スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B'z LIVE-GYM2006 MONSTER'S GAREGE

2006/12/24 (日)  カテゴリー/音楽室

Bz.jpg


12月20日に発売されたばかりのB'zのLIVE DVD
「B'z LIVE-GYM 2006“MONSTER'S GARAGE”」
今年行われたB'zのLIVEツアー、
B'z LIVE-GYM2006“MONSTER'S GARAGE”の
ライブ映像を120分に凝縮した2枚組みのDISCに加え、
ツアーの舞台裏を45分にまとめたドキュメントDISCの
豪華3枚組。
まずはライブDISCの方から鑑賞。
今年発売のアルバム「MONSTAR」のオープニングナンバー
「ALL-OUT ATTACK」からスタート。
アルバムで聞いた時から思っていたのだけど
この曲はやっぱりLIVE向け。
ドームのような大会場がB'zらしいけど、
この曲はライブハウスで演じてもいいんじゃないかと思う。
しかし・・・稲葉さんも松本さんもホントカッコイイ。
確か40も半ばにさしかかっているはずだけど、
年齢を感じさせない、かっこよさ。
毎日毎日鍛えてあるんだろうなぁ。
アルバムからのナンバー「恋のサマーセッション」では
スクールメイツのようなバックダンサーが登場。
続くナンバー「MVP」では稲葉さんによる振り付けのレクチャーが行われていた。
この「MVP」は現時点での最新シングル「SPLASH!」のC/Wなのだが
90年代初期のディスコサウンドっぽい懐かしい感じのダンスナンバー。
初めて聞いた時も最新の曲のはずなのに懐かしい感じがしたもんだ。
B'zファンなら振りつきありの曲は「恋心(KOIGOKORO)」が定番なのだが
今後はこの「MVP」がそうなっていくのだろうか?
ライブごとに「恋心」と交互にチェンジしていってほしいものだけど。
しかしこの稲葉先生による振り付けの生レクチャーが行われたなんて・・・
今年ライブに行った人たちがとっても羨ましい。
続いて流れるビートは今度はホントに懐かしい「BadCommunication」
最新シングル曲に続いて、B'zをメジャーにのしあげた初期の代表曲、
バッコミを、それもアルバム「LOOSE」に収録された生音中心の000-18版ではなく
初期に発表されたデジタルサウンドで演奏されて大感動。
正直、僕はこのバッコミでB'zを好きになったようなものだから。
その後2000年以降のB'zナンバーでは代表曲とも言える「ultra soul」
B'zといえばこの曲と言っても過言でない「LOVE PHANTOM」
初期の代表ナンバー「BLOWIN'」
昨年の大ヒット曲「OCEAN」とヒットナンバーを次々と惜しみなく披露。
もちろん最新アルバム「MONSTER」からも
「ケムリの世界」「無言のPromis」を除いた全てのナンバーを網羅。
加えて個人的に大好きな曲、「Brotherhood」を演ってくれてるのもポイント高い。
あと、ステージ中央に集まって、「HappyBirthday」を
アコースティックセッションした演出がよかったなー。
前々からB'zの曲をアコースティックバージョンで
リテイクしてもいいんじゃないかと思っていたから
(平井堅のKen's Barみたく)
こういうのはどんどんやって欲しいなぁ。
ラストはやっぱりこれでしょう、な「RUN」を演ったあとで
「せ~~~のっ、おつかれ~~~」
ライブのラストナンバーとしてはやっぱり「RUN」か
「裸足の女神」だと思うのですよ。
ああ、生で見たかったなぁ。やっぱり。
来年のライブは狙ってみるかなぁ。
米粒ぐらいしか見えない席しかとれないかもしれないけど。
「MVP」の振り付けに参加してみたいから、このDVDで練習しとくかな。

DISC3は舞台裏のB'zの二人や、スタッフの生の顔が見れる
ドキュメントディスク「OFF LIMITS」
以前販売されたドキュメント作品
「The true meaning of “Brotherhood”?」
今ツアー版をそのまま同梱しているようなものだ。
正直かなりのお買い得で、かつ永久保存版である。
B'zファンなら持っててしかるべきマストアイテムだろう。





ついでに今まで発売された映像作品のオススメのものも。

「Typhoon No.15 B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME !!" in 渚園」
台風15号の真っ只中で行われた伝説の渚園野外ライブ。
正直台風さえも味方につけたかのような圧巻のステージ。
日本最強のライブだと断言できよう。



「once upon a time in 横浜 ~B’z LIVE-GYM’99 “Brotherhood”~」

こちらも豪雨の中行われた横浜でのライブ。
きっとB'zのどちらか、もしくは2人とも僕と同じく雨男に違いない。
同じ雨男でも雨で全てがダメダメになる僕との最大の違いは
やはりこのライブでも雨を味方につけたのかのような
迫力的かつ、ある意味官能的なステージ。
びしょ濡れになって歌う稲葉サマを見た日には
稲葉サマ命の女子たちもきっと濡れる事でしょう(なにが?
一方のTAK松本も雨にうたれながらギターを弾き続ける姿は
まさに神がかっていて、孤高のギタリストを感じさせてくれる。
個人的No1なアルバムで、B'z史上最強のロックアルバム「
Brotherhood」からの選曲が多いこともあり、
これまた個人的には前述の渚園ライブよりもオススメのDVDである。



「“BUZZ!!” THE MOVIE」
誤解を恐れず言うならB'z史上で一番の人気絶頂期に行われた
Presureツアーの映像化作品。
初期~中期にかけてのヒットナンバーばかりが収録されており、
今はあまり聴かなくなったけど、昔のB'zは好きだった!という人や
彼氏が(彼女が)聴いているので、B'zにちょっと興味があるの!
みたいな初心者さんの超オススメの入門編的なDVDである。
10年前の作品であり、目を疑うようなファッションセンスを
目の当たりにするような事もありますが、
「LOVE PHANTOM」の演出は鳥肌ものであり、
初めて生のライブで観た時は正直ビビリました。
稲葉さんがピアノを弾きながら「ALONE」を歌うのもよいです。



ちなみに、今回のDVDと同じ日に
宇多田ヒカルのライブDVDも発売されており、
これも欲しかったりする。買っちゃおうかな・・・
ヒッキーの映像作品はレベル高いしね!



スポンサーサイト

この記事へのコメント

わぁ、B'sだぁ☆☆
あんまりあたいは聞かないからよく分からないんですけど、
「今夜月の見える丘に(?)」が好きです(o☆Д☆)ノ゛
あたいをつれてって~♪♪
……一生行けません…(´ω`人)汗

ゆうたろう | URL | 2006/12/26 (火) 13:24

>ゆうたろうちゃん
一生行けないって、そんな事ないでしょう^^
きっと誰かが手をつないで連れていってくれるよきっと♪

take | URL | 2006/12/27 (水) 23:47 [編集]

たけしーさん→
わーい、誰か連れてってくれたらいいなぁ☆☆
ステキだぁ、ロマンチックだぁヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ
やっぱり満月がいいですぅ♪♪

ゆうたろう | URL | 2006/12/29 (金) 14:58

>ゆうたろうちゃん
満月!やっぱり綺麗な夜空に浮かぶ満月を見上げると
雰囲気もよく上がるよねぇ。
いつか誰かと見にいけたらいいね^^

take | URL | 2006/12/30 (土) 00:00 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。