スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンクエストの思い出

2009/07/08 (水)  カテゴリー/ドラゴンクエスト

もういくつ寝ると、、、

DS「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発売日です。

いくら発売日延期の常習犯ドラクエでも
ここまで来て延期はないでしょう。
PS2のVIII以来約5年ぶりの最新作(外伝・リメイク除く)
ナンバリングタイトルとしては初の携帯ゲーム機での新発売、
マルチプレイ対応、と話題性にも事欠きません。

セーブデータが一つしか作れないというのが
ネットでも結構話題になってるみたいですけど、
ビアンカとフローラのどちらかを選ぶようなイベントさえなければ
僕のような独り身には問題ないんじゃないかな。

WiFi対応しておらず、マルチプレイはDSを持ち寄っての
ワイヤレス通信のみになったのはちょっと残念かな。
ネットでの全国いろんな人とのマルチプレイを楽しみにしてたんだけど
なくなってしまったのはしょーがない。
モンハンパーティでまた集まってマルチしようと思います。

でもあくまでドラクエは一人でのプレイも楽しませて欲しいもの。
寝るのも忘れてプレイに没頭できるような冒険の場を用意しておいて欲しいな。

去年はDSで4と5のリメイクを遊んだけど、
完全新作である今作、いろんな新要素を盛り込んだ
新生ドラゴンクエストと呼べるような今作だけに
不安もあるけど楽しみの方がやっぱり勝ってます。

ドラクエの思い出はやっぱり1、2、3の記憶が強く印象に残ってますね。

ファミコンで初めて遊んだRPGの1。
寂しげなメロディが印象に残るアレフガルドのテーマは
今も耳に残ってます。
勇者は常に正面を向いたまま、街の人に話しかける時も
「きた」「みなみ」と方向を指示しなきゃいけなかったり、
階段を昇り降りする時も階段の上に乗ってから
「かいだん」のコマンド選ばなきゃいけなかったのよ。
ドラクエの1はゲームボーイや携帯アプリでしか
遊んだ事のない人はびっくりの仕様でしょう?
今のRPGがこんな仕様だったらまず間違いなくクソゲー扱いでしょうね。
でも初めて遊んだドラクエはひとつひとつのイベントやセリフに
大きな感動があり、驚きがありました。
記憶の中で美化されているのがあるのかもしれないけれど、
今PS3のグラフィックでドラクエ1をリメイクされたとしても、
ファミコンで遊んだあの感動には(個人的には)かなわないと思います。
吟遊詩人ガライの物語に思いを馳せ、
たいまつで数歩先までしか照らす事の出来ない洞窟の暗闇に恐怖を感じ、
城塞都市メルキドの入り口を守るゴーレムの脅威を出会う前から感じ、
ハイラルの勇者リンクの墓がある事に驚き、
竜王の島へ虹の橋がかかった時には数ドットの虹に
神々しい光をこの目に見たもんです。いやマジで。

そうそうそう、今では有名なローラ姫とのお泊りイベント。
これがあるのを知ったのはローラ姫をお城に送り届けて随分たった後に
友達から教えてもらったんだよね。クリアした後だったかな?
そのイベントを見たいために、直前のふっかつのじゅもんを探したっけ。
ローラ姫を抱っこしたまま宿屋に泊まると宿屋の主人が
「ゆうべはおたのしみでしたね」
のセリフを言う、それだけなのにそのイベントを見たくて見たくて
しょうがなかったんだよ。
当時は中学生だったtakeさん。
道端に落ちてるエロ本を見てはドキドキしてたお年頃。
その「ゆうべはおたのしみでしたね」のセリフだけで
スタンディングオベーションだったんですよ。

ファミコンの原色のグラフィックの中に無限の世界を感じていたんだなぁ。

2になると世界は更に広がり、
サマルトリアの王子とのすれ違いに一喜一憂させられ、
犬に姿を変えられたムーンブルグの王女を救うため
真実の姿を写すラーの鏡を捜し求め
盗賊ラゴスを追い求め、太陽の紋章を見つけられず
夜な夜な友人と電話で情報交換をし、
新しい大陸に上陸したときにアレフガルドのテーマが流れて
世界の広さに打ち震え、
ロンダルキアのダンジョンの落とし穴や無限回廊に
血管破れるんじゃないかってくらいにイライラを募らせ、
「じゅもんがちがいます」のセリフが出る度に涙でにじんだ
目をこすりながら「め」「ぬ」の違いを探し続けて・・・

3ではルイーダの酒場で出会う仲間たちに
ゲーム上では見えない個性を感じ、
勇者♂にあとは戦士♀、魔法使い♀、僧侶♀の
ハーレムパーティを作ってあらぬ妄想に実を焦がし、
2度戦う大盗賊カンダタの強さに身を打ち震わせ
敵の出現率が高くなることを知りながら
おうごんのつめは確実にゲットし、
モンスターが偶然落としたさとりのしょによって
賢者を二人作れた事に感動し、
ジパングやエジンベアと行った現実の地球をモデルにした
世界の冒険に心躍らせ、
ついに魔王バラモスを倒した後に黒幕である大魔王ゾーマ出現に驚愕し
地裏の世界アレフガルドに辿り着いた時には
世界のつながりに果てしないループを感じ、
ようやく出会えた父を見たときに出た一言
「カンダタやん!」

1も、2も、3も遊んだのは随分昔のはずなのに
ひとつひとつの地名、ひとりひとりの名前が
まるで自分自身が体験したかのように身に刻まれてます。

昨年遊んだリメイクの4や5でもあんなにハマッたはずなのに
ここまで空で固有名詞が出てきません。

6や7、8に至っては、遊んだときにはめちゃめちゃ楽しくてはまってたはずなのに
ひとつひとつのイベントの内容がすっごい希薄なのはなぜだろう?
8はPS2でグラフィックやイベントも綺麗に演出されてたはずなのに、
どこの町の名前も思い浮かびません。
巨乳のお姉ちゃんがゼシカってのだけはよく覚えているんですけども。

子供の頃遊んだゲームだから、子供の頃の思い出として
強烈に記憶に焼きついてるのかもしれないけれど、
ファミコンの拙い性能で、今遊んだら間違いなくクソゲーと呼んでしまいそうな
バランスだった1、2、3には、面白い!とは別に
心に響く感動がそこにあったと今は思います。

今度発売される9でまた、
ファミコン版で感じたような感動をまた味わえたらいいなぁ。



でも、セーブデータはひとつしかないんだから、
呪いの音楽とともに
「ざんねんながらぼうけんのしょはきえてしまいました」
は止めてくださいね!

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ドラゴンクエストIX - ジャンル : ゲーム

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。