スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三沢光晴選手 急逝

2009/06/14 (日)  カテゴリー/徒然日和

それを知ったのは昨日の夜11時半頃。
さんまの恋のから騒ぎを見てた流れでの
スポーツうるぐす。

「プロレスラー三沢光晴さん急逝」

僕の第一声は思わず、うそーーーーっ!!

最近はプロレスや格闘技観戦から遠ざかっている僕ですが、
三沢はもちろん知ってるし、
なにより青春を燃やしたプロレスラーです。

僕がプロレスをこよなく見ていたのは
10代後半から20代前半にかけて。
当時新日本プロレスでは、蝶野、武藤、橋本の闘魂三銃士が、
全日本プロレスでは三沢、川田、小橋の超世代軍が、
世代交代を叫んで戦っていた頃で、
僕も当の三沢をはじめ、熱く応援してた頃。

三沢と言えば二代目タイガーマスク。
偉大だった初代との比較に悩みながらも、
ジュニアヘビーからヘビー級へ転進し、
華麗に戦うヘビー級マスクマンという
初代とは決定的に違う地位を確立。

そしてマスクを脱いだ後、本名で戦うようになり、
天龍源一郎以下、大量の選手が離脱し
設立以来のピンチに陥っていた全日本の
新たな救世主として、当時怪物と言われていた
ジャンボ鶴田を相手に一歩も引かぬ戦いを展開。
そのファイトにファンを燃え上がらせ、全日本を甦らせました。

師匠ジャイアント馬場の死後、全日本の社長に就任するも、
会社とのいざこざがあって独立、
プロレス団体ノアを旗揚げ、
その激しく、かつ凶器や反則などがほとんど存在しない
肉体と肉体のみのぶつかり合いを追求したスタイルは
「ノアだけはガチ」
という言葉を生み出し独自のファン層を開拓。
混迷するプロレス界の担い手と期待されたりもしたもんです。

もちろん三沢も社長とレスラーの二束の草鞋で
変わらぬ激しいファイトでファンを魅了。
近年は新日本や古巣の全日本との交流にも意欲的で、
全日本時代には想像出来なかった、
新日本の選手とのファイトも見せてくれてました。

彼の代表的な技は代名詞的なエメラルド・フロウジョンをはじめ、
色々ありますが、「三沢のエルボー!」と言って
とんねるずあたりがネタにしていたのを
知っている人も少なくないのではないでしょうか?




以上、資料なしで自分の記憶のみで書き連ねたので、
間違いがあったらすいません。


しかし、最近は観客動員数の低迷に加え、
日本テレビでの放送打ち切りという危機が襲い、
レスラーとしてより社長として悩める日々が続いていたのでは、
と想像されます。

受身の天才と言われた三沢選手が、
バックドロップによる脳震盪が原因で死去。
ひょっとして試合に集中出来ないなにかが
心をよぎったりしていたのではないでしょうか?


ちなみに今回の事は痛ましく、悲しい出来事とは言え、
試合中のアクシデントです。
ショー的な要素が強いプロレスとは言え、
ボクシングなどと同じく体を張ってる危険なスポーツでもあり、
受身や打ち所を間違えば、万が一の事も起きるし、
今回のような事故になったケースも過去にあります。
相手を務めた斉藤選手に責任を求めたり、
責めたりするのは間違いです。
逆に彼自身、今回の事故で深い傷を負ったと思います。
ただ本人にも相手の斉藤選手にも、そして応援していたファン達にも、
不幸な事故であった、としか思わざるを得ません。


ですが三沢選手、彼がプロレス界に残してきた功績は、
偉大なるものであったと誰しもが認める事でしょう。


偉大なるプロレスラー、三沢光晴選手。
その46歳という早すぎる死を悼むとともに
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : スポーツニュース - ジャンル : ニュース

この記事へのコメント

格闘技については全然疎いのですが、今回の件はショックです。
鍛え抜かれた強靭な身体もほんの一瞬であっけなく逝ってしまうのですね。
とても残念ですが、ある意味、リングの上で多くのファンに囲まれ生涯を終えることが出来たのはレスラー冥利に尽きるのではないかとも思います。
ご冥福をお祈り申し上げます。

博多小町 | URL | 2009/06/15 (月) 01:02

>博多小町さん

今回の事はホントショックでした。
最近離れていたとは言え、かつて熱心に応援していた人ですからねぇ。
突然の事とは言え、人生を捧げたリングの上で、
自分を愛してくれたファンに囲まれて逝けた事は
せめてもの救いだったかもしれませんね。
あとは残された人々が強く生きていってくれる事を願うばかりです。

take | URL | 2009/06/15 (月) 22:58 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。