スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆけゆけ、我等 南極探検隊

2009/11/01 (日)  カテゴリー/女神転生

いつものあのお方

ただいま第3セクター“カリーナ”探索中。

あのお方が登場してきました。
ナンバリングタイトルではないとはいえ、
この方が登場してきたという事は今回のSJが
外伝でなく真・女神転生シリーズの本流であるということの証と言う事でしょう。

1と2では青年紳士の姿、
3では少年の姿、
また3のマニアクス版では車椅子の老紳士の姿として
登場した彼が今回は意外にも少女の姿で登場。

物語の黒幕なのか、それとも傍観者として関わってくるのか、
物語冒頭で登場した謎の3人組の一人ではないようですが、
これはちょっと目が離せなくなってきました。


っていうかゲーム的にも止めどこを見失うくらいハマってるんですけど。
相変わらず戦闘はシビアな部類に入ると思います。
従来のシリーズと比べるとバランスはやさしめになってるとは思うんですけど、
ドラクエやFFといった他のゲームと比べるとやっぱり厳しい。
4人パーティと言っても主人公と召喚した悪魔たちの構成。
召喚士である主人公が死んだら即全滅なわけです。
Xボタン1発で簡単に進められるオートバトルを信用しすぎると、
わけがわからないままゲームオーバー画面を見るハメに。
ただし今回のSJでは下画面に敵悪魔のデータが表示され、
デビルアナライズで解析できていれば弱点もすぐにわかる
攻略本いらずの仕様になっているので
戦略さえたてて戦えばそんな簡単に全滅する事はありません。
戦闘に応じてパーティを構成する楽しさもメガテンならではであります。

だけど今回のSJでは初遭遇の悪魔はウイザードリィのように
未確認の敵として表示されるので、初対面の相手はさすがに緊張しますけど。
現在探索中のカリーナでは『ドッペルゲンガー』という悪魔が出てくるのですが
こいつはシリーズ通じて物理攻撃反射してくるので、未確認の時に遭遇したときには
あやうく全滅しかけるとこだったよ。

ここまで書いてて思い出したけど、この先絶対アイツも出てくるんだろうなぁ。
シリーズ通じて1・2を争う嫌われ者。
一つ目象悪魔、ギリメカラ。
シリーズファンなら誰でも知ってると思うけど、
こいつも物理攻撃みんな反射してきやがるんだけど、
未確認グラフィックだと一つ目の象だなんてわかんないぞう



・・・病み上がりって事で許してくださいm(__)m

真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)
(2009/10/08)
Nintendo DS

商品詳細を見る


真・女神転生 STRANGE JOURNEY 公式ガイドブック真・女神転生 STRANGE JOURNEY 公式ガイドブック
(2009/10/08)
ファミ通書籍編集部

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 真・女神転生 STRANGE JOURNEY - ジャンル : ゲーム

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。