スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1ハンガリーGPちょこっとれびゅー

2008/08/05 (火)  カテゴリー/F1観戦記

8月3日のハンガリーGPでは
マクラーレンのヘイキ・コバライネンが初優勝。
TOYOTAのティム・グロックが2位と
誰も予想しなかったであろう結果になりましたが、
それを演出するきっかけになったのは
ポイントランキングを争うドライバーの脱落にありました。

まずは2位走行中だったルイス・ハミルトンがタイヤトラブルにより
下位に脱落(最終的には5位フィニッシュ)
そしてこの日は絶好調で1位を独走していた
フィリペ・マッサがなんとラスト2週でエンジンブローによるリタイヤ、
という信じられないトラブルが襲ったのです。
この日は他を寄せ付けない走りでトップチェッカー間違いなし、
という走りをしていただけにマッサの落胆は目に見えて大きかったものです。
実際レース後のインタビューでは今も信じられないという
感じで目に涙がたまっていたようでした。

どうにも今シーズンのフェラーリは戦略といい、
なにかいただけない。
シューマッハ在籍時代の完璧を目指していた集団が持っていた
気迫のようなものが薄くなっている気がします。
シューマッハだけでなく、ロス・ブラウンやジャン・トッドと言った
チームの中核が去ったからなのでしょうか。
同じくなんだかキミ・ライコネンの走りにもキレが失われている気がします。
今回は3位に入ってハミルトンとの差を縮めたのだから
よかったものの、なにか歯車がかみ合っていないような気がします。
去年移籍してきたばかりの彼に
シューマッハのようにチームをひっぱれというのは酷のような気もしますけど、
今のフェラーリに欠けているのはチームの中心となるべき存在なのじゃないかなぁ。

あとTOYOTAの新人グロックの2位フィニッシュは嬉しいのは嬉しいんですが
そろそろポディウムの中央に立つ姿も見たいもんです。
ほぼ同時期にF1に入ってきたBMWがフェラーリ、マクラーレンの
2強の間に入っているのを見ると、日本チームももっと頑張ってほしいなと思うな。
もちろん、HONDAもな!

一貴は13位フィニッシュでしたがホントに目立ちませんでした。
せめてポイント圏内走ってればね・・・

(´・ω・`)ノシ
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2008 - ジャンル : 車・バイク

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。