スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月11日

2006/11/11 (土)  カテゴリー/GAME ROOM

11月11日!今日がなんの日だか知ってますか皆さん!

そう、今日はポッキーの日!

でもあるのですが、今日はそう!PS3の発売日なのです。
元ゲーム屋の性か、ただのゲーム好きか、
今日は発売初日のゲーム売場を見にいってきました。
ターゲットは某ヤ○ダ電器と某ヨ○バシカ○ラ。

まずは近所の某ヤ○ダ電器の方へ。
開店10分ぐらいに行ったのですが、
出来てます出来てます行列出来てます!
見た感じ2列で各20名近く、系40名近くでしょうか。
ちょっと先頭の方まで見に行くと、なんだか貼り紙してあります。

「PS3 20GB、60GB各8台づつ入荷。各8名様までの販売となります」

と書かれたA4サイズの紙。
列を見ると明らかに人数オーバー。

後ろに並んでいる人って、この貼り紙読まずに並んでいるんじゃないの?
こういう時って、定期的に店員が見に行って
8人以降に対してはちゃんと口頭で説明すべきじゃないかなぁ。
少なくともDS Liteの発売の時、僕はそうしたよ!

案の定、整理券配り始める時の説明をしている時に
後ろで並んでいる人は「えええっ?」って顔をしていたけど・・・

そして開店、みんなレジは大混雑だった。
はじめて見るPS3の外箱、でけぇぇぇぇ。
初代X-BOX並だよこりゃ。
さすがに入れる袋はないらしく、箱に紙を貼ってるだけのようだ。
箱に取っ手もあるみたいだし。
けど、こんなもん買って、歩いて帰る日にゃ、絶対狩られるだろうね。
PS2の時でも結構ニュースになってたし。
今夜のニュースぐらいに「PS3狩り、現れる!」みたいなニュースあったりしてね。
しかし、今回は20GB、60GBの説明もしなきゃならなかったりで、
店員さんかなり大変そう・・・。
僕も前の職場辞めなかったらこの中にいたんだろうなぁって思うとしみじみ。
「まずは本体を購入されてから、別のカウンターでソフトをお買い求めください!」
と言ってましたわ。それだけ大変って事なんだろう。

お客さんが手に取っているのを見る限りでは
やっぱり「リッジ」と「ガンダム」が人気なのかな。
本体の説明や、ソフトについては下記記事を参考にしてくだされ。
プレイステーション3、買いますカ?
ただ見る限り、本体だけ買っていく人が多かったみたい。
ソフトは目当てのものが出るまで待って、
とりあえず本体だけ買っておこうか、というとこだろうか?
まぁ話題のブルーレイ・ディスクも見れるし、
PS2、PS1のソフトも遊べるしね、というとこかしらん?
ちなみにPS3ではPS2やPS1の周辺機器がまったく使えないので
PS2のメモリーカードを読み込むためには別売りの「メモリーカードアダプタ」
PS2のソフトなどで対戦する時には別売りのコントローラーが
必要になってくるのでお気をつけあそばせ。


某ヨ○バシカ○ラに到着した時には、当たり前だが既に完売。
PS3ソフトのコーナーもあったが、誰も手に取る人はいなかった。
ううーん、やっぱりこれだけ注目を浴びている機種なのに
少なすぎるなぁという実感は拭えない。
PS2の時も当初は品薄だったが、ここまで少なくはなかったと思う。
ソフトもはっきり言って出揃っているとは言えないし、
ちゃんとした数が用意できるまで延期してもよかったんじゃないだろうか?
アメリカでのX-Box360の売れ行きや、日本でのWiiの前人気の高さに
今回SONYの焦りが見えてるように思えてならない。
ブルーレイ普及の一端を担うというSONYグループ全体の思惑もあるんじゃないかな。

そして!PS、PS2、PSPと、もはや恒例になりつつある、
「プレイステーションの初期出荷分には初期不良が出て当たり前」のジンクス。
こっちも3日後のニュースぐらいから出てくるような気がする。
販売員さんもこれからが大変だと思うけど、
今回は店ではなくSCEが直接対応らしいので、
なにかあった人は購入したお店ではなくこちらまでどうぞ。

㈱ソニー・コンピュータ・エンタテイメント インフォメーションセンター
TEL:0570-000-929
(PHS、一部のIP電話からかける場合は03-3475-7444)
受け付け時間:10:00~18:00

実際買った人、どうなんでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : PS3 - ジャンル : ゲーム

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。