スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤロー2人で「崖の上のポニョ」を見に行っちゃったぞ~

2008/08/20 (水)  カテゴリー/映画日和

実家が周辺にある大分市の親戚の家に行ってきた時の話。
久しぶりに会った学生時代の友人と二人で映画に行ってきました。
その映画とは今絶賛上映中の「崖の上のポニョ」



ポーニョポーニョポニョ、魚の子~♪


と何故だか耳に残る歌が印象的な
あの歌で有名なあの映画です。
(ちなみにボクの今の着メロだったりする)


しかし男二人でポニョを見に行くというのは
なかなかチャレンジングな行動だと思うのです。
「ハプニング」とか「ダークナイト」とか
アニメだったら「スカイクロラ」だとか
男同士で行っても全然平気じゃない?
と言った映画が候補に挙がったのですけど、

「ここはやっぱりポニョだろう!」

と強く推薦。
やっぱり「ゲド戦記」以来のジブリ映画にして
ハウルの動く城」以来の宮崎駿監督作品だから
やっぱり見たいと友人を口説き落としたのですが、
実質の理由は

地元ではポニョを一人で行ったり男同士で行く勇気がない!

といった理由が根底にあったのは内緒のしょこたんである。

しかしやはりそこはポーニョポーニョポニョ魚の子~
な映画であって、昼間に行くのは子供が多いに違いない、
パ~クパク、チュギュッ
なので8時半以降のレイトショーを観に行く事にしました。

友人の車で行った先はパークプレイスという
商業施設の中にあるシネコン。
このパークプレイスというところは
どうやらイオン系列のショッピングモールらしく、
でっかい観覧車もあるかなり大きく綺麗なとこで、
福岡で言うとこのキャナルシティかマリノアシティかと言った感じで
でも福岡県民以外にはまったくわからないと思うので
ようするにでっかいショッピングモールだと言う事だ。
大分でも1・2を争う大きさの有名な
デートスポットであるらしい。
僕らが行ったのは夜だったのですが、
家族連れもよく見られたものの、やっぱりカップルの多い事よ。

対する僕らは彼女いない歴そろそろウン年な僕と、
彼女いない歴というより×がついてそろそろ6年くらいになる友人の
暇つぶし用にPSPを持ってきているような暑苦しい組み合わせ。

オッケイ!

もちろん映画館についても目立つのはカップルが多い。
やはりポニョは子供連れのお客さんもよく見られた。
昼間ならもっと凄いんだろうけど。

対する僕らは男同士でキャラメルポップコーンを買っている
暑苦しすぎる組み合わせで

オッケイ!

ポニョを観に来てキャラメルポップコーンを食べる。
これだけで今回のミッションは達成されたようなものだ。

スクリーンに入っても浮くこと間違いなしだが
暗くなってしまえば関係ない。

ちなみにスクリーンが開くまで待ってる間、
NARUTOのグッズを見ている女の子二人組みがいたのだが
僕らにもう少しの勇気があれば
この夏休みに見た映画が「崖の上のポニョ」ではなく
「劇場版NARUTO疾風伝」になっていたかもしれない。


そして映画が始まって・・・

映画の内容は多分に「魔女の宅急便」以来と思われる
直球ストレートの、言ってしまえば子供向け。
どっちかと言えば「となりのトトロ」を思い出すかな。
かと言って子供だましの映画では決してなく大人でも楽しめる、
無邪気な子供たちの冒険とそれを優しく見守る大人たちの物語。

どんなに不思議な事が起きても不思議と思わず
普通に受け入れる人たちとか
結局フジモトはなにをしたかったのかと言った
謎を謎のまま放りっぱなしのような
最近のジブリ作品のお約束いっぱいのところも相変わらずだけど

でも、それでいいじゃん。
小難しく考えたり悩んだりすることなく
頭をからっぽにして楽しむ事が出来る
現代の御伽噺。
いやらしく「ヲイヲイ、」なんて突っ込んだりせずに
童心に返って心から楽しみましょう。

大体にして僕なんてばポニョの最初のセリフ、

「ポニョ、そーすけ、スキ!」

でポニョにノックアウトされました。

「take、ポニョ、スキ!」

ダイスケ的にもオール・オッケーイ!

いやいや、ホントにこれでいいのか37歳独身・・・

(´・ω・`)ノシ





スポンサーサイト

テーマ : スタジオジブリ - ジャンル : 映画

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。