スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009F1日本GPすーだられびゅー!

2009/10/05 (月)  カテゴリー/F1観戦記

いよいよ開幕、日本GP!
日本GPが開幕、といえばそろそろ今年のF1も
終わりに近い、という事で。

まぁHONDAの撤退やらフェラーリの低迷やらで
どうにも今年はあまりのめり込んでF1見れなかったんだけど、
やっぱり日本GPは注目しちゃいます。
なんせ、今年は3年ぶりの鈴鹿での開催。
繰り返すけど、やっぱり日本でのGPは鈴鹿でしょ!

日本GPというためか、今回は福岡でも予選が放送されたんで、
昨夜はばっちり見ましたよ。

いやぁ・・・荒れ荒れの予選でしたなぁ。

クラッシュが連発して次から次に赤旗中断。
難易度が高い事で有名な鈴鹿。
3年ぶりの開催という事で、皆さんブランク出ちゃったんでしょうか。
中にはハミルトンやベッテルといった
F1新入生のように(下位カテゴリを含めて)鈴鹿初体験っていう
ドライバーもいたみたいだし。

波乱また波乱の連発で、予選結果判明しないまま
放送終了しちゃいました。
福岡では深夜に放送されましたが、
向こうの方では生放送だったようで、放送時間内に
終わらなかったようです。
遅くまで起きて見ていたのに・・・

その後、泣く泣くネットで予選結果を確認。
なんのために情報シャットダウンしてたんだ・・・。

予選1位はレッドブルのセバスチャン・ベッテル、
そして2位にはTOYOTAのトゥルーリが飛び込んできました!

予選でよくても決勝ではパッとしない印象が多いTOYOTAだけど、
今回こそその悪いイメージを払拭してもらいたい!

3位にはマクラーレンのルイス・ハミルトン。
今季限りでフェラーリ離脱が決まったキミ・ライコネンは
4位に位置づけており、ここからの逆襲が望まれますね。

今回の鈴鹿GP、注目すべきはトゥルーリとライコネンの2人。
あと15位につけてる中嶋一貴も目が離せない!
・・・ように頑張ってもらいたい!

レース本戦は以下の続きを見るからだ!

あっ、トゥルーリいきなりハミルトンに抜かれちゃった。
とりあえず3位は死守したみたいだけど、
これから頑張って挽回してほしいところ。

2週目、トゥルーリ現在3位。
ベッテルはどんどん逃げてハミルトンとの差を広げてるみたいだけど、
ハミルトンとトゥルーリの差はまだ開いてないので、
(優勝の)チャンスはまだまだあると思う。

17週目、トゥルーリが1回目のピットイン、
先にピットインしたハミルトンとの順位を今回は逆転できず、7位で復帰。
まだピットインしてない連中に順位逆転されないよう、
ハミルトンを追いつつ、ペースを落とさないようにしてほしい。

その後、続々と各社1回目のピットインするも
順位は変わらず、ハミルトン2位、トゥルーリ3位のまま。
2回目のピットインが鍵になるか。

残り16週目、ハミルトンが2回目のピットイン。
トゥルーリはここが逆転のチャンス。
軽くなったマシンを走らせて走らせて、
次の自身のピットインでハミルトンとの位置を逆転してほしい。
トゥルーリは自己ベストを更新して逃げる逃げる。

残り14週のとこでトゥルーリがピットイン。
ハミルトンとの位置関係は・・・

逆転だ!

TOYOTAのトゥルーリがマクラーレンのハミルトンを逆転!
2位の座を自身の走りで奪い返した!

残り13週で1位のベッテルがピットイン。
トゥルーリとの差は正直でかい。
コース上での逆転は厳しいなぁ・・・。
ここはトラブルに期待するしかないところ。
運に賭けたいところです。

残り10週、ベッテルに死角なし。
ここ鈴鹿でTOYOTAの頭上に初優勝をもたらせたいとこだけど、
もはやレッドブルのマシンが火を吹かない限り、
逆転は厳しいかなぁ・・・と思ったところで、
派手なクラッシュが発生!

130Rという鈴鹿名物の高速コーナーで、
トロ・ロッソのマシンが派手にクラッシュ!
看板を粉々に砕く大クラッシュで、
セーフティーカーが入る事になった。

これで開いていたベッテルとトゥルーリの差は無くなった事に。
でもそれはトゥルーリが折角逆転したハミルトンにもチャンスを与えてしまうかもしれないという事で、
このクラッシュ、セーフティーカー導入は
トゥルーリにとって、吉となるか凶となるか。
鈴鹿の悪戯な女神はどう微笑むのか?

と、言いつつなんだかこのままレースが終わる可能性もあるみたいで、
う~~~~ん、残り5週だしなぁ。

残り4週でセーフティーカーが引っ込む事に。
最後のレースが再スタート、
どうする?どうなる?
ベッテルとトゥルーリの間に邪魔な周回遅れのマシンがいたために、
ベッテルと逆転することは出来なかったものの、
ハミルトンとの順位の逆転は許さず、2位は死守。
ってか、セーフティーカー入ってる間に、
周回遅れのマシンを抜いちゃ駄目なの?
周回遅れなんだから順当な位置に下げときゃいいのに。

残り2週でベッテルとの差は2秒7。
厳しい状況だけど、チェッカーフラッグまで諦めずに
攻め続けてもらいたい。
レッドブルのマシンに悪魔が微笑んでもらいたい。

しかし健闘かなわず、レッドブルのベッテルがポール・トゥ・フィニッシュ。
トゥルーリは2位フィニッシュでTOYOTAの母国GPを終えました。
2位はいい結果だし、昨年のチャンピオンハミルトンを相手に
堂々としたレースをしたのは今年のF1で久しぶりに熱いものを見せてもらったけど、
やっぱりね、鈴鹿なんだし優勝した姿を見たかった。
前戦のグロックに続いてTOYOTA2戦連続2位表彰台。
これはここにきて昇り調子になってきているという事でしょうか?
残り2戦、果たして表彰台の頂点に立つ姿を見せてくれるのでしょうか?
とりあえず、ベッテルには届かなくて結果は残念だったけど、
今日はとにかく頑張ったと思う。
今日の主役は間違いなくトゥルーリでした!

そしてライコネンは4位、一貴は15位でした。
トゥルーリばっかり見てて、すっかり忘れてた・・・

母国GPで15位て・・・(チームメイトは5位)
来季のシート、大丈夫かなぁ・・・

ちなみに今日の放送で佐藤琢磨がゲスト解説者を務めてました。
琢磨にももう一度、F1に戻ってきてほしいもんです。

それでは次戦ブラジルGP!
見るとは思うけど、レビューするかどうかは未定です!

誰か僕にF1への情熱を戻してください・・・
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2009 - ジャンル : 車・バイク

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。