スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1日本GPすーだられびゅー!

2006/10/09 (月)  カテゴリー/F1観戦記

さてさて、話題のF1日本GPですが、
我らがシュー様こと、ミハエル・シューマッハ、
エンジントラブルでリタイヤしてましたな。
テレビで観戦してたらさぞかし絶叫してたことでしょう。
モータースポーツの頂点、Formura1。
ドライバーの技量はもとより、マシンコンディションにも
左右される事ももちろん多く、
チェッカーフラッグ直前で限界に達したエンジンが火を吹いて
目前まで迫っていた優勝を逃したドライバーも
一人や二人ではありません。
「これがレースというもの。納得している」
とはシュー様の弁。
そう、これがレース何が起こるかわからない。
F1の中に棲んでいる魔物はいつ牙をむくかわからない。
長くF1を観てきて、その事はわかっちゃいるのだが・・・
肝心要のこの時に、なんでシュー様にふりかかっちゃうかなぁ。

この日本GPの結果を受けて、シュー様引退の花道を
ワールドチャンピオンで飾る事は限りなく遠くなったといえよう。
現在シュー様の最大のライバル、ルノーのフェルナンド・アロンソは
今回の日本GPで優勝して10ポイント加算のトータル126ポイント。
シュー様は今回リタイヤで、0ポイントのため、トータル116ポイント。
その差10ポイント。
シュー様がワールドチャンピオンになるための条件は
たったひとつのシンプルな答え、
次のブラジルGP、シュー様が優勝で、アロンソがノーポイント。
たったこれだけである。
シュー様の優勝の可能性は大きいだろう。
今季のフェラーリ&シュー様の速さは実証済で、
ブラジルGP、インテルラゴスでも十分優勝は狙えると断言できる。
問題は、アロンソがノーポイントに終る可能性が限りなく0に近いという事だ。
今シーズン、アロンソがノーポイントに終ったのはたったの2回。
アロンソ&ルノーのパッケージングは今シーズン、
信頼性にかけてはNo.1に等しく、まずリタイヤは望めない。
下位で終る可能性についても、アロンソの安定した速さは
時にシュー様を凌いでおり、例え優勝できないレースでも
しっかり表彰台には上ってくる速さを兼ね備えている。
今シーズン、アロンソが表彰台に上っていないのは
先のリタイヤを含めて4レースしかないのだ。
優勝回数が同じでありながら、アロンソがシュー様を10ポイント
上回っている秘密がここにあるのだ。
正直、アロンソの自然消滅は限りなく0に近いと言えるだろう。
(なにが起こるかわからないのがF1であるので0とは言えないが・・・)

そこで!我らがシュー様がブラジルでなんとしてもワールドチャンピオンを
勝ち取り、引退の花道を飾るためには
フェラーリのセカンドドライバー、フィリペ・マッサが握っていると言えよう。
つまりマッサが鉄砲玉となって、アロンソに突っ込み、自分もろともアロンソをリタイヤにする。
ペナルティをくらわないよう、あくまで自然なレーシングアクシデントに
見せかける事が絶対必要、とてつもない大役だ。
シュー様はもちろん頑張って自力で優勝してもらわなければならない。

・・・自分で書いておいてなんだが、こんな形でシュー様優勝しても嬉しくねえなぁ。
しかし、裏では結構ドロドロしているF1の世界、
これが実際起こっても、おかしくないんだよなぁ。
シュー様には前科あるし。
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2006 - ジャンル : 車・バイク

この記事へのコメント

まだまだつづく ランキング
1位 長瀬・浜崎  2位 台風 3位 ミハエルリタイヤ
4位 山本  5位 ディープインパクト
6位~399位はココから~   
 ↓ ↓ ↓ ↓
http://bigsio.jp/~99bb

| URL | 2006/10/09 (月) 18:11

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。