スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジョジョの奇妙な冒険」ゲームが出たぞ!

2006/10/26 (木)  カテゴリー/GAME ROOM

今週いよいよ発売されました。
ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド
ジョジョの奇妙な冒険第1部を忠実(?)にゲーム化された今作。
ちなみに僕は重度のジョジョファンで、この第一部から、
最新作「スティール・ボール・ラン」まで全巻持っているヲタぶり。
まぁ時々ディオさまに
6080f99b.jpg

みたいな感じで登場してもらってるから、大体想像してもらえると思いますが。
そんなジョジョファン注目の今作ですが、
ジャンルとしてはファイナルファイトタイプの1対多数のアクションゲーム。
ジョジョことジョナサン・ジョースターだけでなく、
ツェペリさんやスピードワゴン、ストレイツォに
粉々死したダイアーに、なんのためにイギリスまで来たかわからない
老子トンペティも使う事が出来る。
注目のシステムとしてはポージング。
ジョジョと言えば熱くて面白いセリフに、奇妙な擬音、
そして大げさなキャラクターのポージングこそが、ジョジョの醍醐味!
そのポージングを戦闘中に使用する事でパワーアップしたり
回復できたりというシステムらしい。
まぁジョジョらしさを追求した故のシステムだとは思いますが、
大体原作付のキャラゲームってこういった原作ならではのシステム入れたら
大体失敗するんだよな・・・
ワンピースのサンジが女性キャラに対して攻撃力が落ちるっていうのは
足枷にしかならなく、そこまで徹底するなら原作通りに女性には手をあげないぐらいにしろよ!
・・・というのはまぁ関係ない話で、このゲームはどうでしょ?
こういうときは某掲示板をチェーック!
ディ・モールト!ディ・モールト!みたいな採点を期待するが・・・




・・・・うわぁ・・・・

グレートですよこいつぁ。
かなり酷評されている。

ジョジョの奇妙な冒険は何度かゲーム化されています。
一番オススメなのは第3部が舞台の格闘ゲーム。
「ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産」
PlayStation版も充分オススメできますが、
完成度で言えばDreamcast版の方がオススメと断言できる。
いわゆるストⅡタイプの2D格闘ゲームで、実体とスタンドを織り交ぜて戦うアクションゲームで、
3部に登場したキャラの殆どを全て網羅している。
コミックでは顔が登場しなかった「女帝」のミドラーや、
若かりし日のジョセフ・ジョースターがゲスト出演しているのも見所。
格闘ゲーム、それも2Dタイプの格闘ゲームが苦手でない限りは
もっともオススメできるジョジョゲームだ。

同じカプコンから発売されている
「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風」
第5部を舞台にしたアクションアドベンチャーで、
一部省かれているとはいえ、ほぼ全ての話を網羅しているアドベンチャーパート、
カプコンらしい完成度の高いアクションパートと、かなり良質のゲームに仕上がっている。
難点を言えばマニアックに仕上がりすぎていて、ジョジョファンではないと楽しめない点か。
まぁジョジョファンじゃないと買わないよねきっと。
個人的な難点を言えばリゾット・ネエロの話がばっさり省かれている点なのだが。

これらカプコン製の2タイトルはジョジョファンなら安心して楽しめる仕上がりになっているのだが、
どうも今回の最新作はネットではあまりウケがよくないらしい。
それでもあの伝説のスーパーファミコン版よりはよっぽど楽しめると思うのだが・・・
いつか購入してみたらレビューしてみますわ。

個人的には第4部をゲーム化して欲しい・・
一番好きなの、第4部なんだよね。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。