スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガ倉庫にいってきた

2006/07/11 (火)  カテゴリー/徒然日和

今日、マンガ倉庫というとこに行ってきた。
マンガ倉庫とはその名から大体想像がつくとは思うが
古本屋さんである。
古本屋さんだがおもちゃやゲーム、カードやフィギュア、
楽器から古着までなんでも扱っている、リサイクルショップである。
店内は意識してごちゃごちゃした雑多な配置になっており
壁やら外装は黒を基調としており、
先に書いたとおりなんでもかんでも色々置いてあるので
一種の混沌(カオス)的な雰囲気をかもし出している。
同じようなごった煮本屋の「ヴィレッジ・バンガード」を陽とするなら
このマンガ倉庫は陰といったところだろう。
ハイロウズの中古CDが同じタイトルで、状態もそんなかわるものでもないのに
違う金額の値札が貼られているアバウトさも、その暗黒面故か。

ちなみにこのマンガ倉庫では、ファミコンどころか
PCエンジンやメガドライブ、ネオジオなんかも平気で扱っている。
MSXのハードも売ってたりしたのだが、誰が買うのだろうか?
個人的にはメガドライブを買って「マイケル・ジャクソンズ ムーンウォーカー」を
遊んでみたかったところだが。

それはともかく、自店での参考になればと思い、
ゲームコーナーの陳列やコメントカードなどをチェックしてみたのだが
なんかいたって普通のゲーム説明しか書いておらず、
少々拍子抜けした。
先にあげた「ヴィレッジバンガード」の手書きPOPはめちゃめちゃセンスがあって
何度も衝動買いしてしまったぐらい見てるだけでも楽しく、
かつ購買欲をそそるものだが、こちらのコメントカードは
普通のストーリー説明や、システムについて書かれているだけで
味気ないというか・・・いや、自分とこもあまり人のこと言えないんですが。
ところが、そんななかでひときわ大きなコメントカードで書かれているものを
発見しました。
題材になっているのはPS2の「玉繭物語2~滅びの蟲~」というソフト。
こういったマイナーソフトをチョイスしているだけに、どれだけ
オススメ、絶賛しているのか期待がもてます。
以下はtakeが見てきて記憶したものを書いてるので原文ママではないですが
書いてる内容に偽り、創作はございません。

「なんじゃこれは。ポケモンのパクリじゃねーか。
どのモンスターもすぐに食べられてしまいそうなキモいのばっかり。
横に描かれている女も食べられそうになってるのに笑ってんじゃねーよ!
大体、玉繭とか、蟲とかわけわかんねー。
それにこのメーカーのロゴ、幼稚園児が書いたような絵でヘタクソすぎる。
『玉繭物語2~滅びの蟲~』
お前の会社の方が先に滅びるぞ!」


・・・ええ~っと、別にyahooの掲示板で拾ってきたわけではないです。
原文ママではないですが、確かにこういった内容の事を
お店の売場に陳列されているソフトの上に貼ってある
コメントカードに書いてました。
・・・コメントカードって、商品を買ってほしくて書くんですよね?
少なくとも僕はそう思っています。
なのに、このゲームがどんな内容かには触れず、イラストがどうとか
メーカーロゴがどうとか・・・


genki_logo.gif


↑↑↑これが幼稚園児が描いたみたいと言われたメーカーロゴ

陽に対して陰と書きましたが、ここまでくるとダークサイドまっしぐらですな。
アナキン・スカイウォーカーもかくや、という感じです。
ああ、ひょっとして買ってほしくないから、
スタッフがいずれ買おうと思っているから、
こんなこと書いてんだろうな。そうに違いない。


しかし、さすがにこのセンスはマネできない・・・


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。