スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009F1シンガポールGPすーだられびゅー!

2009/09/27 (日)  カテゴリー/F1観戦記

F1グランプリ唯一のナイトレース、
シンガポールGP。
見る方としては恐らくはモナコ以上に
見ごたえのあるレースであって、
走る方としては恐らくはモナコ以上に
攻略し難いコースだと思う。

ご存知モナコを例にとってもわかるように
市街地コースでのレースは面白い。
普段は一般の車が走ってる道路でのレース。
その特異なコースレイアウトはもとより、
周りの景色まで楽しませてくれる、それが市街地レース。
今回のシンガポールでは加えてナイトレースである。
照明の光を受けてメタリックに輝くF1マシンの美しいコト美しいコト。
さながらF1を舞台にした湾岸ミッドナイトである。

が、そこを走るドライバーたちはさすがに楽しんでばかりはいられないだろう。
鈴鹿や富士スピードウェイ、ホッケンハイムやハンガロリンクといった
サーキットはモータースポーツをするためだけに存在するサーキット。
コースレイアウトや、路面まで考えてデザインされている。

対して市街地サーキットはあくまで開催期間の急ごしらえである。
両サイドをコンクリートウォールに囲まれており、
路面状況もレース専用サーキットと比べるとあまりにバンピー。
その辺の国道○号線でF1レースしてるもんだと考えて頂きたい。
レース専用のスリックタイヤには優しくないだろう。
ちゃんとチェックはしているとは思うが、どこに凸凹があるか
市街地という事で排気ガスで発生した埃の量もサーキットの比ではないはず。

シンガポールはモナコほど激しいアップダウンはなさそうだけど、
コース幅はモナコよりも広く、一見抜きやすそうなコース。
しかしラインを外れたらどこにタイヤが滑るポイントが待ち受けているか
わからないだろう。
更にナイトレース、普段よりも先の見通しは悪いはずだ。
伝統のモナコと違って歴史の浅いシンガポール、
コースのデータもまだまだ各ドライバーも完全ではないだろう。

そんなドライバーに優しくない夜のシンガポール
しかし繰り返して言うが、見てる方としては楽しい事この上ないシンガポール。
今回の結果は・・・

波乱のナイトレースを制したのは
昨年のワールドチャンピオン、マクラーレンの
ルイス・ハミルトン。
既にチャンピオンの道は閉ざされたハミルトンだけど
今回は見事にポール・トゥ・フィニッシュ!
王者のレースたるかくやと言わんばかりの
横綱相撲でした。

そしてスタート前には予想だにしなかったのが
TOYOTAのティモ・グロックが2位フィニッシュ!
セーフティーカーの導入などのチャンスに上手く乗って
ジャンプアップしてきた形だけど、
来週の鈴鹿に向けてTOYOTAがマシンを
熟成させてきたってのもあるかも。
今年はとうとう主役になれなかったTOYOTAだけど
今回のグロックの2位は来季への期待も十分に抱ける結果で
頼むから今季限りで撤退とか言わないでほしいものだ。
BMWのように。

中嶋一貴はポイントに一歩届かず、9位フィニッシュ。
しかしライコネンの追撃を抑え続けてクビサを追いかけ続けた
その走りによくやったと言葉を送りたい。

そのライコネンというか、フェラーリは今回の
シンガポールではまったくの不調。
おかげでテレビに出る機会も少なく
その真紅の車体をナイトレースで
あまり拝めなかったのが残念だ。
もう今季は捨ててしまったのだろうか?
そうなんだろうか?

選手権の行方はほぼ決してしまったといっても
過言ではないが、ナイトレースのシンガポールは
波乱、または波乱のレースで、
不安定な路面に恐れずアタックするドライバーたちの
姿も見ることが出来て、実に面白いレースだった。
いつかモナコでナイトレースとかやってほしいものだけど
さすがにドライバーたちは止めてくれと言いたいところだろう。

さぁ2009年のF1もいよいよ大詰め。
来週はF1サーカスは日本にやってくる。
舞台は鈴鹿。
富士も悪くないんだけど、日本でF1といえば
やっぱり鈴鹿だろう!!

鈴鹿でバトンのチャンピオンが決まってしまうのか!?
これがHONDAのままだったら・・・とはもう言うまい。
来週の鈴鹿は生放送。
実際の鈴鹿に行ってみたいと思いつつ・・・

今日は、おやすみ!
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2009 - ジャンル : 車・バイク

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。