スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009F1アブダビGPすーだられびゅー!

2009/11/02 (月)  カテゴリー/F1観戦記

いやぁ、小林可夢偉(かむい)凄かった!
レビューしてない前戦ブラジルでもバトンを相手に
堂々のデッドヒートを繰り広げたりと
デビュー戦とは思えない鮮烈な走りを見せてくれたんだけど、
今回のアブダビGPでも魅せてくれました!

デビュー2戦目にして6位入賞ポイントゲット!
レース内容も、ジェンソン・バトン、キミ・ライコネンといった
新旧ワールドチャンピオンを堂々のオーバーテイクと
国際映像を通じて、アグレッシブなバトルを
見せ付けてくれました。
一方で、ブレーキングやタイヤマネジメントなどに長けているようで、
今までの片山右京や佐藤琢磨のようにアグレッシブなだけでなく、
クレバーな一面も見せてくれたようです。

負傷欠場中のティム・グロックのピンチヒッターという事で
急遽参戦というデビューだったわけですが、
それでこの結果、来季に向けて強くアピールできたのではないのでしょうか。
来季も彼が走る姿を見れる事を期待してもよさそうです。
1年通して同じ走りが出来るのなら、来シーズンは
今シーズンよりずっと、楽しんで見れそうだなぁ。


一方、もう一人の日本人ドライバーにして、
唯一のレギュラー参戦だった中嶋一貴ですが、
最終戦、完走こそしたものの目立った活躍を見せる事が出来ず、
(かなり長時間カメラに追いかけられてた可夢偉と違って、一度も画面に捉えられず)
結果を残せないまま今年最後のレースを終えました。
可夢偉の存在が鮮烈だっただけに、さらにその存在が霞んでた気がします。
参戦2戦でポイントゲットした可夢偉に対して
1年通してノーポイントで終わってしまい、
来季のシートがいよいよ怪しくなってきました。
正直、どこかスポンサーがバックアップしないと厳しいだろうなぁ。
才能は非凡なものは持っているとは思うので、
シートを確保出来る事を期待したいです。
F1ドライバーとしては後輩の可夢偉にやられっぱなしで去るのもね・・・
(事実前戦ブラジルでは直接対決でものの見事に返り討ちにあってるわけだし)


このように日本人ドライバーの明暗分かれた最終戦アブダビGPですが、
F1史上初のトワイライトGP。
夕暮れ時にスタートして、ゴールする頃には
シンガポールGPのように照明が照らす中での夜のレースとなります。
空の色がオレンジ色から紫へ、そして漆黒の夜に突入する時間帯。
僕の一番好きな黄昏時の時間帯であって、ビジュアル的にはとても楽しめるレースでした。
今年が初開催となるアブダビのサーキットもロングストレートやテクニカルコーナーを組み合わせた
近代的なコースレイアウトになっていて、ゲームで再現されたら
なかなか楽しめそうなコースになっていました。
立体交差でつながっているピットレーンというのも
面白いアイデアだなぁと。
今シーズンはいまいちのめりこめない一年だったけど、
このコースは面白そうだし、可夢偉がドライバーとして登場するのなら
今年度版のゲームを買ってみてもいいかな。

ワールドチャンピオンは前戦で既に決定してますが
ブラウンGPのジェンソン・バトン。
中盤戦一時失速しはしましたが、前半戦の勢いそのままに
ワールドチャンピオンの座を獲得しました。
コンストラクターズタイトルの方ももちろんブラウンGPで、
ブラウンGPは参戦初年度にしてダブルタイトル獲得という快挙を成し遂げました。


HONDAがもう一年頑張っていれば・・・


開幕戦から最終戦まで、この一言につきる一年でした。

来年は心機一転、もう少しのめりこめるシーズンになる事を期待したいところです。

F1サーカスはこれよりオフシーズン。
F1大好きtakeさんにとって冬がこれからはじまります。
季節的にも冷たい風が吹き始めて、
本格的に冬になってる気もしますけど。

とりあえずは来季に向けてのドライバーラインナップが
決まっていく事に注目していくとしましょう。

さらば、2009F1GP!

あでゅー
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2009 - ジャンル : 車・バイク

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。