

CM明け、突然一貴のスピンから始まった。
コース上のスピンで、すぐにレース再開の運びになったようで無事。
一貴も焦っただろうけど、それ以上に
放送席の悟パパの方が焦りまくってた事だろう。

そんな中、ハミルトンとライコネンの差がどんどん拡がっている。
タイム差はおよそ一週につき7秒近く。
これは厳しい。
フェラーリは早く戦略を見直さないと
コバライネンにも追いつかれてしまう。
最初のピットインでマクラーレン、ハミルトンをかわそうと焦りすぎたかな。

27週目、ライコネンが遂にコバライネンに捕らえられた!
更にBMWのニック・ハイドフェルドにもかわされ
一気に4位へ後退。
イギリスの天候はフェラーリをあざ笑う。
が、ハイドフェルドはここで一気に
コバライネンをも攻略!
一位ハミルトン二位ハイドフェルド三位コバライネン四位ライコネンの順で
レースは後半戦に突入していく。

30週目、ライコネンはBMWのロバート・クビサにも追いすがられる。
ここでライコネンはようやくピットイン。
この判断が遅すぎたかどうか。
もはや後はここで一気にゴールまで走りきる戦略だと思うのだが
解説陣の言葉ではどうやら走りきるには短い給油時間だったとか。
フェラーリの迷走は続いている。

33週目、クビサがストレートから高速コーナーへの飛び込みで
コバライネンを攻略。雨による水しぶきの中
接近してからのオーバーテイク。
すごい漢(おとこ)だ・・・。

雨はより激しくなってきて
コースのあちこちでスピンやコースアウトが目立つようになってきた。
もうコースは川のような状態。
トップを走るハミルトンや追い上げてるクビサも滑ってる状況。
もはやまっすぐ走れるような状況ではなく、
これはまだまだ大波乱が起きるような予感。

残り23週、ハミルトンが2回目のピットイン。
マクラーレンはフルウエットではなく、通常のレインタイヤのよう。
少し晴れ間がのぞいて雨もやんできてるので、
路面も乾き始めるとの賭けだろうか。

一方でライコネンがスピン。
フェラーリは今回いいトコがない。

残り20週、クビサが痛恨のコースアウト。
ハミルトンと同じく通常のレインタイヤでピットアウトしたのだけど
これは賭けに失敗したようだ。
ハミルトンはどうなるだろうか。

残り19週で3位にHONDAのルーベンス・バリチェロ、
4位にTOYOTAのヤルノ・トゥルーリと
雨のGPが日本勢を上位に押し上げてきた!
そして一貴は9位。
ポイントが見えてきた!!

残り14週、雨はやんで晴れ間がずいぶん見えてきてる。
2位を走ってたHONDAのバリチェロがピットイン。
2位を走ってたのに、ああもったいない。
それでも3位に復帰したみたいだけどもったいない。

残り6週、面白くなってきたのは中団の争い。

5位がアロンソ、それを追う6位コバライネンなのだけど
それに迫ってくるのが7位の中嶋一貴!
ストレートからコーナーの飛び込みで
果敢にアロンソに仕掛けるコバライネンだけど
ここはアロンソがなんとか抑えていく。
その争いが続く中、ついに一貴がコバライネンの後ろについた。
マクラーレンを突っつく中嶋一貴ウッヒョウ!
でもここはあまり焦らないで欲しい。
後ろからトゥルーリが来てるし、焦って接触なんてなったら
目も当てられない。
残り3週、コバライネンが何度もサイドバイサイド一歩手前まで行くものの
アロンソがそこは抜かせない。
その後ろにぴったりとついている一貴だけど
アロンソよりはペースが早いという事だろう。

残り2週でコバライネンが遂にアロンソを攻略!
ここは苦しいタイヤでコバライネンを抑え続けた
アロンソを褒めるべきだろう。
そして次にアロンソの後ろについたのは中嶋一貴。
残り1週と少しで元ワールドチャンピオンを
攻略する事が出来るか?

いよいよ集会はファイナルラップ。
果敢にアロンソを攻めるも、アロンソもそこは簡単に抜かせない。
後ろにはTOYOTAのトゥルーリ。
ここは厳しい、焦ることはしないように。

そんななか、マクラーレンのハミルトンがトップチェッカーを受ける!

そして一貴はアロンソを抜けず、逆にトゥルーリにかわされたよう。
抜かれたのは残念だけど、15位スタートで8位入賞は見事だろう。
これだけ荒れたレースを生き残ってポイントゲットしたのだから。

2位にはBMWのハイドフェルド、
3位にはHONDAのバリチェロが入った。
HONDAの表彰台はやはり嬉しいし、セナが走ってた頃から
現役で走り続けているバリチェロの表彰台は嬉しい。

そして雨のレースで翻弄されたライコネンはそれでも4位フィニッシュした。
これでドライバーズランキングは
ハミルトン、ライコネン、マッサが48ポイントで並ぶという事態に。
これからのGPはますます目が離せない!

・・・忙しくなければ。

とりあえず、ナイスファイト、一貴!
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2008 - ジャンル : 車・バイク

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。