スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009F1モナコGPすーだられびゅー!

2009/05/25 (月)  カテゴリー/F1観戦記

最近毎週月曜日になるとめちゃめちゃ困ります。

なにが困るかって?

だって・・・

ジャンプで連載中の「ONE PIECE」の盛り上がり方が
ここんとこハンパじゃないから。

(福岡地区ではジャンプは毎週月曜発売です)

インペルタウンでの大騒動は予期せぬ
盛り上がりの連続で毎週毎週
ドキドキしすぎて寿命縮んじまうんじゃないかってくらい。
1週間につき1日寿命が縮んでるんじゃないでしょうかヴァタクシってば。

今週は黒ひげ一味がいよいよ絡んできて
盛り上がり方がドーピングMAXジャック範馬って感じですよ。
昨日F1見て夜更かししてる体には毒ってもんです。





・・・前フリが長すぎましたね。
久しぶりのF1レビューです。
見た後で書いたら遅くなって朝に響くので
今日書くことにしました。
あれ以上寝るのが遅くなってたら
今日のジャンプ読んでそのまま逝ってたかもしれません。

昨日は伝統のモナコGP。
モナコはやっぱり特別なGPで、
本戦放送前にモナコマイスター、セナの
映像流してました。

あぁ、あの頃のF1はほんと面白かった・・・
今時の若いF1ファンってセナが現役で走ってた頃
知らない人もいたりするんでしょうかね。

特別なモナコでゲストが番長清原ってのは
よくわからないんですけども、
一貴クンとなにか思い出があるのかな?

そんなモナコを制したのはやっぱりブラウンGPのバトン。
もう別格の早さですな。
ウイリアムズ・ルノーで別格の速さを見せ付けてた
ナイジェル・マンセルを思い出しちゃいます。
あの頃のウイリアムズはアクティブ・サスペンションをはじめ、
当時最先端のハイテク技術を投入していて
他のチームを寄せ付けないマシン性能を誇っており、
神童アイルトン・セナを擁するマクラーレン・ホンダを持ってしても
太刀打ちできなかった、言わばマンセル以外の誰が乗っても
勝てるようなマシンだったわけで。

なんか今季のブラウンGPと重なりますな。

対抗馬のいない今年のブラウンGP。

このままワールドチャンピオンまで突っ走っていきそうな気がします。

そう考えれば考えるほど、このマシンは元々
HONDAのマシンだったと考えてしまって、
F1見る気が失せ・・・・



てしまうからテレビでも毎回毎回HONDAの遺伝子だなんて言うなよぉー

悲しくなってしまうじゃないか!!


HONDAじゃないんだ!
あのマシンはHONDAじゃないんだ!
ブラウンGPという振興のF1チームなんだ!!




って思ってみないと、ほんとやりきれなくなります。



そんななか、今回のモナコGPではフェラーリがやっとこさ
復活の兆しを見せてきました。
キミ・ライコネンが今季初表彰台の3位。
フィリペ・マッサが続く4位。
ライコネンいわく今はこれが精一杯らしいですけど、
フェラーリが早いとやっぱり見てるほうは盛り上がりますなぁ。
やっぱり基本ヴァターシは和製ティフォッシですから。
今まではブラウンGPどころか、レッドブルやTOYOTAの後塵を
廃していたんですが、今回一躍ブラウンGP追撃の一番手に
名乗りをあげてきた感じです。
やっぱりフェラーリが早くないとF1は面白くない。
今年はただでさえあまりのめりこんで見れてないのに・・・
ヨーロッパラウンドでの赤い跳ね馬の逆襲に期待したいところです。


今季は時すでに遅しなんて気もしますけどね・・・


TOYOTAは今回のモナコではいいとこなかったです。
今季限りでの撤退の噂がまことしやかに流れてますけど、
今季は表彰台の頂点を狙える速さは間違いなく持ってるんで、
撤退とか言う前に頑張って優勝してちょうだいよ!
とか思います。
ブラウンGPがコケた時とかね!


一貴はファイナルラップで単独クラッシュ、リタイヤしちゃいました。
今季結果残さないと来期のシートはやばそうですからねぇ。
ちょっとあのリタイヤは評価落としちゃったような気がします。
頑張らないと悟パパの寿命が縮んじゃうわよ
カズキボーイ!!
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2009 - ジャンル : 車・バイク

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。